【保存版!】編み物に使う毛糸の種類と選び方を徹底解説!

編み物は毛糸に寄って出来上がる衣服です。そのため、毛糸そのものが編み物の場合は「生地」になります。そのため糸の種類も多く、太さや素材・原料・色・風合い・紡績法と様々です。同じ色でも毛糸を染める「ロット」によって色もわずかながら違いが出てきます。

それでは毛糸にはどんな種類があるのでしょうか。そして、毛糸にラベルの表示はどんな意味を表すのでしょうか。

編み物に使用する毛糸とは?

編み物に使用する毛糸には、さまざまなタイプと特徴があります。作品によって太さや素材、原料などたくさんの種類があります。

さまざまなタイプと特徴がある

毛糸にはさまざまなタイプと特徴があります。

太さ

毛糸には超極太から極細まであります。1本の太さが1mmから8mmまであり、太さに合わせて出来上がる作品も違い、利用する針の太さも違います。

素材・原料

生地にも毛や綿、ポリエステルといった素材があるように、毛糸にも毛やアクリル、綿といったものがあります。素材や原料が異なると、出来上がるセーターの扱い方も雰囲気も違ってきます。

紡績法

毛糸には普通に撚りをかけて出来上がったものと、ループが入っていたり短い毛が撚り込んだもの、他の素材のものを合わせて撚り込んだものなどがあります。

素材や紡績法で肌触りや通気性、編み心地が変わる

毛糸は素材や紡績法で肌ざわりも通気性、編み心地が変わってきます。同じ素材のものでも、紡績法が違うと柔らかになるものもあれば、固めになるものもあります。

同じ糸でも太さによっても出来上がりに違いがでます。太い糸なら通気性も良くなりますが、細い糸は編み上げた作品の目を密にすることができるため、通気性を下げることもできます。

毛糸の太さ

毛糸の太さには、超極太から極細まであります。極細の糸は小物作りに、超極太なら大きな作品作りに最適です。そして、毛糸には必ず「番手」という表示があり、これが毛糸の太さを表しています。

超極太

超極太は、毛糸の中で最も太い糸になります。ざっくり編むセーターなどに利用されますが、太い分重さもあります。

8mmくらい以上(0.3番手以上)

超極太と呼ばれる糸は、直径8mmくらいで0.3番手から1番手になります。1000g当たりの長さは、400mから1000mになります。帽子やバッグなどを作る時に利用できます。

極々太

極極太は、超極太ほどではありませんが、二番目に太い糸になります。1本で4~5mmくらいになります。

4~5mmくらい以上(1.2番手くらい以上)

極々太と呼ばれる糸は、直径4~5mmくらいで1番手から1.5番手になります。1000g当たりの長さは、およそ1000mになります。

極々太の毛糸も、帽子やバッグなどを作る時に利用できます。

極太

極太の毛糸は、1本で3~4mmくらいになります。極太の毛糸は、ザクザク編むことができます。ざっくり編むセーターやベストなどに一番多く利用されます。

3~4mmくらい(1.0~1.9番手くらい)

極太と呼ばれる糸は、直径3~4mmくらいで1番手から1.9番手になります。1000g当たりの長さは、1000mから1500mになります。

ざっくり編むセーターやベスト・スヌード・マフラーなどに一番多く利用されます。

並太

並太の毛糸は、1本で2.5~3mmくらいになります。並太の毛糸は、一番編み物に利用しやすい毛糸です。

2.5~3mmくらい(1.9~2.9番手くらい)

並太と呼ばれる糸は、直径2.5~3mmくらいで1.9番手から2.9番手になります。1000g当たりの長さは、1500mから2500mになります。

コースターや手袋といった小物から、ショール・セーター・ベストと色々な作品を作ることができます。

メーカーによって極太、並太に含まれることが良くあります。

3~3.5mmくらい(1.5~2番手くらい)

極太・並太に含まれることもあるため、レシピや編み図を作っているメーカーによって違いがあります。

太さは、3~3.5mmくらいで、1.5~2番手くらい、セーターやショール、マフラーを編むために利用される太さです。

合太

並太よりも少し細めになります。太さは2mmくらいで中細よりもやや太めになります。

2mmくらい

合太と呼ばれる糸は、直径2mmくらいで2.5番手から4番手になります。1000g当たりの長さは、2500mから4000mになります。

手袋やバッグといった小物から、ショール・セーター・ベストと色々な作品を作ることができます。編み方や糸の素材によっては、薄手の春物セーターを作ることもできます。

中細

中細は細めの糸になります。中細はしっかりと目の詰まった作品が出来上がりますので、直に着るセーターやベスト、チュニックなどを作ることができます。

1.5~1.6mmくらい(3.5~5番手くらい)

中細と呼ばれる糸は、直径1.5~1.6mmくらいで3.5番手から5番手になります。1000g当たりの長さは、4000mから5000mになります。メーカーによって「中太」という表現もありますので気を付けて下さい。

合細

細い毛糸になりますので、赤ちゃんのケープや柔らかい素材ならふわっと仕上げたいショールなどに利用されます。

1.2~1.3mmくらい(4.8~8番手くらい)

合細と呼ばれる糸は、直径1.2~1.3mmくらいで4.8番手から8番手になります。1000g当たりの長さは、5000mから7000mになります。

極細ほどではありませんが、かなり細い毛糸になるため、目が密な作品を作ったり、鍵編みの時に使いやすい毛糸になります。モチーフをたくさん編んでつなげると大きなショールなどを作ることができます。

合細の毛糸までは、4本の糸を撚り合わせたものになります。

極細

最も細い毛糸で直径が1mmくらいになります。極細の毛糸は合細以上のものと異なり、2本の糸を撚り合わせた毛糸です。

1mmくらい(8~12番手くらい)

極細と呼ばれる糸は、直径1mmくらいで8番手から12番手になります。1000g当たりの長さは、7000mから13000mになります。メーカーによっては、13番手の超極細毛糸もあります。

モヘア毛糸に多く、糸が細いため、初心者にはあまり向いていません。

6~12段階あり、メーカーによって分類が違う

毛糸の太さやこのように6~12段階ありますが、それぞれメーカーや毛糸の銘柄によって分類が違います。名称が異なるものもありますので、帯の裏面にある番手なども確認しましょう。

正確な太さを把握するには番手

毛糸の帯の表面には「極太」や「中細」といった表記がありますが、裏面に必ず「番手」が書いてあります。番手は1000gの毛糸の長さになりますので、番手を見ることで、正確な太さを把握することができます。

番手表記ならどこの国でも共通

毛糸には国産のものの他に、ヨーロッパ産の毛糸も多く市販されています。番手は国際的に決まった表記ですので、表面のラベルではわからない情報は、裏面の番手を見ましょう。

毛番手はラベル記載のメーター÷グラムで計算できる

毛糸の番手は、1000g当たりの長さになります。その毛糸が1000gの重さの時、どれくらいの長さになるかで、太く重い糸は短めに、細い糸は長めになります。

ラベルに記載されている番手から、メーター÷グラムで計算することができるため、レシピと同じ毛糸ではなくても、同じ太さの毛糸を探すことができます。

毛糸の素材

毛糸の素材で最も多く利用されるのは「毛」つまり羊毛になります。風合いや価格、発色、虫食いなどを考えて、羊毛以外の毛糸もたくさんあります。

動物繊維

動物繊維には、羊毛のウールの他に、色々な動物の毛などを利用したものがあります。動物性の繊維は、「虫食い」の心配がありますので、仕上がった作品を大切に防虫して保管しましょう。

アルパカ、カシミア

高級な毛糸になりますが、薄手で温かいのが特徴です。1玉当たりの価格も高いため、初心者の人は我慢しましょう。このほかに、短い毛が撚り込まれた「アンゴラ」というウサギの毛もあります。

ウール

一般的によく利用されるのがウール、つまり羊毛になります。羊毛は動物性の毛糸ですが、発色性が悪いため、変わった色やきれいな色が少ないのが特徴です。

保温性が高く、吸湿性と撥水性にすぐれているため、おむつカバーや高齢者の毛糸のパンツを編むには最適な素材になります。

シルク

シルクは蚕から吐き出された繊維です。三角の口から吐き出されるため、繊維の断面がプリズムの形をしています。自然のプリズムによる光沢があり、軽くて薄手の高級繊維です。

着物などでよく利用されますが、シルクは大変高級となるため、ニットでの利用は少なく、一般的にシルクで編むというのは、なかなか難しくなります。

植物繊維(すべりが悪い)

夏のニット素材として利用されるのが、植物繊維の糸になります。吸水性・吸湿性に優れているため、汗をかきやすい夏素材に最適になります。植物繊維、特に麻はすべりが悪いため、麻100%繊維はあまり利用されません。

綿

綿ニットで一般的に利用されているのは、靴下やタオルです。工業用の編み機で一度にたくさん編むことで、安価に利用することができます。

家庭ではサマーニットの素材として、サマーセーターやベスト、編みバッグなどを作る時に利用されます。綿は洗濯に強くニット素材として最適ですが、滑りが悪いため、手編みをするにはあまり向いていません。

昔は、シーツや枕カバーに使われていた麻ですが、繊維として利用されるには、水洗いで縮んでしまうデメリットやしわになりやすいというデメリットがあるため、普段使いにはあまり利用されていません。

夏のニット素材で使われることもありますが、ウールや綿と混紡で利用されています。

化学繊維・人工繊維

石油を原料とする化学繊維は、安価で手に入りやすく、さらに発色性が良いため、きれいな色が多いことが特徴です。

アクリル

人工ウールとして使われるアクリルは、吸湿性・吸水性が低いことがデメリットになります。

しかし、発色性が良いため、カラフルなカラーバリエーションで、子供のキャラクターセーターやニットを作るときに最も利用しやすい毛糸です。

洗濯にも強く汚れても簡単に手洗いすることができます。静電気が帯びやすく、乾燥した冬にアクリルのセーターを着る時は気を付けましょう。

ポリエステル

ポリエステルもアクリルと同じ石油を原料とする繊維です。糸そのものが強いため、最近はバッグや制服生地、スカートやスーツの生地として利用されています。

ニットとしては数が少ないですが、綿や毛などと混紡で靴下や、学生用のベスト・セーターにも編み込まれています。

レーヨン

レーヨンはパルプを原料とする再生繊維です。日本が開発した人工絹糸で、最近は洗える着物の素材となっています。レーヨンも発色性が良く、吸湿性に優れているため、綿やサマーウールと混紡で夏のニット素材に利用されていることもあります。

レーヨンだけでは、高級服の裏地として利用されることが良くあります。裏地として利用しても、静電気が起こりにくいのが特徴ですが、水にぬれると弱くなるので、あまり表地としては利用されません。

毛糸の紡績法

毛糸の紡績法によっても出来上がりの作品が異なります。

ストレート

言葉通り、まっすぐに同じ糸を合細以上なら4本、極細なら2本を撚り合わせたものになります。最も編みやすく、シンプルな仕上がりになります。

ハマナカ純毛中細、ハマナカエクシードウール、ダルマ毛糸のダルマイングス、ダイヤモンド 毛糸のダイヤモンドDT タスマニアンメリノなどがあります。

子供のセーターやベストに、動物や乗り物などの模様編みなどをする時は、ストレートの毛糸を利用しましょう。

ツイード

ツイードはイギリスのスコットランド地方発祥の毛織物です。太く短い羊毛を利用した紡毛糸を用いた織物を一般的にツイード生地と呼びます。

国産の毛糸のツイードは、ハマナカのアランツイード、スターメツイード、スキー毛糸のスキーフォギー、スキーマーゴ、ニッケニューツイードなどがあります。

ツイードの毛糸は、紡毛糸2~3本とウールトップ染めを撚り合わせた糸になります。基本となる色の糸に、紡毛糸が撚り込まれているのが特徴です。

毛糸そのものはストレートと同じ用に編むことができますが、模様が入るので仕上がるととてもおしゃれになります。

スラブ・ネップ入り

スラブ入りの毛糸やネップ入りの毛糸は、太い糸と細い糸の部分があり面白い風合いに編みあがります。

スラブはところどころ、不規則な状態で「わた状の節」のある毛糸のことを言います。節のところの撚りが甘く柔らかいため、保温性が高く仕上がったセーターは軽くふわっとした仕上がりになります。

ハマナカのソノモスラブ、ダルマ毛糸メランジスラブなどありますが、メーカーによって全く風合いが違いますので、実物を見て選んでみましょう。

「小さな繊維のかたまり」のことをネップと言います。

ネップ毛糸は小さなつぶつぶが不規則に入っているものからスラブよりも、太い部分と細い部分の間隔が短い、凸凹した毛糸まであります。ツイードのように違う紡毛糸が入っているものもあります。

慣れると編みやすいうえに、編み上りが面白い作品になるため、とても楽しみながら編むことができます。

ただし、スラブはゲージが取りにくいため、慣れるまではマフラーやスヌードなどのシンプルなものから始めましょう。

モヘア(間違えたときほどきにくい)

モヘア毛糸は、モヘアまたはモヘヤと呼ばれる糸が撚り込まれた毛糸です。モヘアは「ふわふわとした」「柔らかい」という意味で、アンゴラヤギの毛のことを言います。

毛足が長く通気性がよく、繊維の腰が強いのが特徴です。柔らかく細いモヘアを利用した毛糸は、ふわっとして肌ざわりが良いため、ベビー用ニットなどに利用されます。

しかし、間違えたときにほどきにくいというデメリットがあります。そこで、あまり慣れていない人の利用の時は棒編みよりも、鍵編みに向いています。

ループ(編み目がわかりづらい)

毛糸のループは、毛糸にループと呼ばれるクルクルとした織り模様があります。ちょうど犬のプードルのような糸で、見た目も可愛らしい糸ですが、編み目がわかりづらいのが特徴です。

仕上がりもポコポコとしたループがあり、セーターやスヌード、ショールにするととても素敵です。

ラメ入り

ラメ入りの毛糸は、ラメの入った毛糸とウールトップ染めを撚り合わせた糸になります。基本となる色の糸の中にラメ入りの糸が撚り込まれているのが特徴です。ラメ入りは見た目も華やかでループやモヘアほど編みづらいということはありません。

ただし、ラメが入っているため家庭で洗濯できないこともありますので、糸を購入する時に確認しましょう。

毛糸のラベルの見方

毛糸には、表面に毛糸の名前があり、裏面に素材などの詳細な情報がかかれています。

素材

毛糸の繊維素材、毛やアクリル、混紡などが表示されています。素材によって洗濯や取扱いが違いますので、クリーニングに出すときには、ラベルがあると便利です。

重量・メーター

毛糸は、番手や重量によってレシピ通りの玉数と異なることがあります。レシピや本の玉数をそのまま購入するのではなく、必ずメーターを確認しましょう。

参考使用針・ゲージ

裏面に使用する針の太さやゲージが表示されています。特に初心者の人は表示されている参考使用針を見て、針を選んでみましょう。慣れてきたら、自分の手先の使い方で選ぶように変えていきます。

色番

毛糸や糸は、同じ「白」「赤」「青」でも微妙な違いがあります。そこで、色番というものが必ずあります。メーカーによっても違いますので、糸が不足した時の参考に、必ずラベルの色番を覚えておきましょう。

ロット

ロットとは、糸を染色した時の窯の番号のことです。

染色した窯の番号のこと

毛糸は同じ赤でも色番で違うとありますが、さらに正確に言うと、その意図を染めた窯の番号でも微妙に違いが出ます。10玉でできるはずだったのに、ほんの少し足りなかったから買い足したい、という時はできるだけロットも同じものを選びます。

ロットが違えば微妙に色に差が出る場合がある

染料が同じでも、その時の天気や気温、窯の中の温度や時間で糸の色は微妙に違ってしまいます。

ロットは、糸を染めた窯の番号を表します。メーカーでもできる限り違いがないようにしますが、天然繊維はそのものが自然なものです。人毛の染め上がりが違うように、毛糸の仕上がりも違ってきます。

不安な時は、できるだけ余裕をもって毛糸を購入しておくことをおすすめします。

面積が大きいものは色の違いがわかりやすい

セーターの身頃など面積が大きな部分で糸のロットが違うと、光の加減でそこから違う色の糸を使ったように見えることもあります。

ロット違いを使用する場合、襟や裾、袖口などに使用する

どうしても糸が足りなくなってしまい、同じ手芸屋さんでもすでに同じロットの糸がない場合は、あまり目立たない場所で使用します。

例えば、わずかに違ってもおかしくない襟や裾・袖口などに使用します。本体はメリヤス編みでも、襟や裾・袖口は、ゴム編みにする場所になりますので、編み方が違うことでも目立ちにくくなります。

毛糸の選び方

同じ毛でも、羊の種類や年齢、国や産地によって感触に違いが出ます。

原料と肌触り

羊毛の原料となる羊は世界中に1000種類以上います。同じウールでも羊の種類によって肌触りなどの感触が違うため、出来上がる作品の風合いも異なります。

同じウールでも羊の種類や年齢などによって感触が変わる

羊には、毛織物(繊維)用の羊と肉用、毛肉兼用の羊があります。メリノウールで有名なメリノー(スペイン産・オーストラリア産・アメリカ産)は毛織物用の羊になりますが、産地によって性質が異なります。

また、同じウールでも「メリノー」は毛用、「コリデール」は毛肉兼用種、「カラクール」は毛皮用と色々な羊からウールの素材が作られています。イギリスの「シェットランド」は山岳種と呼ばれる英国羊毛です。

日本はコリデール種を育てています。

羊以外の毛では、アンゴラヤギのモヘア、アルパカ、カシミヤ、ヤク、リュマ、キヴィアックといった種類の動物から毛の繊維が作られています。

紡毛糸(ふんわりエアリー)

羊などの比較的短い毛(5cm以下)や再生毛で作られた毛を紡毛糸と言います。短いためふわっとしていますが、毛羽が多く縮絨しやすいというデメリットがあります。毛布やフェルトではとても重宝されています。

梳毛糸(毛羽立ちが少なくクール)

梳毛糸は、通常 5cm以上の比較的長いそろった上質の羊毛のことを示します。よく櫛けずって繊維を直線状に伸ばし平行に配列してから,撚りをかけて糸としたものです。より上質なものはサージやギャバジンと言って、スーツなどの素材に使用されます。

レシピや編み図がある場合はサイズ・ゲージを参考に

編み物の毛糸を選ぶとき、レシピや編み図がある場合は、サイズ・ゲージ・糸の番手などを参考にしましょう。特に初心者の場合は、できるだけレシピと同じ毛糸を選ぶと、ゲージをとる時にずれることも少なく、比較的簡単に作業ができます。

セーターなど肌に触れるものは肌触りが重要

セーターやマフラーなど肌に直接触れるものは、見た目よりも肌触りが重要です。特に、小さな子供の場合、あまり紡毛糸が多いものでは、チクチクして嫌がることもあります。

洗濯などを考えるとアクリル糸も便利ですが、子供によっては化学繊維でアレルギーを起こすこともあります。実際に触れて感触を確かめてから決めましょう。

仕上げたいイメージに近いテイストの紡績法を選ぶ

紡績法によって、仕上がりはだいぶ違いがあります。同じセーターでもツイードやループがあるとカジュアルに、合細ストレートの糸なら通勤通学でも着用できます。

仕上がりのイメージに近いテイストの紡績法を選ぶのも、毛糸選びの楽しみの1つです。

【保存版!】編み物に使う毛糸の種類と選び方を徹底解説!のまとめ

編み物を始める時、どんな仕上がりにするか、どんなものを編むかによって毛糸の種類や太さ、紡績法は大きく関係します。

自分のイメージに違いものを選び、納得できる作品を仕上げましょう。