子どもが自分で片づけたくなる!子ども部屋収納のポイントとコツ

おもちゃや本、学校の道具まで子どもの部屋は色々なものが溢れていて、いつも散らかりっぱなし・・・。そんな悩みのある方も多いと思いますが、スッキリと整理して、子どもが自分で片づけられるようになるために、まず収納を工夫してみましょう。ちょっとしたアイディアで簡単にできる収納術は親子のイライラも吹き飛ばし、スッキリ生活をスタートさせてくれます。では子ども部屋収納のポイントとコツをご紹介いたします。

子供部屋収納の基本的なポイント

おもちゃ箱や収納は子どもの目線の高さに

おもちゃを入れる箱、棚などの収納は、子どもの目線より低い位置に置くようにします。取り出すときも片づけるときも、子どもが自分でスムーズに出し入れができる位置に置くことで、自分で片づける環境が整います。片づけ習慣は自主性が育つきっかけにもなるので教育的な面からも大切だと考えられています。大人も同じですが高い位置や奥まった場所に収納スペースを作ってしまうと、それだけで片付けも面倒に感じてしまいますので、子どもの場合は、床置きのボックスやカゴ、低い位置の棚に収納スペースを確保するようにしてみましょう。絵本なども床に近い棚に並べて自分で選べるようにしておきます。

簡単に出し入れできる入れ物を使用する

収納の位置や高さを確認したら、そこに置くボックスにも工夫をしてみましょう。基本的な形として「簡単に出し入れができる」構造をポイントに収納グッズを選びます。入口がオープンになっているボックスやカゴなら簡単に出し入れができますし、引き出しでも幅が広くある程度の深さがあるもので、軽い力でもスムーズに引き出せるものが理想です。ホコリやゴミの心配があるようなら、フタつきのボックスを利用するのも衛生的ではありますが、普段はオープンにしておき使わないときだけフタをするようにしておけば、面倒にならずにすむでしょう。

片付けが楽しくなるような工夫とアイディアを

片づけは面倒、という意識をなくすためにも収納に「楽しさ」を演出してみます。例えば、遊ぶエリアと片づける収納エリアを敢えて一緒にしてしまい、遊びながら片づけもできるという方法もそのひとつです。部屋の一角を子どもの遊び場に改造して小さな机やイス、子ども用のテントや基地のような屋根付きのおうちを設置してあげるなど、子ども専用エリアにしてしまいます。遊んだあとはそのままそのエリアに収納できるようにしておけば「遊びながら片づける」という感覚で過ごすことができます。またそのエリア以外は散らかさないよう決めておくことで、部屋全体が散らかることも防げます。

子供が片付けやすくなる収納アイディア

ぬいぐるみやフィギュアは定位置を作って並べる

あちこちに散らかりやすいぬいぐるみやフィギュアですが、子どもにとってはひとつひとつが友達のように大切な相棒。自分が暮らすようにぬいぐるみ達にも生活エリア、定位置を決めてあげましょう。ひとつの棚をぬいぐるみ専用のスペースにする、おうち型のボックスに収納するなど「人形のおうちはここだから夜はここに戻る」と一緒に決めておくのもよいでしょう。また小さなフィギュアなどは、取手付きの専用ボックスを収納にしておけば、そのまま持ち出せ、片付けにも便利です。

スペースを区切る、種類で分けておく

おもちゃ棚や大きなボックスにひとまとめ、という方法は片づけるときは楽ですが、次に取り出すことを考えるとどこに何があるかわからず、探しているうちに結局散らかってしまうということもよくあります。オープンラックの場合は、棚に入る適当な大きさのボックスを2.3個設置してスペースを区切り、中に入れるものを種類で分けておくとよいでしょう。

ひとつの仕切りには詰め込み過ぎや重ねていれないようにしておき、余裕を残しておくようにすると見た目にもスッキリとします。

収納ボックスにはラベル、数字や色などの目印をつける

ある程度の仕分けは必要ですが、あまり細かく分類すると片づけるのも面倒になるので、ぬいぐるみ、積み木、ままごと道具、など子どもが判別できる程度の仕分けをし、ボックスにラベルで品名を書いておきましょう。文字が読めない年齢のときには、デザインシールや色のシールをはる、また、おもちゃの写真を撮ってラベル代わりに張り付けておくのもよいと思います。ブロックなど細々したおもちゃは、フタつきのバケツなどに入れ置き場を決めておくとよいでしょう。取手つきの入れ物なら遊ぶ時にも出し入れしやすくて便利です。

子供部屋におすすめの収納グッズ

フタのないオープンなカラーボックス

子どもの年齢によって、おもちゃの種類や勉強道具も変化していきますので、できるだけフレキシブルに対応できるオープンな棚収納が便利です。オープン棚にそのまま置く、バスケットやボックスを入れて使う、ファイルスタンドを活用して立てて並べるなど状況に合わせて仕切り方も変えていくことができます。シンプルなカラーボックスをチョイスしておけば将来的におもちゃ棚以外にも転用ができますし、子どもが大きくなったら数段重ねて背の高い収納を作ることもできます。

またカラーボックスは比較的リーズナブルなので、シートを貼ったり、ペイントしたりとリメイクをするにも気軽に使うことができます。部屋のイメージに合わせてナチュラルカラーにしたり子どもの好きな色に統一したりするのも楽しいですね。

ハンモックや布ポケットでおしゃれなイメージに

収納グッズとしてハンモックを使うのも楽しいアイディアです。子ども用のかわいいハンモックを部屋のすみに吊るして、その中にはお気に入りの人形を寝かせておく、ぬいぐるみのベッドとして楽しい収納スペースにしてはいかがでしょう。小さいお子さんなら一緒にお昼寝もでき遊びのスペースにもなりますよ。

他にも吊るす収納ということで、大きめの布ポケットがついたホルダーを壁に設置しておくのもよいと思います。白やナチュラルな色彩の布製なら見た目にも圧迫感もありませんし、ポケットに数字やキャラクターのシールをはって、ゲーム感覚で収納するのもおすすめです。

仮置きのボックス、バスケットを用意する

整頓された部屋は理想ですが、全てのおもちゃや道具をきっちりしまおうと完璧を求めてしまうと、どこかに無理がでてきてしまいます。年齢や性格によっても片づけ意欲には波があるものなので、あまり窮屈に考えすぎず、何度かやってみて難しいようなら、一時的に片づける「仮置きの収納」を作ってみましょう。

大きめのボックスやバスケットなどを用意して、種類にこだわらず何でも入れてOKという風にし、いっぱいになったら本来の置き場に戻す、というゆるいルールで片づけをしてみましょう。

急な来客のときにも、バスケットごと片づけることができるので子ども部屋だけでなく、大人の片づけグッズとしても便利ですよ。

洋服やバッグを収納するには背の低いハンガーラックを

幼稚園や小学校に通う年齢になると、持ち物も増えてきます。自分の洋服や帽子、自分のカバンといった毎日身に着けるものも自分で管理できるように子どもの手の届く高さのハンガーラックなどを用意し、制服やスクールバッグをかけるようにしておきます。物や服の定位置を決めることでソファや床に散らかすことも防げますし、ハンガーラックと一緒にカラーボックスを設置しておけば、ランドセルやお稽古事のバッグなどまとめておいておけるので、スムーズな準備にも役立ちます。

子供部屋の収納アイディアまとめ

子どものおもちゃや道具は種類も多く、入れ替わりも激しいのでどうしても散らかることが多くなります。そんな子ども部屋の収納についてアイディアとコツをご紹介してきました。目標は「子どもが自分で片づけることができる」収納にすること。小さいころからの片づけ習慣は、子どもの成長にもつながり親のイライラも軽減してくれます。親子で一緒に部屋づくりを楽しんでみてくださいね。