羊毛フェルトの種類と選び方

羊毛フェルトはやさしい雰囲気が人気のハンドメイドです。誰でも簡単に作ることができ、材料も少なくて済むので始めやすいですね。でも、いざニードルフェルトを作ろうと思っても種類が多いので、迷うことがあるかもしれません。

羊毛フェルトは、手芸店やネットなどで簡単に購入することができます。羊毛フェルトの購入のときの参考になるように種類別や作品についての説明と、初めての人に向けた羊毛フェルトの選び方を詳しくご紹介します。

羊毛フェルトの品種の種類

羊毛フェルトには様々な種類がありますが、まず知っておきたい品種からご紹介します。

定番の3つ

羊毛フェルトの品種には、よく使われている3種類があります。

・メリノ

・ロムニー

・コリデール

これらの種類の違いをまとめてみましたので、購入するときの参考にしてみましょう。

メリノ

メリノ(merino)は、羊毛フェルトの中で最もよく見かける一般的な品種です。メリノの特徴は、繊維が細く柔らかです。光沢があるので艶やかで美しい仕上がりの作品になります。カラーも豊富なので、作品作りのイメージも広がり楽しむことができるでしょう。

しかし、柔らかな毛質のため、初めての人には少し扱いづらいといったデメリットもあります。きれいに仕上げるには時間がかかり、ニードルの穴も目立ちやすいです。羊毛フェルトに少し慣れてから扱う方がきれいに仕上がるでしょう。

メリノの中でも「ファイン」や「トップ」と呼ばれる羊毛は、上毛のみが使われ高品質とされています。普通のメリノと比べると細く柔らかな繊維が使用されているので、美しい仕上がりにはなりますが、まとまりが悪いので初めての人にはあまりおすすめではありません。

マフラーや帽子などのように肌に触れる作品作りに適しています。柔らかい羊毛なので、しっかりとした硬さが欲しいバッグやルームシューズには不向きです。カラーバリエーションを活かしたヘアアクセサリーもおすすめです。

ロムニー

ロムニー(romney)は、メリノに比べると少し硬めで弾力がありゴワゴワしています。ロムニーは、自然な風合いで素朴な手触りが楽しめます。発色はあまり良くないので、どちらかと言えば地味な色味になるでしょう。

ロムニーは、ごわついた質感なので、フェルト化あまり時間を必要としません。ニードル穴も目立ちにくいので初心者向けと言えるでしょう。マットやボックスなど強度が必要な作品に適しているでしょう。

コリデール

コリデール(corriedaie)は、メリノ種とリンカーンなどの長毛種を配合して生まれた羊の品種になります。そのため、メリノとロムニーの間くらいの繊維で、柔らかくてコシもある質感です。肌にも優しいのでニットなどにも人気があると言うのが特徴です。

また、どんな作品を作るのにも適しています。

その他

その他の品種も知っておくと用途に合わせて利用することができます。

植毛専用の羊毛

羊毛フェルトには、植毛専用のものが販売されています。植毛のために開発されたストレートタイプやウエーブタイプのものがあります。愛犬や愛猫などに似せて作るときは、このタイプのものを使うことで、よりリアルに毛質を表現することができおすすめです。

上記以外の羊毛や獣毛

一般の手芸店で販売されている羊毛フェルトの多くは、「毛」「ウール100%」などと表示されています。中身は、羊毛以外にもアルパカやアンゴラなどの毛が混合されていることもあります。

化学繊維

羊毛フェルトの中には、アクリルやナイロンなどの化学繊維が混ざったものがあります。中には、化学繊維100%のものも販売されています。化学繊維と言っても逆に羊毛より固まりやすくなっているので、フェルト化しやすいので初めての人にもいいでしょう。

短時間での作品作りができ、羊毛で出せないカラーのものが化学繊維にはあります。初心者向けで作品のバリエーションを広げたい人にもおすすめです。

失敗しない羊毛フェルトの選び方

扱いやすく失敗しにくい、おすすめの選び方があります。

作品に適した羊毛フェルトを選ぶ

作品作りのために、羊毛フェルトを購入しようと思ったら、作りたいものに適した羊毛を選ぶのがいいでしょう。どんな作品を作りたいかによって変わってきます。

また、マフラーや帽子などならメリノ、マットやボックスなどならロムニー、何を作るかまだはっきりしていないというなら中間のコリデールという選び方でもいいでしょう。

まずは少量を購入し試してみる

羊毛の種類がいろいろあってどれがいいのかわからないという人は、まず、少量を購入して試してみましょう。同じ種類でもメーカーによって質感が異なる場合があります。

一度使ってみるとニードルの刺さり具合や作品の完成がどのようなものなのかがわかっていいでしょう。

羊毛フェルトを購入できる場所は?

では、どこで購入することができるのか、みていきましょう。

専門店

羊毛フェルトや道具の種類も多数取り揃えている

羊毛フェルトの専門店なので、カラーがとても豊富です。

「羊毛フェルトについて詳しく聞きたい!」「こんなカラーはできませんか?」という相談もできるのが専門店のいいとことでしょう。

専門店は、羊毛に特化しているので専門店によっては、カラーの調合もしてくれます。

例えば、2色の中間色がほしいということも聞いてもらえることがあります。好みのカラーが欲しい場合は、専門店に相談してみましょう。

手芸店

専門店ほどの品揃えではないが一通り揃っている

手芸店は、手芸全般のものが揃っています。一般的な羊毛フェルトが店頭に並んでいるので初心者におすすめです。羊毛フェルトの専門店の場合にはカラーや種類が多すぎるので、悩み過ぎて選びにくい場合があります。

また、作品作りをしていると「ここにリボンを付けたいな」「パールなどを足したらおしゃれかな」というアイデアが浮かぶことがあるかもしれません。そんなときには、手芸店なら羊毛フェルト以外の手芸用品があるので、すぐに購入出来て便利です。

100円ショップ

品揃えは少ないがフェルトや道具の取り扱いあり

100円ショップは、何と言ってもリーズナブルな点が魅力です。羊毛フェルトの品数は少なめですが、取り敢えずどんな感じか試してみたいという人におすすめです。キットの取り扱いがある100均ショップなら色を選ぶ必要もなくすぐに作品作りに取り掛かることができます。

初心者向けにおすすめの羊毛フェルトは?

ロムニー…まとまりやすくて初心者向け

ごわついた繊維ですが、ニードルとの相性は抜群です。フェルト化しやすいので初めての人にはおすすめです。色味が少し地味ですが、自然な雰囲気を楽しめます。

コリデール…何を作るのにも扱いやすい

どんな作品作りにも適しています。初心者でも比較的扱いやすく肌にも優しい素材なのでおすすめです。

羊毛フェルト以外のおすすめ

水フェルト

ニードルを使うのが苦手という人におすすめなのが、「水フェルト」です。専用のソープと水を使って作ると作りやすいです。

アクリル繊維100%…羊毛よりもまとまりやすく初心者や子供にも◎

アクリル100%でできた「アクレーヌ」などがあります。羊毛フェルトと同じように動物なども作れます。水だけで茶渋も落とせるので、アクリルたわしとしても使えます。

カラーや種類がたくさん!羊毛フェルトの種類と選び方についてのまとめ

羊毛フェルトには、いくつかの種類がありますが、初心者にはロムニーやコリデールなどがおすすめです。簡単に始めるには、作品のカラーが全て入っているキットがおすすめです。参考写真も表示されているので、どんな感じに仕上がるのかも一目でわかります。

そして、ニードルフェルトを始めたいと思ったら、とにかく作ってみることをおすすめします。

始めは思った作品に仕上がらないかもしれませんが、回数を重ねていくとコツがつかめてきます。楽しみながら、ニードルフェルトの作品作りに挑戦してみましょう。