玄関をスッキリ!簡単にできる靴箱収納アイディアとポイント

玄関がゴチャゴチャしていると、家全体の印象が台無し。靴が多くていつも散らかってしまう、家族の靴がうまく収納できないなど特に靴箱の使い方に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。ポイントをおさえた簡単なアイディアで、お迎えするお客様の第一印象をよくし、毎日の出入りが気持ちよくなるスッキリ玄関の収納方法をご紹介いたします。

基本的な靴の整理整頓ポイント

履いてない靴、履けない靴はない?靴の数を整理する。

玄関は家族みんなの共有スペースです。そこにある靴箱も共同で使う収納。各自が勝手気ままに靴を増やしどこへでも締まっていると、当然収納は足りなくなり見た目にもどこに何があるのかゴチャゴチャになってしまいます。

まずは全員の靴を点検し、いらない靴を処分することからはじめましょう。子どもの成長でサイズが小さくなった履けない靴、破れたり壊れたりとそのままでは履けない靴、また履き心地が悪く結局履かなくなった靴や今のスタイルに合わなくなって長い間眠ったままの靴もあるかもしれません。

・履けない靴は迷わず処分

・修理する靴は袋にひとまとめにして準備する

・履かなくなった靴も分別してリサイクルや人に譲る、もしくは処分

今の靴箱の見直しを。靴の高さに合わせて棚の高さを調節する。

今使っている靴箱を点検してみましょう。靴のサイズや高さは様々ですので、適当に詰め込んでいると無駄なスペースができていることがあります。稼働できる棚板ならば、はめ位置を変えてみて調整しましょう。段数が足りなければホームセンターなどで同じサイズにカットしてもらい板を購入して追加することもできますが、つっぱり棒を2本へ移行に渡してその上に靴を乗せるという手軽な方法でスペースをつくることも可能です。また靴の専用ホルダーも色々なタイプのものが売られているので、手持ちの靴箱にあうものを探してみるのもおすすめです。

・靴箱の棚板のはめ位置を変えてみる

・棚板を追加する。つっぱり棒を利用する。

・靴専用グッズを活用してみる

靴を詰め込まない。ギュウギュウ詰めを解消する。

靴を片づけるのが面倒で、ついつい重ねて詰め込む、隙間なく押し込んでしまうといったこともありがちですが、靴と靴の間に適当なスペースがないとムレや湿気が残り、カビや劣化の元にもなってしまいます。お気に入りの靴を長く美しく保つためには、ひとつひとつの靴の置き方にもこだわりましょう。

まず靴箱にギュウギュウに詰め込まず隣の靴との間を少しあけ並べられるのがベストですが、靴箱に余裕がなければ、玄関の靴箱の他にも靴を収納するスペースを確保する。ということも考えてみましょう。クローゼットや寝室、また玄関にデッドスペースがあれば、靴の収納ができないか検討してみましょう。また靴ホルダー、シューラック、などという名称で販売されている収納グッズを使用すると、一足を上下にコンパクトに収納できるので靴箱のスペースを有意義に使うことができます。他にもハンガーやフックで吊るすというタイプの収納もありますので、通気性の確保ができる方法を探してみましょう。

・靴を劣化させない方法で保存する

・玄関以外の収納も探してみる

・靴箱の中も収納グッズを使って快適スペースに改善

手軽にできる!収納力をアップさせるアイディア

つっぱり棒を使って収納力をアップ

ツッパリ棒はサイズや色、太さにもバリエーションが豊富で色々な使い方ができます。

ヒールのある靴を掛ける

つっぱり棒を両側の壁に渡してヒールを引っ掛けるようにして、パンプスなどを並べて収納します。高いヒールの靴は靴箱では収納もしにくいことも多いので、掛けて置けば倒れたりせず傷もつきにくく、取り出しもスムーズです。デザインのあるハイヒールなどもあえてこの方法で魅せる収納を実践するのもおすすめです。

フックをつけて吊るして収納

靴箱内につっぱり棒を渡し、S字フックやシューズハンガーなどをたくさん掛け、パンプスやスリッパ、スニーカーなど高さのない靴をぶら下げるように収納します。棚の上部につっぱり棒を設置することで上部にデッドスペースを作らずたくさんの靴が収納できるようになります。ある程度の重量に対応できる太めのつっぱり棒を利用すると落下することもなく安心です。

靴箱内につっぱり棚として利用する

靴箱は棚の上部にデッドスペースができがちなので、靴箱の真ん中から上部にかけての位置に2本のつっぱり棒を平行に渡しスペースを区切ります。その上に軽めの靴を乗せていくと一段の棚に2段分の収納力ができるので多くの靴をしまうことができます。つっぱり棒に板やワイヤーネットを渡せば、子ども用などサイズの小さな靴も収まりやすくなります。また壁につっぱり棒を渡して板やプラスチック段ボールなどを渡しオープンな靴置き場を自作するなどDIYしてみるのもよい方法です。

便利な専用グッズを利用する

靴を収納する専用の収納グッズもたくさん登場しています。

シューズケース

靴を箱型のボックスに入れるタイプのシューズケースはたくさん積み重ねてもスペースに無駄ができず、半透明なタイプであれば表からもどの靴がどこにあるのかひと目でわかり便利です。またひと区画ごとに空間が分かれているので靴の型崩れも防ぎ保存の面でも安心感があります。前の面が開くタイプ、上部にフタのある靴箱タイプなど形状にも種類があるので好みのものを選んでみてくださいね。

シューラック、シューホルダー、靴ホルダー

シューラック、シューホルダーなどという名称で販売されているのは、1足の靴をグッズの上下に収納しコンパクトにできるタイプのグッズで、片足分のスペースで1足を収納できれば靴箱のスペースにかなり余裕ができ有効活用ができることで人気があります。狭いスペースでも靴がつぶれてしまうこともなく便利なのでパンプスの数が多い方、1人暮らしの小さな靴箱にも便利です。

シューズケースやシューラックは100円ショップやホームセンターで手軽に手に入れることができます。メーカーによって仕様やデザインが異なっているので好みのものを探してみてくださいね。

みせる靴の収納方法

靴箱にいれてラベリング

購入したときの靴箱や市販のシューケースなどを利用して1足ごとに箱収納した場合、外観からの見栄えと使い勝手をよくするためラベリングをすることもおすすめです。

シューケースを購入する場合は色やメーカーを揃えることで無駄なスペースも出にくくなりますし、購入時の箱でも靴の名前、種類や色を書いたシールやラベルを揃えて貼ることで、全体に統一感がでてきます。

また靴の写真を撮りラベルにして貼っておくのもおすすめです。ひと目で中身がわかり季節で入れ替える際にもわかりやすいですね。

ワイヤーラックにのせて収納

ワイヤーラックを棚板がわりにして靴をのせ並べるのもおすすめです。みせたいデザインのおしゃれなスニーカーなどショップのように飾ってみるのもよいですし、通気性もよいので使用頻度の高い靴の置き場としても便利です。

すのこやレンガを使って簡易DIY

本格的な作業をしなくても、靴箱を簡単に作る方法もあります。ホームセンターなどで売っているレンガをいくつか積み上げて、すのこを棚板代わりにすれば見た目にもおしゃれな靴置き場に。ナチュラル感のある玄関にもなじみがよいのでおうちのイメージと合わせて作ってみてくださいね。

収納に悩みがちな靴の収納方法

ブーツや長靴

立ててしまっておくとグニャリと倒れてクシャクシャになってしまうブーツは、吊り下げて収納するのもおすすめです。ボトムスなどに使用するピンチ付きのハンガーでブーツ上部を挟んでつっぱり棒にさげておくとシワを防げてキレイに収納できます。

立てておきたい場合は、ブーツキーパーなど立てても倒れない便利グッズも利用できますが、段ボールなどを筒形に丸めて形を整えて収納しておいてもよいでしょう。

ロングタイプの長靴も同様です。

パンプスなどヒールのある靴

ケースに入れずに収納をする場合は、靴箱内や壁につっぱり棒を1本渡して棚板に片方の靴、つっぱり棒にもう片方の靴のヒールをひっかけて上下に重ねて収納する方法もあります。一足が上下に整理できることで、選びやすくなりますし、省スペースなのでヒールの靴が多い方はぜひお試しください。

靴箱の収納アイディアまとめ

放っておくとどんどん増えてしまいがちな靴を整理して、スッキリと片付く靴箱の整理法とアイディアをご紹介してきました。収納スペースを増やす工夫、今ある収納を有効活用する方法、便利な収納グッズ、プチDIYまで様々な方法がありましたが、おうちの靴箱に合う方法は見つけて、今日からの気持ちよい暮らしに役立ててくださいね。