羊毛フェルトを失敗したときのやり直し方

羊毛フェルトは、ふんわりしていて癒されるそんな魅力がある反面、失敗したという人も多いようです。羊毛フェルトは、専用の針(ニードル)を使います。そのため、始めのうちは思うような形にならないこともあるかもしれません。

羊毛フェルトを作っていて失敗したと思っても大丈夫です!途中からやり直したり修正したりすることで、グーンときれいな仕上がりになっていきます。ちょっとしたコツがわかれば、羊毛フェルトも楽しく作っていけます。

では、具体的にどのようにしたらいいのかを詳しくご紹介していきましょう。

ニードルフェルトでよくある失敗と原因

失敗はつきものです。良くある失敗についてまとめてみました。事前に確認しておきましょう。

なかなかまとまらない、フェルト化しない

羊毛がまとまらず上手くいかないとかフェルト化しないなどのときがあると思います。

刺し方が足りない

羊毛フェルトは、もともとふわふわした素材です。ニードルでチクチク刺し固めることで固まってきますが、羊毛の種類によってはまとまりの悪いものもあります。

羊毛がまとまらず上手くいかないとかフェルト化しないなどのときは、ニードルの刺し方が足らない場合があります。ニードルフェルトは作品や羊毛によっては、かなり時間かかることがあります。長時間チクチクと地道な作業を続けます。

芯が柔らかすぎる

ニードルフェルトを作るときに芯材を使った場合、その芯材が柔らかすぎると、羊毛フェルトのまとまりが悪いことがあります。芯材はしっかりと固まりにしてからニードルで刺し固めておく方がいいでしょう。

表面は硬いのに中がやわらかい

羊毛フェルトをニードルで刺していると、中心と表面の硬さに違いができ、中はやわらかいのに表面が硬くなるときがあります。

刺し方が浅い

羊毛は、ニードルの刺し方が浅いと表面が硬いのに中がやわらかいということになってしまいます。ニードルを刺すときは、針がしっかりと中心まで届くように刺してください。

硬くなってしまった、針の刺し跡が残る

羊毛フェルトをニードルで刺していると、硬くなってニードルが刺さりにくくなったり、針の刺し跡がプツプツと残ったりすることがあります。

刺し過ぎ

羊毛フェルは、ニードルで刺すことで固まっていきますが、あまり刺し過ぎると硬くなったり、針の刺し跡が残ったりします。刺し跡の原因は、ニードルが太い場合もあります。その場合は、仕上げ用の細い針に変えることできれいに仕上がっていきます。

長くなってしまった

羊毛フェルトをニードルで刺していると、思ったより長くなって形がどうも違うということがあります。

固定の仕方、押さえ方

長くならないように、利き手と逆の指でしっかりと羊毛を固定してニードルで刺すようにしましょう。右利きなら、左手の親指と人差し指、または親指と中指を使って押さえるのがいいでしょう。

丸くするつもりが四角や円柱状になってしまった

羊毛フェルトは、コツがわかれば簡単ですが、始めてだと容量がわからず上手く丸にならないことがあります。丸くしようと思っても四角や円柱状など違う形になることがあります

同じところばかり刺している

ニードルの刺す場所が同じところばかりだとそこだけ固まり凹みの原因になってしまいます。丸くしようと思ったら、羊毛フェルトをこまめに回しながら、円の中心に向かってニードルを刺していきましょう。

円の表面に刺し残しがないように、全体的に刺すときれいな円に仕上がります。一部が毛羽立っていないか表面が整えばOKです。

失敗したときのやり直し方

失敗してもやり直しができるのをご存知でしたか?上手な方法をご紹介します。

なかなかまとまらない、フェルト化しない

羊毛フェルトが、なかなかまとまらずフェルト化しないと失敗したかな?と思ってしまいますよね。そんなときは、落ち着いて少しやり方を変えてみましょう。

程度手で揉んで押し固めてから針で刺す、芯を硬く巻き直す

フェルト化しづらいときは、羊毛フェルトを指先などで少し寄せ集めるようにつまんで刺してみましょう。それすらできないときは、芯が緩んでいるのかもしれません。もう一度芯を硬く巻き直してから、ニードルで刺し固めていきましょう。

範囲が狭い、まだやわらかいとき

ニードルで刺し固めてはいるけど、刺している範囲が狭かったり、まだやわらかいと感じたりしたときはどのようにしたらいいのでしょうか?

やり直したい部分をちぎり、羊毛をかぶせて刺しなおす

ある程度刺し固めてしまっても、やり直すことはできます。やり直したい箇所を手でちぎって、新たに羊毛をかぶせて刺しなおしましょう。そのとき、少しほぐしてからかぶせるときれいな仕上がりになるので試してみましょう。

丸くしたいのに角張っている場合は、角の部分を重点的に刺す

丸を作ろうとしたのに角張ってしまった場合は、角の部分を重点的にニードルで刺すといいでしょう。また、サイズが大きくなってもいいのであれば、その上にほぐしたニードルを足して刺してみましょう。

範囲が広い、硬いとき

失敗した場所の範囲が広かったり、硬かったりしたときは、思い切ってその部分を取り除きましょう。

ハサミで切り、羊毛をかぶせて刺しなおす

不要な場所をハサミで切って、ほぐした羊毛をかぶせてニードルで刺しいきます。

仕上がりの悩み

ふにゃふにゃ

羊毛フェルトが必要以上にふにゃふにゃになってしまうのは、中心の芯がしっかりしていなかったり、ニードルの刺す回数または奥まで刺せていなかったりという場合でしょう。

あとから刺しても中心部がフェルト化しにくい

羊毛フェルトの表面が硬くなってしまってからでは、ニードルが中心部分まで届きにくいので、その部分がフェルト化しにくくなります。

最初の芯の巻き方を硬くする

芯の部分が緩いとふにゃふにゃになってまとまりが悪いです。最初の芯をしっかりと固めに巻きましょう。

表面の毛羽立ち、でこぼこ

羊毛フェルトの仕上がりにありがちですが、表面が毛羽立ちすぎていたり、でこぼこになってしまったりします。

極細ニードルで刺す、浅く小刻みに刺す

毛羽立ちやでこぼこは、仕上げが十分にできていないだけです。極細ニードルで浅く小刻みに刺すだけで、仕上がりの美しさがだいぶ違ってきます。

そのほかの失敗

そのほかにも、様々な失敗があります。

装飾の失敗

パーツ、刺繍

羊毛フェルト以外にパーツや刺繍で仕上げることもあるでしょう。パーツや刺繍をもし失敗してしまったらどうしたらいいのでしょうか。

<剥がしてやり直す>

パーツや刺繍を失敗してしまったら、剥がしてやり直すことができます。そのまま付け直してもいいし、剥がしたところが気になるようなら、少しニードルで表面を整えてから付け直すといいでしょう。

作業中の失敗

針が折れる

ニードルは細いので普通の針より折れやすいです。衝撃や無理な刺し方をした場合にポキッと折れてしまいます。

<針を新しくする、石鹸でフェルト化する方法もある>

折れた針は先端部分と一緒に処分しましょう。一度折れた針は使えませんので、針を新しくしましょう。針が苦手な場合は、石鹸水を使って羊毛をフェルト化する方法もあります。

指を刺してしまう

羊毛フェルトを作っていると、必ずと言っていいほど指を刺してしまいます。注意すれば防げますが、ニードルを刺す時間が長いので慣れないうちは刺してしまうこともあります。

<指サックをする>

慣れるまで、あるいはよく指を刺してしまう人は、指サックをするという方法があります。羊毛専用の指サックなども販売されています。また、普通の指サックでも強度は落ちますが代用できるでしょう。

簡単に解決できる!羊毛フェルトを失敗したときのやり直し方のまとめ

羊毛フェルトは、失敗してもやり直すことができます。思った形にならなかったり、ふにゃふにゃだったり、そんな場合も直す方法がわかれば、きれいに仕上げることができます。仕上げに使うニードルは極細タイプがいいなど、ちょっとわかればすぐに失敗は減っていきます。

慣れてくると失敗が減っていくので、ストレスなく作業でき作品作りが楽しくなるでしょう。羊毛フェルトは、ちょっとしたコツがわかるだけで、仕上がりに大きな変化が出てきます。あなたも日々の成長が楽しみなることでしょう。