刺繍を仕事にしたい!刺繍に関する仕事と資格について

衣生活に関する資格や仕事には2つの種類があります。衣料管理士や服飾インストラクターの資格を取って販売の仕事をする、そしてもう1つは衣服を作るための技術を身につけてる資格で制作の仕事にかかわることです。

若い人に人気の仕事には、デザイナーやアドバイザーといった仕事や資格がありますが、技術を活かす繊維技術士や和裁技能士、着物コンサルタント、クリーニング師といった資格もあります。

しかし、いずれも誰にでも取れる資格ではなく専門の学校に通ったり、長年先輩から技術を受け継ぐ必要があります。その中には、金属加工や編み物・皮工芸・染色・刺繍といったものも含まれています。

それでは、刺繍に関する資格や仕事にはどんなものがあるのでしょうか。刺繍を習得することで、仕事に生かすことができるのでしょうか。

刺繍を仕事にするには資格が必要?

刺繍を仕事にするためには、必ずしも資格は必要ありません。しかし、刺繍の資格を持つことで、技術を高めたり他人に教えたりすることができるようになります。

必ずしも資格は必要ないが、刺繍に関する幅広い知識を体系的に身につけることができるので資格を取得していると有利

日本の刺繍は、古くから受け継がれてきた技術の1つです。加賀繍や京繍・江戸繍ほとんどは、技術を持つ人のもとで仕事をしながらその技術を受け継いできた伝統技法です。

そのため、必ずしも資格は必要ありませんが、刺繍に関する幅広い知識を身につけることで、技術を高めたり他人に教えることができるようになります。

伝統工芸といわれる日本刺繍でも、刺繍の認定講師の資格を取る講座が開かれ、趣味を超えて徐々に人気が高まっています。

もちろん、クロスステッチやフランス刺繍、ビーズ刺繍は人気が高く、教養として身につけるだけでなく教室を開いたり、ハンドメイド作家の刺繍作家を目指す人も増えています。

刺繍教室に通う方法と、通信講座で学ぶ方法がある

刺繍を学ぶためには、刺繍教室に通う方法と、通信講座で学ぶ方法があります。

どんな仕事がある?

刺繍の技術を身につけたり資格を取るとどんな仕事があるのでしょうか。

手芸店で働く

手芸店では、様々なお客様のニーズに答えるために、取り扱う商品に精通している人が必要になります。編み物やビーズ手芸、フェルト細工や革工芸、そして刺繍など、ただ技術を持っているだけではなく、お客様の質問に答えることもあります。

特に、初心者の人が、刺繍を始める時に何が必要か、どんな手法があるのかを聞かれても、何もわからないというわけにはいきません。手芸店で働く人として疑問に答えるのも大切です。

お店の人の中には得手不得手があり、それなりに担当を分けていることもありますが、中規模のお店では1人、または少数の人がお店を担当することになります。

刺繍についての知識があれば、色々なお客様の疑問やニーズに答えることができます。

刺繍の講師として働く(カルチャーセンターや刺繍教室)

公益財団法人日本手芸普及協会では、刺繍講師の資格を取ることができます。刺繍には「区限刺繍」「白金刺繍」「ステッチ100刺繍」の3コースで本科、高等科、講師科、指導員とスキル上げることで講師や指導員の認定を受けます。

講師の認定証書を持っていると、カルチャーセンターや刺繍教室で講師として働くことができます。

作品を作って刺繍作家を目指すことも

刺繍の資格には、刺繍アドバイザー、刺繍デザイナーという資格があります。刺繍作品には、ハンカチやポーチ、ボタンといった小物からベッドカバー、ブラウスやスカートといった大きなものまであります。

刺繍そのものをデザインしたり、刺繍を施した作品を販売することで仕事にする「刺繍作家」がたくさんいます。刺繍作家の中には、作品を販売するだけでなく、刺繍の本を出版したり、インターネットのブログサイトで作品を紹介することもあります。

手刺繍の場合は1点ものになるため、同じ作品は2つありません。そこで、独自のブランドを立ち上げて販売することができます。

刺繍作家として販売したり、本を出版したり、お客様の依頼にあった作品を作るのが仕事です。

刺繍アドバイザーとは

刺繍アドバイザーは、刺繍で使用される刺繍の種類、技法や道具の使い方などのさまざまな刺繍の知識のある人で、資格の取得が必要となります。

刺繍アドバイザーでは、各国の伝統的な手法、フランス刺繍、ビーズ刺繍、リボン刺繍、ターハンガーなどの種類を細かく学習することができます。

また、それぞれの種類で使用する材料や道具、使い方なども細かく習得することが出来ます。

普段から刺繍を親しんでいる人、少しでも刺繍スキルを上達したい人などは、この資格で学科と実技のエキスパートを目指す勉強が出来ます。

教室を開いたり、近所のコミュニティセンターなどで教えたることもできます。また、具体的な刺繍関係でのビジネスキャリアを向上させることにも役立ちます。

様々な刺繍の種類、実際の刺し方、道具についての知識が必要

刺繍アドバイザーの資格を取るためには、様々な刺繍の種類や実際の刺し方、道具や材料についての知識が必要です。

フランス刺繍、ビーズ刺繍、リボン刺繍、コード刺繍、ターハンガー、ミシン刺繍、ニードルポイント、クロスステッチ、刺し子等

いずれも、刺繍をするための道具や材料、基本の刺し方を学ぶことが必要です。

刺繍アドバイザーの資格は、刺繍にかかわる様々な勉強をし実践の能力を持っていることを認定します。そのため、資格を持っていることで、自宅やカルチャースクールなどで刺繍教室を開業して講師になる事ができます。

カルチャースクールの講師だけでなく、それらの技能を活かして、オリジナル作品を制作することもできます。

仕事だけでなく、趣味として刺繍をしている方の場合でも、作品の幅が広がり、作品のクオリティーも高くなります。

日本生活環境支援協会の刺繍アドバイザー認定試験合格で取得できる資格

刺繍アドバイザーは、日本生活環境支援協会で取ることができます。

試験概要

刺繍アドバイザーの試験概要は、フランス刺繍、ビーズ刺繍、リボン刺繍、コード刺繍、ターハンガー、ミシン刺繍、ニードルポイント、クロスステッチ、刺し子など、様々な刺繍の種類についての知識・実際の指し方が問われます。

それぞれの刺繍についてはもちろん、図案の書き方や刺繍を活かした作品の作り方についての知識や必要な道具について理解も必要になります。

受験資格

刺繍アドバイザーの試験を受けるための受験資格は、特に何もありません。

受験料

受験料は消費税込みで10,000円です。

受験申請

受験申請はインターネットからの申し込みになります。

https://www.nihonsupport.org/shikakushikenmo/

受験方法

受験方法は「在宅受験」になります。

受験は毎偶数月となります。申し込みが1月の場合は、試験期間は2月末、提出期限は末日必着となります。

2019年2月の例

・受験申込期間  2019年1月1日~1月31日

・受験票 試験問題 解答用紙発送日 随時

・資格検定試験期間 2020年2月20日~25日

・答案提出期限 2020年2月28日必着

・合否通知発送日 2020年3月20日

・合格基準

合格基準は70%以上の正答率になります。しっかりと勉強をしておかないと厳しいですね。まったくの初心者の人は、しっかりとした通信講座や教室で基本的な講座を受講した方が良いかもしれません。

刺繍デザイナーとは

刺繍デザイナーとして、構図や図案を考えたり、刺繍に関する基本的な知識、刺繍の種類や道具以外にも、刺繍の図案を読み、刺繍に合わせて作品や額縁を選ぶスキルも必要です。

フランス刺繍、クロスステッチをはじめとした様々な刺繍の種類、実際の刺し方、道具についての知識に加えて、刺繍の図案を読んだり考案するスキルが必要

刺繍デザイナーは、刺繍アドバイザーと同じようにクロスステッチをはじめとした様々な刺繍の種類、実際の刺し方、道具についての知識はもちろん、刺繍の図案を読んだり、図案そのものを考案するスキルも求められます。

自身でも構図や図案を考えたり、刺繍の柄や色合いによって適した作品や額縁を選んだりするデザイナーとしての資質も必要となります。

資格取得後は、刺繍デザイナーとして自宅やカルチャースクールで講師活動、他にも図案の考案をすることで、インターネットでオリジナルの図案を紹介することもできます。

日本インストラクター技術協会の刺繍デザイナー認定試験合格で取得できる資格

刺繍デザイナーは、日本インストラクター技術協会(JIA)主催の「刺繍デザイナー」試験に合格した人に与えられる資格です。

以前は、「刺繍クラフトインストラクター」という名前の資格でした。

試験概要

フランス刺繍、クロスステッチをはじめとした様々な刺繍の種類や刺し方を理解し実践できる、刺繍に必要な針や糸に関して、それぞれの刺繍に適した針や糸のサイズ、糸の使い方、布などの選択する知識を有していること、が求められます。

刺繍の図案を読むことができ、自身でも構図や図案を考えることも必要です。

受験資格

刺繍デザイナーの試験を受けるための受験資格は、特に何もありません。・受験料

受験料

消費税込みで10,000円です。

受験申請

受験申請はインターネットからの申し込みになります。

https://www.jpinstructor.org/insutomoushikomi/

受験方法

受験方法は「在宅受験」になります。

受験は毎偶数月となります。申し込みが1月の場合は、試験期間は2月末、提出期限は末日必着となります。

2019年10月の例

・受験申込期間 2020年9月1日~9月30日

・受験票 試験問題 解答用紙発送日  随時

・試験期間 2020年10月20日~25日

・答案提出期限 2020年10月30日必着

・合否通知発送日 2020年11月20日受験申込期間  2019年1月1日~1月31日

・合格基準

合格基準は70%以上の正答率になります。刺繍アドバイザーとは違うスキルも求められますので、しっかりとした通信講座や教室で基本的な講座を受講した方が良いかもしれません。

刺繍を仕事にしたい!刺繍に関する仕事と資格についてのまとめ

今回ご紹介したほかにも、日本刺繍の資格を取る認定講座もあります。趣味のハンドメイド資格として受講したり資格を取る人が多い、刺繍の資格です。

しかし、実際に工芸の現場では刺繍職人の年齢は高齢化しています。刺繍アドバイザーやデザイナー、講師の資格を取ったら、次は日本刺繍の講座を学んでみてはいかがでしょう。呉服店などで仕事ができるかもしれません。

留学や海外転勤する人は、現地の人に「帯どめ」や「半衿」の刺繍をプレゼントしたら、喜ばれますね。