冷蔵庫をスッキリ!毎日の食材が探しやすくなる収納アイディア

毎日使うからこそキレイに整理整頓したい場所、冷蔵庫。使い勝手もよく衛生的に収納ができると料理の時の食材の出し入れにもイライラせず、わかりやすく整理できれば家族みんなもスムーズに使うことができます。今回は基本的な冷蔵庫収納のルール、気軽にできる収納グッズの使い方、冷蔵室、冷凍室、野菜室の食材が探しやすくなる収納アイディアをご紹介いたします。

冷蔵庫収納の基本ルール

最近の冷蔵庫では「冷蔵室」「冷凍室」「野菜室」という作りになったものが一般的になりました。そこには色々な食材や調味料、お菓子や薬、冷凍食品やアイスクリーム…様々物が詰め込まれていると思います。ついつい適当に詰め込み過ぎて、欲しい食材が見つからない!そんな雑多なスペースになりがちな冷蔵庫、では基本的なルールからみていきましょう。

まとめてセットをつくり収納する

「食材をまとめて整理する」というルールを基本に考えていきましょう。

食材をそのまま詰め込むのではなく、目的や賞味期限、種類などを分類しまとめるようにして、浅型トレーやボックスにセットして入れることを基本にします。使う時にはトレーやボックスごと取り出せば、入っているものも見やすいので、探す手間も減り、食材を使い損ねることも少なくなります。

誰が見てもわかるように収納する

100円ショップやホームセンターで購入できるカゴやトレーに分けた食材は、扉を開いたらすぐにわかるようラベリングしておきましょう。手前にシールをはる、附箋に名前を書いて貼っておくのも手軽です。家族の誰が見てもわかるようにシンプルな名前を書く、ひらがなで書くなど配慮もしておきます。収納につかうケースは中身の見える半透明なものや目の大きなプラカゴもおすすめですが、あえて見た目にもこだわりたい方はホーローやステンレスなどの素材の収納容器に統一するのも素敵です。中身が見えないものは必ずラベルをはるように徹底しておきましょう。

ビニール袋のまま入れない

スーパーで購入したままのビニール袋に入ったままの状態で冷蔵庫に入れるのは避けましょう。見た目にも中身がわかりにくくなり、そのままでは保冷効果も下がりますので、必ず袋から出して用途別のトレーに分類して入れるようにします。

メインのスペース、冷蔵室の収納術

一番大きなスペースである「冷蔵室」は、広さがあるだけについ詰め込みがちになりやすい場所ですが、統一感ある整理ができると冷蔵庫全体の収納がスッキリとします。では冷蔵室収納のポイントをみていきましょう。

分類した食材はトレーやボックスに整理して配置する

賞味期限や目的、用途などで分類した後は、できればトレーやボックスはカラーを統一してサイズも揃ったものにすると整理しやすく使いやすい収納をつくることができます。食品は色彩が多くそのままでは視覚的にもゴチャゴチャしがちなので、収納容器で色彩を統一し、色も白や黒の収納に統一するなど、デザインやカラーにこだわって揃えておくと扉をあけたときの印象がスッキリとします。取手や持ち手のあるプラケースは見た目もよく高い棚のものでも取り出しやすいので便利ですし、チュラル系が好みの方は籐や自然素材系のバスケットを使う、また中身がわかる方が使いやすいという方はスキマの広いワイヤーバスケットを使えば生活感も感じさせずおしゃれな雰囲気も演出できますね。

収納カゴやケースは100円ショップなどでもシリーズで揃うものがありますので、好みのものを探してみるのも楽しいですよ。

冷蔵庫内収納の定位置を決めておく

各棚の位置には見やすい場所、見落としがちな場所がありますので、用途に合わせた収納ケースの定位置を決めておくと使いやすくなります。また家族みんなも使うスペースなので基本の場所を決め、使った後は元の場所に戻すことを徹底してもらうようにしましょう。

定位置を決めるポイントはこちらです。

・賞味期限の早いものは目線の位置に

・賞味期限の長いものは1番上の棚に

・調味料などはまとめてドアポケットに

・用途別(朝食用・長男用・パン食用など)にまとめた容器は定位置を決めて

・真ん中のスペースは開け鍋などを置けるスペースを確保する

野菜室の収納術

野菜の収納も広いスペースですが、浅い引き出しと深さのある引き出しが設置されている機種も多いようです。それぞれの引き出しには仕切りを利用し整理しておくのが上手な活用のポイントになります。

細かく仕切りをつくりひとつひとつの野菜が見えるよう整理する

既存の仕分け板だけでもよいですが、もっと細かくカゴやプラケース、紙袋やビニール袋でエリア分けするのがおすすめです。野菜は重なったりぶつかったりすると早く傷みやすいのでなるべく個別に収納する方がもちもよく、使いかけなどを見落とすことも少なくなります。薄い引き出しがついているものは小さめの浅めのトレーやカゴを組み合わせて使い、使いかけの野菜や早めにつかいたいものを入れておきましょう。深めの引き出しには100円ショップなどにある厚みのあるクラフトペーパーを縦入れして立てて野菜を収納しておけば、根菜などの泥汚れがついたときにもサッと交換するだけでよいので衛生的です。

中身が見えるように保存する

乾燥を防ぐ為ビニールやジップロックなどの野菜保存袋に入れて収納したい野菜もあると思いますが、袋にいれる場合は透明なものにしておき、外から何の野菜かわかるようにしておきましょう。特に使いかけの根菜などは、ラップでくるむか透明ビニールに入れるようにすると忘れにくく無駄なく使いこなすことができます。

冷凍庫の収納術

冷凍庫は長期間の保する食材も多く、ストックしたのに迷子になってしまった…ということも多いスペース。必要なときにすぐ取り出せる工夫を意識しておきましょう。

食材のジャンルごとに仕切って保存する

仕切りがないと使うたびに食材が倒れてグチャグチャになってしまう、そんな悩みも冷凍室のイライラの元ですね。既存の仕切りの他にも市販の長さの変えられる仕切りや、カゴ、ボックスを上手に使ってエリア分けをしてみましょう。市販の冷凍食品、アイスクリーム、料理のストックを入れた保存バッグなどジャンルごとに置きエリアを分けるように整理していきます。

同じサイズの保存容器をつかう

作り置きの料理を冷凍しておく場合、バラバラのサイズの容器だと収納もしにくく、小さなものはどこに入れたかわかりにくくなってしまうなど迷子になりがちです。同じ大きさの保存容器やジップロックに統一してストックするようにしましょう。大きさが同じだとデッドスペースができにくいので立てた収納にも無駄ができず、省スペースの保存にも向いています。

ラベルを貼ってわかりやすく収納

冷蔵庫とも同じですが、ひと目で何があるのかわかることは大切なポイントです。冷凍庫を引きだしたときにすぐにわかるようにラベルをつけておく、また料理のストックを入れた保存容器やストックバッグなどには必ず名前と日付も書いておくと使い忘れをしにくくなります。ストックバッグなど立てて収納するのがベターなものは、一度平らに冷凍した後、袋の上部にテープやシールを貼ったダブルクリップを付け、食材名を書いておくのもよいアイディア。引き出しをあけたときに上からみてわかりやすく、1度定番の名前シールを作っておけばクリップを使いまわせばよいので便利に使えますよ。

冷蔵庫の収納術まとめ

食材をたくさんストックしておける便利な収納「冷蔵庫」。その収納の基本とアイディアを紹介していきました。基本的なルールは詰め込み過ぎず、用途や種類によって分類をきちんとしておくこと。ラベリングや書き込みをするひと手間で使い忘れも減り、もったいない!と嘆く回数も減らせます。冷蔵庫の収納を効率用活用して毎日の生活を快適に、見せたくなる冷蔵庫を目指しましょう。