簡単にDIYするアイデアやコツ

DIYを始めたい方にとって初めてのDIYは難しく、始めることに躊躇う方も多いのではないでしょうか。DIYのメリットとしては、自分の好きなものを好きなように作れること、安く済むことなどがあります。

しかし、何度も失敗したり、想像通りに作れなかったりするとお金はかなりかかり、DIYの意味がなくなってしまいますよね。

そこで、簡単にDIYできるアイデアやコツを紹介していきます。事前に知っておくことでDIYが失敗せずにきっと簡単に上手くいくはずですよ。

簡単にできるDIYのアイデア

100均にもDIY商品が多く取り揃えてあることはご存知でしょうか。商品が全て100円なのでDIY初心者でも簡単に始めやすい値段設定ですよね。100均の商品なら、もしDIYに失敗してもまた買いやすく作り直しやすいのでおすすめです。

きっと材料が100均だと思われないようなクオリティのものが完成するはずですよ。100均にどのような商品があり、どのようにDIYすることがおすすめなのかを詳しく紹介していきます。

100均のすのこを利用(棚など)

すのこを利用して棚や収納スペースなどを作ることができます。ホームセンターに売っているすのこは、厚くて大きく、重いので初心者や女性にとっては、少し扱いにくいと思います。

例えば、好みの大きさにカットする手間や組み立てるときにすのこを支えることなど大変です。

しかし、100均のすのこは、薄くて小さく、軽いので扱いやすいです。カットせずにそのまま使用することもでき、簡易的な棚をすぐに作ることができます。また100均には、フレームやアクリル板も売っているのでそれらを組み合わせてショーケースを作ることもできます。

すのこに色を塗ることや組み合わせ方次第で自分好みのものをいくつか作ることができるでしょう。全く同じものではなく、少し違うものを作ることもおしゃれになるコツです。

100均アイテムをボンドでくっつけるだけ(ディスプレイボックスなど)

初心者にとっては、釘を打ちつけることも大変です。打つ場所や力加減などわからず失敗しやすいうえに先ほど説明したように100均の板は薄くて小さく、軽いので強く打ちすぎてしまうと割れてしまう恐れがあります。

そこで簡単なDIYは、釘を使わずに木工用ボンドでくっつけるだけです。100均に簡易的な収納ボックスが売っているので木工用ボンドでくっつけるだけで収納棚が完成します。

また、ディスプレイアイテムを瞬間接着剤でくっつけるだけでもおしゃれなディスプレイボックスができるのでおすすめです。ボンドや接着剤でくっつけるだけで簡単にDIYできるので難しいことも家を汚すこともなく短時間でDIYできます。

注意点としては、ボンドや接着剤でくっつけるだけなので釘で打ちこむよりも耐久性は低くなります。壁に収納棚やディスプレイボックスをかける際などは、あまり重いものを入れず、のせないように注意してください。

リメイクシート、ウォールステッカーなどを利用

ペンキで色を塗るだけではなく、リメイクシートやウォールステッカーなどを貼ることもオリジナリティがあり、おしゃれです。作った商品に貼るのも良いですが、既存の商品に貼ってリメイクするのも簡単でオリジナリティがでます。

リメイクシートやウォールステッカーなどは、100均で様々な模様や柄などのデザインが売られており、かなり人気が高いです。モノトーンやシック、タイル風、木目調など男性が好むデザインもあり、男性でも利用する方が増えてきています。壁面やトレーなどの小物に貼っても雰囲気が変わります。

簡単に貼って簡単に剥がすことができるので一軒家に住んでいる方だけではなく、賃貸に住んでいる方にもすぐに始めることができます。もちろん子どもにもできるので一緒に貼っていくことも楽しいですよ。デザインに飽きたら新しいデザインに貼り替えて、雰囲気を一変できることも魅力の1つです。

ホームセンターのキットを利用

100均の商品や材料だけで作るのではなく、ホームセンターのキットを組み合わせて作ることもおすすめです。

やはり100均だけでは、不足している材料や耐久性が弱い材料などもあるのでホームセンターの材料を使うことも1つの手です。もちろんホームセンターで全て揃えるよりは、100均の材料も加えたほうが全体的には安価で済みます。デザイン性が豊富なのは100均なので、世界に1つだけのオリジナリティあふれるものを作ることができるでしょう。材料を見極めつついろいろな店舗で商品を購入してみてください。

また、100均と一言で言っても、様々な100均の店舗があります。ダイソーやセリアなどと様々な店舗があり、同じ100円の値段だとしても置いてある商品や材料、種類などは異なります。店舗をいくつか回ってみて、お好みのものを見つけることも大切です。組み合わせ方次第でDIYの幅もかなり広がります。

ただし、違う店舗で購入する際は、大きさや高さなどが違いすぎると再度購入をし直す必要がでてくるので事前にきちんと確認をしてから購入することをおすすめします。

DIYを短時間で完成させるコツ

DIYを始めたいけど始められない方にとって1番気になることは、時間がないことではないでしょうか。もちろん初心者にとって初めてのDIYは手間がかかることはもちろん、平日は仕事があり、土日などのお休みの日にしかDIYに取り組めないですよね。

土日に完成しないと次の週の土日にまたやることになり、どこまで進んだかわからなくなってしまうことや完成しないことが嫌になりDIY自体に飽きてしまうこともあります。そのようなことを防ぐためにも短時間でDIYを完成させるコツをいくつか紹介していきます。

木材カットはのこぎりではなくパネルソーを利用(ホームセンターでカット)

木材をカットするのは、採寸をして真っ直ぐ切るといった大変な作業ですよ。木材をカットするのは、のこぎりを使用する方も多いですが、力を使い真っ直ぐ切ることは難しく、なにより時間がかかります。

そこで、パネルソーを使用しましょう。パネルソーとは、木工所で使用されている木材をカットする機械です。パネルソーがあれば、正確に短時間で木材をカットできるのでおすすめです。

しかし、機械なので置き場所もお金もかかります。そこで、パネルソーがない方には、ホームセンターでカットしてもらうことができます。ホームセンターによって値段が異なります。パネルソーでお店の人がカットしてくれる店と自分でカットする店があるのでまずは、問い合わせてみましょう。

ボンドを付けたらすぐにビスを打つ(ハタガネなどで木材を固定)

ボンドが乾いてからビスを打ったほうが固定されビスを打ちやすいですが、乾くまで待つ時間は勿体無いです。

そこで、乾く前に打ってしまうことで時間短縮に繋がります。要は、木材が固定されていれば問題ないので木材同士を締めつけて固定するハタガネが有効アイテムです。ハタガネが1つあれば木材が固定できるのでなにを作る際にも便利です。

隠れる場所は塗装しなくてもOK

塗装は塗ることにも乾かすことにも時間がかかります。もちろん細かい箇所には、細い刷毛を使用するなど使い分けをする必要もあります。まずは見える箇所のみ塗装しても良いのではないでしょうか。

もちろん全部塗装したほうがきれいにはなりますので時間に余裕がある際は、全部塗っても良いかもしれませんね。時間やペンキの量などを見て臨機応変に対応してみてください。

人前に出さないものは塗装しなくてもOK(クローゼット内、洗面所の扉内、キッチンの収納スペースの棚など)

人の目につかないものは、木材そのままでも良いかもしれません。もちろん時短に繋がり、ペンキの節約にもなります。また、木材そのままのほうが使用しているうちに味が出ることもあります。これは、好みになりますので塗装の有無については考えてください。

簡単にDIYするアイデアやコツまとめ

おすすめのDIYの商品やコツを紹介しましたが、DIYって意外と簡単に始められるんだなあと思った方も多いのではないでしょうか。できないことや苦手なことは、ホームセンターに頼み、すでに既存のものを使用することも有効です。

DIYが嫌になることや飽きてしまうことが最も避けたいことなので、良い意味で所々手を抜きつつ楽しくDIYをしてみてはいかがでしょうか。