赤ちゃんの洋服収納アイディア。ちょっとした工夫で片づけ簡単!

赤ちゃんの洋服やベビー用品は種類も多くて、月齢とともに数も増えていくばかり。かわいい洋服を揃えるのは楽しいけれど、赤ちゃんがいる暮らしはゆっくりと片づけをする時間もなく、収納の悩みは尽きませんよね。そこで忙しいママにもできる、ちょっとした工夫、赤ちゃんの洋服収納アイディアをご紹介いたします。

赤ちゃんの洋服の収納方法

赤ちゃんの成長は本当に早くて、今着ている服もすぐに小さくなってしまうもの。次々とサイズアップした服も必要になっていきます。しかもプレゼントされたベビー服、おさがりの服もあったりするので、家の中は新生児用から乳児、幼児用と様々なサイズの服でいっぱい…ということもあると思います。

そんな状況の中で今できる方法、まずは赤ちゃん服収納のポイントをみてききましょう。

いつも使う引き出しに「普段着」だけを入れる

メインになる使い勝手のよい収納場所、引き出しを決めておき、その中へは「普段着」「今着る服」のみを収納するようにします。サイズの大きな服、とっておきたいサイズアウトした服、お出かけ用のよそ行き服などは入れず別の引き出しや専用ボックスにまとめて収納します。小さくなった、汚れがひどくなった服が出たら、メイン引き出しには戻さずすぐに別の場所に移すこと、こちらも専用のボックスをつくっておきその場で分別します。日々のルーティンではこの方法で即分別を習慣にし、少し時間ができたときに分別ボックスや引き出しを点検して更に仕分けておくようにすると、処分するもの、とっておくものが整理できてきます。メイン引き出しは今のサイズにあった下着や日常着だけ、とりあえず分別、を基本ルールにしてみましょう。

収納はたて入れで取り出しやすく

大人の衣類も同様ですが、服の引き出し収納にはたたんだ服を立てに並べて入れる方法が、最も収納力があり、使い勝手もよいしまい方です。

赤ちゃんの服は小さいので浅めの引き出しや収納ボックスにも収まりやすいサイズ。収納の幅や高さに長さを揃えるようにたたんでコンパクトにし、立てて入れていくとスッキリ収まります。下着、ボトムス、トップスなどアイテム毎に収納用品を分けるのもよいですが、サイズが小さいうちは、ひとつの引き出しに仕切り板を入れて、アイテム別に位置を分ける収納が省スペースです。

よく着る服の組み合わせ、セットアップをつくっておく

赤ちゃんは着替える回数も多く、服の回転は大人の何倍にもなります。洗濯の回数も多くなるので、干した後に取り込み、たたみ、クローゼットに、というルーティン作業さえままならない状況もでてきて、都度の着替えに下着、トップス、ボトムス、上着…とひとつずつコーディネイトを探していては間に合わない!ということも。そこで、よく着る服のセットアップを事前につくっておいておく、という方法をおすすめします。

洗濯ものを取り込んだついでに、下着から洋服、靴下までのワンセットをひとつ作り、カゴやボックスに入れてサッと取れる位置に置いておきます。急に着替える必要があるとき、お出かけのときに予備の着替えとして、パパに赤ちゃんの着替えをお願いしたいとき、様々なシーンでとても役に立ちますよ。夜寝るときのパジャマも下着とセットにしておけば、お風呂上りに慌てることもなく着替えがスムーズにできます。普段着の引き出しとは別にセットアップ用のカゴ収納、ぜひ取り入れてみてください。

赤ちゃんの洋服収納グッズの選び方

見た目もかわいいベビー用の収納家具や子ども家具というものも販売されています。キュートなデザインは魅力的ですが、実際に子育て中に便利な収納とはどんなものでしょう。赤ちゃんの洋服のための収納家具、収納グッズについてみていきましょう。

ベビータンスは不要?長く使えるものを選ぶ

小さなサイズの赤ちゃん用の家具はかわいいデザインのものが多く、海外製品の素敵なものや、日本ではキャラクターなどがデザインされた家具や収納用品も多いですね。しかし、つい買ってしまったベビー用家具、果たしていつまで使えるのでしょうか?赤ちゃんの成長は早く、1歳ぐらいになると乳児のときにくらべ着る洋服のサイズもぐんと大きくなってきます。小さくてかわいかった引き出し、背の低いクローゼットもいつの間にかパンパンになり、これからもっと増えていく服、将来兄弟が増えたときにはさらに収納を増やさねばなりません。またキャラクターなどが描いている家具は子どもが大きくなったときには好みも変わり、使いたくない!と言われることもよくあります。その点を踏まえると限定されたデザインのものよりもシンプルで将来までつかえる収納グッズが使いやすく長い目で見るとおトクです。購入するときには将来をイメージして選択してくださいね。

フタつき収納は強い味方。サッと隠してスッキリ。

赤ちゃんのお世話グッズ、身の回り用品もとにかくたくさんの数。どれもこれもサッと取り出せる位置に置きたいけど、全部を出しっぱなしにすると部屋がゴチャゴチャ…。そんな悩みには「フタつき収納」がおすすめです。フタのついたボックス、ラタンや籐などナチュラル系のバスケットは部屋においても馴染みやすくおしゃれな雰囲気にもなります。ボックスには、洋服だけでなく、こまごまとした赤ちゃん用品、ベビーオイルや綿棒などのボディケア用品やオムツ、おしりふき、小さなおもちゃなども収納しておくことができ、フタをパタンとしめて隠してしまえばスッキリと片付きます。他にもスクエア型のバケツにフタがついたものも使い勝手がよく赤ちゃんグッズとして人気です。布オムツやシミの付いた洋服をつけ置きしておいても、フタがあれば見栄えも悪くないので便利ですし、小さなおもちゃやぬいぐるみを収納しておくにも適しています。持ち手がついているので移動にも便利ですね。

簡単に出来る赤ちゃん服の収納DIY

赤ちゃんの収納こそ手作りやDIYを利用しない手はありません。すぐに大きくなって服のサイズも必要なものもどんどん変化していく子ども収納は、手軽にアレンジができ将来上手に転用していけるものを利用しましょう。

難しい技術や道具がなくても簡単なリメイクでできるアイディアをご紹介します。

シンプルな収納をリメイク「カラーボックス」を活用

シンプルで手に入りやすい収納といえばカラーボックスです。3段ボックスは、ほぼ同一規格のサイズなので、いくつかを組み合わせても使いやすく、価格もリーズナブルなので気軽にリメイクしやすい収納ですね。

縦置きにしてクローゼットに

カラーボックスを縦に置き、一段棚板を外して上部につっぱり棒をセットします。

子ども用ハンガーやS字フックをかければ、小さくかわいいクローゼットに。下段にはサイズのあうボックスやカゴをセットすれば、小物収納にも便利ですね。余裕があればペンキやカラーシートを貼って好みのデザインにリメイクしてみるのも楽しいですよ。

横置きにしてベンチ風チェストに

床に横置きにして天板をとりつけます。天板を木目調などのデザインや丈夫な素材にしておけば、おしゃれなベンチ風チェストに。開口部はそのままでも収納力はありますが、サイズの合うカゴや布製ボックスなど見た目のよい収納グッズをセットするとスッキリとします。もう少し手を加えるなら大きめの板を開口部面にとりつけて扉を作ってしまうのもいいですね。収納力のある素敵なベンチができあがります。

赤ちゃんの洋服の収納方法まとめ

すぐに小さくなってしまう赤ちゃんの洋服、片づける時間もない子育て中のママには悩みのタネになりがちな収納ですが、今回は子ども家具や収納グッズの選び方、無理なくできるリメイクのアイディアをご紹介してきました。部屋がスッキリするとストレスも軽くなります。赤ちゃんとの生活が楽しくなる収納法、ぜひ参考にしてくださいね。