カバンの収納アイディア。スッキリおしゃれに見えるカバン・バッグ収納術

カバンは小さいものから大きなものまでたくさんのサイズがあり、カラーやデザインも様々なので、収納に困ることも多いアイテムですね。またブランドバッグや大切にしたいカバンは、収納の仕方次第で型崩れも起こしてしまいますので、注意も必要です。そこで今回はカバンがスッキリと片付く置き方、見た目もおしゃれな収納方法など気になるポイントをご紹介いたします。

便利ツールをつかってカバンを収納する方法

ファイルボックスやブックエンドに立てる

小さめのカバン、折りたためるタイプのバッグの収納は、文具ツールを利用するのもおすすめです。書類やファイルを整理するためのファイルボックスを並べ、その中にカバンを並べて立てて収納します。ボックスのカラーやデザインを同じものにすれば見た目にもスッキリとしますし、カバンの型崩れも防げるというメリットもあります。

また文房具ツールの他、100均でも売っているブックエンドもカバン収納に活用できるアイテムです。シンプルな形で少し大きめのブックエンドをクローゼットや棚に並べ、間にカバンを収納します。稼働が自由なのでカバンの幅に合わせて調整がしやすいのが便利なポイントです。

突っ張り棒とS字フックで吊るす

クローゼットや押し入れ、玄関の壁面などにツッパリ棒を設置して、S字フックをかけカバンを吊るしておくのも便利な使い方です。手提げ部分をフックに通して並べておけば、どのカバンがどこにあるのかわかりやすいので、探す手間も省けますし型崩れも防げるので日常的に使う頻度が高いバッグには特におすすめです。トートバッグタイプ、ショルダータイプと長さの違うカバンをまとめてかけることで、見た目にもスッキリしたシルエットになります。

吊り下げタイプの収納ラックに収納する

クローゼットのパイプなどに取り付けて、吊り下げるタイプの収納ラックを活用すれば収納力も高く、ひとつひとつのカバンがきれいに収納できます。不織布やビニール製など素材も様々ですが、空間が仕切られているボックスタイプならホコリもつきにくく保管もしやすいのでブランドバッグやフォーマルなカバンにもおすすめできます。他にもバッグハンガーという名称で販売されている、扉にひっかけてジョイントをつなげ好きな個数のフックがつなげられるツール、数個のカバンを吊り下げておける収納もありますので、用途に合わせて選んでみましょう。

カバンもインテリアに!みせるカバンの収納方法

カバンを収納してしまおうとせず、逆に表に出しておいてみせてしまうという方法もあります。

みせる収納方法のコツとしては

棚に飾るように並べる

コート掛けにきれいにかけておく

という点を意識して行うようにします。ショップのように美しく飾ることができれば成功だと言えますが、注意する点もあります。

きれいに整頓して乱雑にならないこと

いくつも重ねて重たい感じにならないこと

ホコリがつかないよう気を付けること

このポイントに注意しながら、ショップのレイアウトのようなみせる収納を目指してみましょう。

バッグ別に置き方を変える。おすすめ収納方法

バッグの用途やタイプによって置き方にもポイントがあります。

おすすめの収納方法をみていきましょう。

ブランド物のバッグはディスプレイ感覚で魅せる。

ブランド物のバッグやお気に入りのカバンは、インテリアのようにディスプレイしてみるのもおすすめです。カラフルなカラーや個性的なデザインは、あなたの好みを表現でき部屋のポイントにもなるので部屋全体のイメージも変えることができます。ポイントは一度にたくさんのカバンを出さず、数を制限してあまり置きすぎないこと。スペースに余裕を持たせる個数を守るようにします。たくさん並べたいという場合は、ブランドやカラー、タイプなどに統一感を持たせてセレクトして並べてみます。季節や今の自分の好みなど、こだわって選び、とっておきのひとつをディスプレイのように飾ってみるのも楽しいですね。

クラッチバッグは立ててスッキリ収納

クラッチバッグや細身のポーチなど厚みの少ないカバンは、立てて収納するほうがスペースにも無駄がなく、収納力がアップします。その際に便利な収納アイテムはブックスタンドやポリプロピレン製などのしっかりしたファイルボックスです。収納する前にサイズや季節感、使用頻度に合わせてバッグを分類しておき分けて収納しておくと使い勝手もよくなります。

立てるのが難しいカバン、型崩れしやすいバックは吊るす収納

柔らかい素材のカバン、トートバッグやエコバッグなど自立が難しいタイプのカバンは、吊るしておくのが便利です。ワイヤーネットにS字フックをかけてまとめてかけておく、またよく使うバッグは玄関の靴箱にフックを直接取り付けてかけておけば、お出かけの時にサッと持ち出せ稼働力も上がります。他にも型崩れが気になるバッグは、置き収納よりも吊るす方が長持ちしキレイなまま保存できますので、吊るす収納を利用してみましょう。

邪魔にならないカバンの収納位置

どうしても数が増えてしまいがちなカバン、バッグですが、邪魔にならずに収納できる位置、最適な場所はどこなのか悩むところもありますよね。カバンの劣化を防ぎ使い勝手のよい場所を確保するおすすめの場所をみていきましょう。

クローゼットや押し入れの上段、天井近く

デリケートな素材でできているものも多いカバンは、湿気やカビの心配の少ない、部屋の上の方が置き場には適しています。クローゼットや押し入れなら上段の棚の上、部屋の一角なら天井近くの棚の上部などに収納できるのがベストです。部屋の上部に空いたスペースがない場合は、収納グッズやケースを利用して置き場所を作ることができないか検討してみましょう。ちょうどよいサイズの棚をDIYで作るという方法もあります。

つっぱり棒を利用して既存の収納場所のスペースを増やす

クローゼットや押し入れにカバンをしまっている場合は、パイプハンガーの奥や手前に余分な空間がないか確認してみましょう。例えば既存のパイプハンガーの前や後ろにつっぱり棒を渡し、パイプの数を酢屋して収納スペースを追加するといった方法もあります。さらにパイプに吊り下げ式の数段のラックを追加する、S字フックやバッグハンガーを利用するとたくさんのカバンが収納でき便利になります。

デッドスペースを活用してカバン置き場をつくる

収納スペースが少なくてカバンの置き場がない、そんな狭さにお悩みのお部屋にも意外にデッドスペースは隠れているものです。壁の一面にフックを取り付けてカバンを吊り下げる、また扉の裏に専用のフックをつけてもカバン置き場を確保することができます。壁やドアを傷つけなくても取り付けられるフックやグッズもたくさん販売されているのでお部屋のスキマを見つけたら収納スペースを作りだせないか工夫してみましょう。

カバンの収納方法まとめ

サイズもカラーも様々なカバンやバッグ、流行や自分の好みも変化しやすい物なので、どうしても数が増えてしまう傾向があるものです。数が増えるとゴチャゴチャ感も増して収納に悩みがちなアイテムでもありますが、そんなカバンをスッキリ片づける方法をご紹介してきました。自分の部屋を再確認して大切なバッグ、カバンに快適な定位置を作ってあげてくださいね。