システムキッチンの収納術。引き出しをスッキリさせる便利アイテム活用法

機能的で使い勝手が計算された理想の収納。そんなイメージもあるシステムキッチンですが、いざ使ってみると、ここには何を入れるべき?ゴチャゴチャしてしまうのはなぜ?・・・そんな方も多いのではないでしょうか。特に作りつけの引き出しは、うまく使いこなせてないと感じる方が多いようです。せっかくの素敵なシステムキッチン、もっと快適に使いこなせると家事ももっと楽しくなるはず。今日から使える収納のアイディアとコツをご紹介いたします。

広くて浅い引き出し収納方法

カトラリーとキッチンツールがおすすめ

幅90cmくらいある広くて大きめの幅で浅い引き出しの場合は、主に収納するのは箸、スプーン、フォーク、ナイフなどのカトラリーやターナーやレードル、泡だて器などのキッチンツールを収納するのに適しています。

数段の引き出しがある場合は、浅い方にはカトラリー、多少深みがある方にキッチンツールを入れるようにすると収まりがよくなります。

カトラリーケースを利用する

システムキッチンのランクや種類によっては、最初から仕切りがついているものもありますが、ついていない場合は自分で市販のカトラリーケースを入れるか、自作で仕切りを作って使うと整理整頓がしやすく使い勝手もよくなります。

ホームセンターなどでもカトラリー用の仕分けケースも販売されていますが、引き出しのサイズに合わせて、ポリプロピレンなどのサイズ違いの整理トレーを組み合わせて使うのもおすすめです。ポイントはひとつの仕切りにできるだけ1種類、かさばらないくらいの品数にしておくこと。そうすることで見た目にもスッキリしますし、引き出しを開ければすぐに探し物が見つかるので時短にもなりますね。

シンク下の引き出し収納方法

ボウルやザルなど水回りツールがおすすめ

シンク下のスペースには水回りのアイテムをまとめておくと使い勝手がよくなります。観音開きの扉では排水溝からのパイプやホースが通っている場合もありますが、棚板からシンクまでの高さがある空間なので、背の高いもの、重さのあるものを収納するにも適しています。ボウルやザルなどの調理ツールを重ねて収納する、また高さと奥行きがある引き出しになっている場合は、そのスペースを活かして、まな板や包丁も立てて収納するのもよいと思います。

ボックスやファイルケースを利用する

引き出しの幅も広い場所なので、そのまま引き出しに適当に詰め込んでしまうと、取り出すときにもゴチャゴチャし、倒れたりしてしまいがちですので、奥行きのサイズを合わせてボックスを入れ、小さめの食器やまな板などはそれぞれ分類して収納しましょう。ある程度高さのあるボックスも入れておけば、ツールや食器も重ねて置けるので収納量も増えます。プラスティックやポリプロピレン樹脂などの素材のボックス、ファイルケースを使っておけば多少濡れても安心ですし、汚れたら丸ごと洗えるので清潔も保てますね。

他には台所用洗剤やスプレー洗剤、スポンジのストック、ゴミの袋などもひとまとめにして、ボックス収納しておくと取り出しやすく便利です。

コンロ下の引き出し収納方法

鍋やフライパンなど火の元で使うツールがおすすめ

コンロ下の引き出しは、やはり調理の火を使う時に取り出しやすい鍋やフライパンの収納がよいでしょう。広さのある引き出しの場合はこちらも仕切りを活用して整理すると鍋の転倒を防ぎ、取り出しにも苦労せず使い勝手がよくなります。レールつきの滑りのよい引き出しの場合は、深みのある鍋やホーロー鍋、圧力鍋などある程度重いツールを入れても大丈夫ですが、レールのない場合は重量にも注意してあまり詰め込み過ぎないよう気を付けましょう。

仕切りやファイルボックスを利用する

奥と手前を仕切りで2つに分け、手前に鍋やフライパン、仕切りの向こうにフタを立ててまとめておくと料理をしながらでもサッとフタが取り出せ、使い勝手がよくなります。

作りつけの仕切りがないときは、ファイルボックスを並べて、フライパンを立てて入れる、鍋のフタを収納する、という整理の方法を使うと見た目にもスッキリします。

ファイルボックスは100円ショップや文具、ホームセンターなどで手軽に手に入り、幅や高さ、素材にもたくさんの種類がありますので、ぜひ引き出しにフィットするものを探してみてください。ファイルボックスの1面に切れ込みがあるものなら、フライパンの柄を切れ込み部分に向けるようにすると収まり具合がよくなります。この切れ込みがあるものとないもので、用途の向き不向きが変わるので、微妙な仕様までチェックしてちょっとこだわってファイルボックスをセレクトしてみるのも楽しいですよ。

鍋の他にも、食用オイルなどコンロで使うものをファイルボックスに入れて立てておくのも便利です。汚れやすい場所でもあるので、この場所もポリプロピレン樹脂など油汚れが気にならない素材の収納グッズを選ぶのがよいでしょう。

調味料入れの引き出し収納方法

調味料、スパイス収納におすすめ

システムキッチンには調味料をいれるスパイスラック仕様の引き出しがついているものが多くあります。小さめの引き出しもありますが、コンロで料理をしながら、引き出しをスッと引くと塩コショウ、スパイスがすぐ手に取れるととても便利な収納ですよね。

ボトルを統一、ラベルを利用する

おしゃれなデザインや海外仕様のボトルや箱なども店頭に並ぶようになったスパイス、料理好きの方ならこだわっている方もいらっしゃるかと思います。ただ収納の面から言えば、スパイスはメーカーによってもボトルや袋のデザインが違うので、たくさん並べると色彩的にもゴチャゴチャしたイメージになりやすいものです。見た目のスッキリ感とデッドスペースをなくすためには、同じボトルに入れ替えて並べるのもよい方法でしょう。ボトルデザインが揃っているとその効果でもセンス良く見えますし、すき間ができにくい形状なら種類も多く並べることができます。袋で購入したスパイスもボトルに移し替えておくと使いやすく残量もわかりやすいのでその点でもメリットがあります。

さらに使い勝手にこだわるなら、ラベリングもおすすめです。引き出しを引いたときに上からパッと見て何のスパイスかがわかるようにスパイスの名前をラベルに書き、フタに貼っておくと迷わず使えます。小さなことですが、他の家族が料理するときにもわかりやすいので、台所共用のストレス解消にもひと役買う方法ですよ。

また、小さな個包装のコンソメやだしなどは、箱から出してペン立てのような形状のボックスに立てる収納もおすすめです。使いかけのものは手前の一か所にまとめておけば、忘れずに使い切ることもできますね。

システムキッチンの引き出しの収納方法まとめ

システムキッチンは収納力も高く、機能的なものですが、使いこなせるかどうかは工夫とアイディア次第の場所ともいえます。今回は特にシステムキッチンの引き出しの使い方についてご紹介してきました。大きなポイントは引き出し内の仕切りや分類、小物を整理する収納グッズを上手に使って、無駄なく時短できる収納を実現すること。毎日使うキッチンですから、快適に気持ちよく料理ができ、家族が笑顔になれる空間をめざしたいですね。