自分の作品作りを仕事にするには?ニット作家になる方法!

手芸店に行くと、おしゃれなセーターやベストの出来上がり作品が飾られています。思わず自分も編みたいと思ってしまうものばかりです。

編み物の本やお店にある手作りニットもですね。しかし、こういったニットの商品は、いったい誰が編んでいるのでしょうか。

誰もが憧れるニット作品を作ってみたい、好きな編み物で仕事がしたい、という人のためにニット作家になる方法をお話しましょう。

編み物作家になるには?

ニット作家はハンドメイド作家の1人です。布やリボン、糸、ビーズなどの手芸材料を使って、色々な作品を作る人をハンドメイド作家と言います。

ニット作家は毛糸を用いて、自分でデザインしたセーターやカーディガン、マフラーといった作品の他にオリジナルの作品を作ることもあります。それでは、ニット作家・編み物作家になる方法にはどんな方法があるのでしょうか。

資格は必要ない

編み物作家として活躍するためには、特に資格は必要ありません。自分で作ったデザインに合わせて作った作品を、編み物に仕上げるスキルだけになります。

しかし、資格がなく誰にでもチャンスがある分、収入に結びつけるにはなかなか難しいようです。

誰でもなれる

資格が必要ないニット作家は、編み物が好きな人なら誰でもなることができます。専門の学校もありません。ニット作家には、セーターやカーデガンのような大物からコースターやアクリルたわしのような身近で小さなものでも、毛糸でハンドメイドのものを作る人がニット作家になります。

ニット作家はイラストレーターや陶芸家と同じで、自分でニット作家と自称すれば、それはニット作家になります。一定以上の収入が無ければ、夫の扶養のまま確定申告をする必要もありません。

自分が作家と名乗れば「編み物作家」

ニット作家や編み物作家は、自分が「編み物作家」と名乗るだけで、ニット作家として仕事をすることができます。特に資格などもいらないため、誰でも「編み物作家」として本を執筆することもできます。

編み物を教える教室や手芸店にニット商品を持ち込に、販売するだけで編み物作家として独立することができます。

最近流行りのワークショップで販売することも可能です。

ニットデザイナーとの違い

ニットデザイナーは、ニット製品の企画からテキスタイル作り、製品化まで、全ての工程にかかわる人をニットデザイナーといいます。

ニット作家は資格も必要なく、自分で作った作品を販売することが仕事です。

しかし、ニットデザイナーは、しっかりと専門的な学校で学び、ニットデザイナーやニットプランナーのための勉強をします。

まっさらなところからニット製品の企画、テキスタイル、デザイン、そして最後に製品にするまでが仕事になります。ニット作家はフリーの人が多くなりますが、ニットデザイナーは企業などで新しいニット製品のデザインをしたり、ニットの編み図をチェックするような仕事も含まれます。

編み物作家の活動

編み物作家として活動する方法は色々ありますが、一番よくあるのは、自分で作った作品を手芸店やワークショップなどで販売をする方法です。

さらに、最近はインターネット通販での販売をすることもできます。

作品を作る

販売をするためには、まず作品を作ることが大切です。陶芸家やビーズ作家と同じですね。まったくのオリジナル作品から、ある程度決められたニット作品をリメイクしたりと、自分だけの作品を作ってみましょう。

大量生産では見ることができない、他では手に入らない一点ものを作ることで作品の魅力が高まります。

公開する

作ったものを公開しましょう。今はネットの通信販売サイトを利用すると、自分の作品をたくさんの人に見てもらうことができます。特にデザイン性が高い作品なら好みが別れますので、できるだけ大勢の人の目に止まることが大切です。

他にも、町のイベントやフリーマーケット、ワークショップのお店に場所を提供する高架下のイベントプラザなどがあります。こういった場所では、ベンチャー事業を始めたい職人のために、一点物の川工芸品や木工細工などを販売しているお店があります。

また、カフェなどでもワークショップと提携しているお店があり、作品を置いてもらうことができます。

買い手がつく

手作りの一点物は、思った以上に手間と材料費がかかります。

しかし、価値が分かる人ばかりではありません。海外製の安い手作りニットばかりを見ている人にとって、ニットの手編みセーターも、数千円の価値にしか見えないことがあります。

逆に、手作りの良い物をブランドショップや百貨店で購入している人は、手作りの良さを理解しています。自分が作った作品が良い物であれば、ある程度の価格でも買い手がつきます。

手編みのニットを販売しているお店などを見て、市場調査をし、価格を決めて販売をしましょう。

編み物作家に求められるもの

それでは、編み物作家に求められるものはどんなことでしょうか。ただレシピ通りに編むことができればよいのでしょうか。

編む技術

まず、一番大切なことは編む技術です。当然ですが、自分で使う作品ではありませんので、他人がお金を支払っても欲しい、と思う商品を作ることが大切です。

編み方がいい加減だったり、出来上がりが雑ではわざわざお金を払って欲しいとは思いません。

そのためにも、安定した良い技術を身につけましょう。

作品の魅力

出来上がった作品が、普通の大型衣料店や大型スーパーで数千円で購入できるような品物では、なかなか購入してもらうことはできません。

他のお店では手に入らない、魅力ある作品であることが大切です。

例えば、ただの無地のセーターではなく、他では見ることがない色使いや模様編み、オリジナルキャラクターの作品などを編み上げてみましょう。

認知度

フリーマーケットやイベント、ネット通販で販売する時、無名な作家ではなかなか買い手がつきません。色々な人に認知されることが大切です。

認知度を上げるためには、はじめは時間がかかりますが、徐々に知名度が上がったり、他の人とは違う作品を作ることで、ファンがつくこともあります。

また、有名な編み物の学校を出ることで、ニット作家の仕事をすることもできます。

ハンドメイドのコンクールなどがあれば、出品してみるのも良いかもしれません。小さな賞でも受賞経験があれば、それだけでも知名度は上がります。

年に数回、ビックサイトで開かれるコミティア・日本ホビーショー・ハンドメイドジャパンフェスなどで、ハンドメイドのコーナーに出店するのも認知度を上げるチャンスです。

評判があがれば取材や注文がくる

ニット作家は「評判」が全てです。良い作品、オリジナルの作品、お金を出しても欲しいと思う作品ならどんどんと知名度が上がります。

知名度が上がり注目されるようになると、取材や注文などが殺到します。

しかし、それは簡単に短時間でできることではありません。ニット作家として食べていけるまで、編み物教室や手芸店で編み物の指導をしたり、作品を販売しながら知名度を上げましょう。

自分の作品作りを仕事にするには?ニット作家になる方法!のまとめ

編み物が好きだけれど、専門学校に行くのは時間とお金がもったいないと思う人もいます。

しかし、器用で几帳面で編み物が上手な人は、いつもの編み物を作品にして発表することもできます。

そして、自分だけのオリジナルニット作品を作ってみてはいかがでしょう。オリジナルニット作品が作れれば、きっと素敵なニット作家として、デビューできるチャンスにつながりますよ。