ニッターとは? 仕事内容や収入について大紹介!

編み物を仕事にする中に、ニッターという仕事があります。ニッターにはニット作家の仕事もありますが、ほとんどはデザイナーが作った編み図を元に編んだり、編み図が正しいか間違っているかをテストする仕事もあります。

他にも、メーカーが作る糸の使い方や編み図に利用しやすいかなども実際に編んで様子をみます。編み物全般に関わる仕事をニッターという、と考える人もいます。

それでは、ニッターの仕事内容や収入についてご紹介しましょう。

ニッターとは?

ニッターとは、個人で依頼を受けてニット製品を作る仕事と、大きな手芸店などに所属し、見本のニット作品を編む人がいます。

手編みのニッターはこういった仕事になりますが、機械編みでは工業用のニット製品作りに携わる編み立てという仕事もあります。

編み立て業者

編み立て業者は編み物をするだけでなく、機械編みの時に編み機にレシピ通りのニットを設定したり、天候や気温によってニットの設定を変える仕事をしています。

編み立ての業者では、靴下やストッキング・Tシャツ・カットソーなどの編地を超極細の糸を機械にセットして、ニット製品を製造する業者のこともニッターと言います。

ニッターは手作りのニット製品の他に、機械編みの製品にかかわるようなニット全般にわたる仕事もします。

編み図・指定の寸法どおりに商品を編む

編み物は、編み図・指定の寸法に合わせて商品を編む仕事をします。

しかし、編み立ての仕事にもあるように、天然繊維は自然のものです。天候、特に気温や湿度によって編む状態が左右します。こういったことに注意しながら、編み図通りのものを指定の寸法に合わせて、商品となるものを編みます。

趣味で編むのとは違い、必ず商品になるためのものですので、ちょっと間違えたではなく正確に編むことが大切です。

ニッターになるには

好きな編み物を活かした仕事をしてみたい、という人の中にはニット作家という仕事をしてみたい、と思う人もいるのではないでしょうか。

しかし、ニット作家やニッターになるには、どんな勉強が必要なのでしょうか。それでは、ニッターになるためにはどんなスキルや勉強方法、そしてニッターになるための足掛かりとなるものについてお話しましょう。

必要なスキルを身に着ける

まずは、ニッターになるための必要なスキルです。

編み図パターンが読める

編み図のパターンを読みながら商品を仕上げていきます。基本的なスキルとして、正しく編み図パターンが読めることが大切です。

編み図どおりに編める正確性

いくら編み図を読むことができても、いい加減な人には難しい仕事になります。

洋裁や和裁も難しいですが、ニットは1目落とすと作品全体が崩れてしまいます。編み図どおりに編む、というのはあたりまえのことですが、意外と難しい作業になります。

几帳面で正確な作業ができる、細かい作業スキルに自信がある人に向いた仕事かもしれません。

編むスピード

いくら丁寧で性格でも、期日までに仕上がらなければ意味がありません。そこで、正確に編むスピードも必要です。趣味で編み物が好き、という人も素早く、正確に編むという作業ができるようになったら、ニッターを目指してみましょう。

ニッターの仕事を探す

ニッターの仕事を探してみましょう。ニッターには、編み物商品を作る仕事から、教える仕事をしている人もいます。それでは、どのように仕事を探したらよいのでしょうか。

また、編み物を専門に指導している教室に通って、教室から紹介をしてもらう、という方法もあるかもしれません。専門の学校ではヴォーグ学園や日本アートクラフト協会などがあり、資格を取得することができます。

ネットや雑誌のニッター募集の求人

インターネットでは色々な場で人材の募集をしています。中には、全国チェーンに手芸店や個人の手芸店といったところでも、ニッターを募集しています。こういった情報は、インターネットの他に、編み物雑誌やファッション雑誌などでも求人の募集をしていることがあります。

編み物教室、編み物関係の企業の紹介、自分で売り込み

カルチャーセンターや公共施設の編み物教室、手芸店の編み物教室では、講師をしてもらうことができるニッターを募集していることがあります。さらに、編み物関係の企業などでも、ベテランのニッターが高齢化に伴って、若いニッターを募集していることがあります。

アンテナを広げて探してみましょう。

他にも、手芸店や編み物教室などに自分から売り込みをしたり、自分で編み物教室を開くということもできます。

また、自治体の生涯学習講座の講師登録をしておくのもよいでしょう。

ニッターの仕事

ニッターの仕事は、お客様の依頼を受けて編み物をするニッターから、工場などで工業用ニット製品を作るニッター、そして編み物を教えるニッターがいます。

量産のための内職ニッター

大型衣料品店やスーパーなどで販売している編み物製品があります。

例えば、コースターや手袋、レース編みのテーブルセンターなど工業用機械とは違って手編みの風合いを出したものがあります。こういったものは、編み物ができる人を対象に、内職ニッターを募集していることがあります。

テストニッター

デザイナーの編み図で正確に編むことができるか、ということを見本で編むテストニッターがいます。どんな製品でも見本というものが必要となるため、正確にキレイに編む自信がある人には、ピッタリのお仕事です。

編み図のテストニット

デザイナーが作った編み図でも、人が作るものに間違いが無いわけではありません。そこで、必ず編み図が正しく作られているかを確認するために、テストニットということがあります。

<作成された編み図が正しいかを確かめる>

市販されているニット製品は、同じ編み図で同じニット製品を大量生産します。

また、編み物の編み図を市販したりアップする前に、編み図が正しいかをテストニットしてもらっています。大型衣料店や大型スーパーのセーターやカーディガン、ベストなどは編み図を元に、工場や内職のニッターが編み上げます。

そして、テストニットによって編み図が正しいものであれば、同じ編み図が本や手芸店のレシピになったり、ニット製品が量産されることになります。

<パターンの誤りや、分かりにくい箇所を指摘>

テストニットをすることで、編み図のパターンに誤りがないか、本を手に取って編む人や、内職で製品を仕上げる人に、分かりにくいところがないかを、指摘していきます。

<依頼元・納品先:ブランド、ショップ(ニットショップ・手芸店など)、雑誌など>

依頼される場所や納品元は、ニットのブランドやショップ、手芸店などです。見本のニット製品の編み図を作ったり、量産するための編み図をテストすることで作ります。

また、編み物の本や雑誌で新しいセーターやベスト、マフラーなどを紹介する時の、編み図を作る前に、テストニットすることで編み図のパターンに誤りがないか、作る人が分かりにくいところがないかを指摘します。

編み糸のテストニット

テストニットは、編み図だけではありません。実際にデザインにあった糸を探したり、指定されている糸が編みやすいかをテストします。特に編み物用の毛糸を販売しているメーカーでは、毛糸の編みやすさなどもテストします。

<販売前などの編み糸を実際に編んでみて検証する>

国内には、多くの毛糸を販売するメーカーがあります。こういったメーカーの依頼で、販売前の編み糸を実際に編んでみるテストニットもあります。

<依頼元・納品先:メーカー>

ニッターにテストニットを依頼する人は、毛糸のメーカーから編み物雑誌、そして手芸店と様々です。安定して仕事の依頼が来る反面、それなりのスキルと正確さを求められます。

ラフなデザイン画から割り出し(目数・段数を決める)と編み図作成をしながら編み上げる

ニッターの中には、まったく編み図がない状態で編み上げる仕事もあります。

<難易度が高い仕事>

デザイン画から作品に仕上げるニッターは、難易度の中で最も高い仕事になります。そのため、かなりのスキルが必要で、編み図の作成に携わると、それだけでも知名度は高くなります。

<本などに制作者として名前が載ることも>

中でも、オリジナルの作品を編み図にするニッターは、新しい編み物雑誌や編み物の本が販売されるときに、制作者として名前が載ることもあります。名前が載ることで知名度が上がり、安定した収入につながります。

著作者として名を連ねると、数万円・数十万円以上の収入が入ることもあります。

<依頼元・納品先:ブランド、ニットデザイナー>

編み図を制作することができるニッターは、レディスブランドやニットデザイナーなどからの依頼によって仕事をします。出来上がった編み図やレシピも、こういったブランドやニットデザイナーとの共同制作作品の一つとなり、納品後知名度が上がります。

ブランドショップのニット製品の中には、一点数万円のものもあります。こういった商品の場合は高いスキルも求められますが、収入も高額になります。

ニッター内職の収入

見本や大型スーパーなどの作品を仕上げる内職ニッターの収入は、あまり高額ではありません。

完成品1個あたり数百円~数千円

内職ニッターは、完成品を商品として大型スーパーやブランドショップで販売します。ブランドショップのデザイナーズニットの場合は、数千円になることもありますが、量産型の場合は数百円といった単価になります。

スキルが上がると、百貨店などの仕事を受けることができるようになったり、テストニッターになると単価が上がることもあります。

しかし、一般的な内職ニッターの場合、月1万円から数万円の収入になります。季節によっても異なりますので注意しましょう。

ニッターの仕事を請けるときの注意点

ニッターにとって必要なことは正確さとスピードです。

納期を必ず守る

どれほど正確でも、必ず納期を守ることが必要になります。そのためにも、素早く正確に編むスキルを身につけて、自信ができて初めてニッターとしての仕事を受けるようにしましょう。特に、高額なものになればなるほど、依頼主との信用が大切になります。

短納期の場合もしばしば

量産型の場合は、大量にそして短期で納期が決められることもあります。短納期のこともあるのだということをしっかりと知って、仕事にしましょう。

正確に編むこと

いくら時間がなくても、いい加減な作品は売り物として成り立ちません。正確さは早く編むためにも必要なスキルです。

確かに、大量生産のニットを購入した時、網目が不揃いで購入してからがっかりしたことがあります。一目一目、正確に編むようにしましょう。

依頼者とのコミュニケーションをしっかり

そうはいっても、人がやる作業です。ニッターの体調や家族内のトラブルで納期を守れないことが絶対にないとは限りません。

また、制作図そのものが違うなどのトラブルがあるかもしれません。

こういった不具合の時は、できる限り依頼者とコミュニケーションをとるようにしましょう。

ニッターとは? 仕事内容や収入について大紹介!のまとめ

ニッターには色々な仕事があります。いずれも正確で早く編むスキルが求められます。

編み物作家や編み物の指導者と並行して仕事を受けることもあります。

忙しい中でも仕事そのもので混乱しないように、しっかりと自分の仕事を把握し、良い仕事ができるニッターになりましょう。