憧れはインテリアにもなるおしゃれな収納。真似したくなるアイディアとコツ

整理整頓されたシンプルなお部屋、季節感のある洗練されたレイアウト、憧れは「素敵な暮らしを感じられる空間」。でも雑誌で見るようなインテリアや部屋作りは実際には難しいこともありますよね。中でも収納が苦手でスッキリと片付かないのが悩み・・・そんな方も多いのではないでしょうか。そこで今回はそんなお悩みの参考にもなる、インテリアにもなるおしゃれな収納術をご紹介いたします。

インテリアにもなる収納ってどんなもの?

コレクション風収納にする

ものを収集するのが趣味、好きなものをたくさん集めてしまう、という方にもぴったりなのがコレクション風収納です。棚にズラリと小物を並べるのも楽しくてよいのですが、おしゃれに見えるポイントは部屋の雰囲気とマッチングさせること。お部屋の雰囲気がナチュラル調なら統一感のあるナチュラルアイテムを計算して並べてみます。またどうしてもゴチャゴチャしてしまうようならカゴやシンプルなプラケースなどを使ってその中に小物を整理し、表に出すもの、隠すものをキッチリと選別してみましょう。

食器やグラスなどもみせたいものを表に置くようにし、色や形がバラバラなものは不透明なボックスに収納するか、扉で隠れる棚に収納するようにするとコレクション感はありながら統一感もできスッキリとした収納になります。

ウォールシェルフで壁に飾る

壁の一面を利用して、新たに飾るスペースをつくる方法もあります。ウォールシェルフを設置して、並べたいもの、みせたいものを飾るように配置していきます。このときにも部屋とシェルフ、並べるものに統一感を意識するとセンスのよい収納ができます。ナチュラルな空間を目指すなら、シェルフや棚の素材も木材や木目調など違和感のないもので統一すること、また置くものも木製品や金属など自然素材を基調にしたものを選ぶと、全体に統一感がでてきます。特にシェルフの背板は面積も広く、見た目を左右するので、背板のない素通しのシェルフを選択することでスッキリと収まり、壁のラインとしても引き締め効果が演出できるでしょう。

インテリアにもなる収納。おすすめグッズと選び方

サイズ感、スペースを計算して選ぶ

シェルフや棚自体はおしゃれなつくりだとしても、部屋のスペースに合わなければ、収納としてはNGです。物を収めるという用途を基準に、まずは部屋のサイズにあうスペースを計測して置いたときのイメージをつかんでから収納グッズを決定しましょう。

またシェルフに置くものによっても奥行きの必要サイズは異なりますので、奥行、幅が十分かどうか、耐荷重量なども細かくチェックしておきましょう。

置く場所の家具と統一感をもたせる

壁や床などの大きな面積とともに、部屋のイメージを左右する家具の存在も意識をします。キッチンやダイニングにはテーブルや電化製品も置かれているはずなので、それぞれのカラーや素材感とも相性のよい収納グッズを選んでいきましょう。生成りや木目調などナチュラルカラーの家具が多い、ブラックやビビットな色の電化製品や家具が好み、それぞれの家具や製品とケンカしない収納ツールを選んでおくと全体の雰囲気にも統一感がでてきます。

また、家族の好みが分かれている場合は、部屋ごとに収納ボックスや棚の素材を変えて、個性を演出してみるのも楽しいと思いますよ。

色味や雰囲気の合うものを根気よく探す

インテリアにもなる収納を目指すためには、収納グッズを安易に購入するのではなく、置きたいスペースにマッチする収納グッズを根気よく探す気持ちが必要です。

家の中に収納を置きたいと思う場所があれば、高さ、幅、奥行きをきちんと測りメモしておきます。さらにスマホでそのメモとスペースを撮影しておけば、ホームセンターや家具売り場で好みの収納に出会ったときにいつでも情報を確認できます。

同じ木目でもライトブラウンとダークブラウンなどメーカーによっても微妙に色味が異なるので、画像をみて色味と雰囲気は必ず確認してから購入するとよいでしょう。

気軽にDIY!簡単にできる収納グッズのリメイク

そうはいってもなかなか部屋にマッチする収納グッズが見つからない…そんなときは、思いきって手作りしてみましょう。シェルフやラックをイチから作るのは技術も必要ですし大仕事になりますが、今あるものを活用して簡単に「手作り風」にチェンジするリメイクという方法を使うことで気軽に楽しむことができます。

無地の収納グッズにラベルシールでリメイク

全ての収納グッズを揃え直すとなると、手間もお金もかかりますが、今あるものやリーズナブルなグッズに少しに手を加えるだけでも印象を変えることができます。例えば無地の収納グッズ、引き出しやファイルボックスなどには同じラベルシールを貼るだけで、おしゃれな収納グッズになりオリジナリティのある統一感を演出することもできます。

ウォールステッカーやシートを貼る、ペイントする

収納ボックスやラックの色や雰囲気がバラバラなら、ウォールステッカーやシート、またはカッティングシートなどを利用するのもおすすめです。好きなサイズにハサミでカットでき貼るだけのお手軽リメイクなので、初心者にも手軽にでき、コストもお手頃です。またもう少し工夫してみたい方は、思いきってラックやボックスを好みのカラーで統一してペイントしてみるのもよいと思います。100円ショップでもシートやペンキが手に入るので、気軽にチャレンジしてみましょう。

おしゃれなインテリア収納で失敗しないコツ

憧れのインテリア収納に近づくために、基本的なルールと失敗しないコツを頭に入れておきましょう。収納グッズを買う前に、ぜひやっておきたいこと、意識しておきたいことがこちらです。

不要な物を選別して処分しておく

おしゃれに収納したい!と思っても、溢れんばかりの物が部屋を占領していたらどうしようもありません。最初は収納術の基本ともいえる「不用品の処分」を実行することからスタートです。壊れたまま放っておいたもの、ずっととっておいたけど使わなかったもの、そんな不用品は思い切って処分します。自治体のルールに従って分別廃棄する、リサイクルショップに持っていく、人に譲る、など方法は色々とありますが、思い立ったときに一気に処分するのが片づけのテクニック。不要なものとはキッパリとお別れして新鮮な気持ちで新しいお部屋作りをスタートさせましょう。

生活感があるものは隠して収納

素敵なお部屋のイメージはゴチャゴチャしていない、すっきりとした空間。そして生活感が漂っていない雰囲気ではないでしょうか。おしゃれな家具や雑貨を見えるところに配置するのは素敵ですが、日常使っている生活感のあるものを上手に隠しながら収納することも重要なテクニックです。色や雰囲気が異なり表には出したくない小物類はカゴや中の見えないケースに入れて収納する。カゴにはかわいい布をかけて上からの視線も遮っておくとなお安心です。オープン棚の場合は、ツッパリ棒などを利用してカーテンをつけ目隠しする、大きめのブリキ缶や色の揃った蓋つきボックスを並べておいてもスッキリと見えます。

部屋全体のカラーも制限。3色~5色以内で構成する

ゴチャゴチャ見える原因のひとつはものの色数の多さにもあります。部屋の壁、床、そして大きめの家具のカラーをベースの色と決めて、できれば全体のカラー数を3~5色以内に抑えておきましょう。カラフルな雑貨や食器は見た目にも楽しく、心惹かれるものもありますが、あまり色彩を増やしてしまうと全体の統一感がなくなり、散らかった印象になりがちです。また色と同時に質感も重要になるので、同じ色味でも同一の印象が得られるかよく考えてから選んでみましょう。

インテリアにもなる収納アイディアまとめ

雑誌に出てくるようなおしゃれな空間、インテリアにもなる収納術に憧れる方は多いと思いますが、実際にはお金も時間もかかりそうでハードルが高いもの。そこで今回は基本的な片づけルールや手軽にできるアイディアをご紹介してきました。キーワードは「統一感」。色や素材感、家具や部屋全体と収納のバランスも考えながら、インテリアにもなる収納に楽しくチャレンジしてみてくださいね。