華道と生け花の違いは?フラワーアレンジメントとの違いも知ろう!

華道というと「古くさい」とか「とっつきにくい」とか、あまりいいイメージをもっていない方も多いかもしれません。華道に対して生け花というと、華道よりはなじみやすくて、ちょっと興味がもてそうなイメージですね。

このようなイメージ的な違いが、華道と生け花の違いにつながっているところもあります。

池坊では「いけばなを茶道や香道などのように道としてとらえる場合、華道と呼ぶ」と定義しています。

花を生ける人の、生ける花に対する考え方によって華道にも生け花にもなるということでしょう。

生け花とは?

江戸時代になると、それまで武士や貴族のたしなみだった華道も庶民が楽しめるようになります。

池坊でいえば、それまでの、3つのスタイルのひとつである「立花」に対して、「生花」といって型通りではなく気軽に花を生けるスタイルもでてきました。

そのころから、華道ではなく生け花が盛んになってきます。

花をいけて楽しんだり、芸術性を高めること

花を生けることは、楽しみにもなりますし、美しさを表現できるので芸術性にもつながります。

池坊によれば、求道的な意味合いよりも楽しみや芸術性といったものを「花を生ける」ことに求めるなら、それは華道ではなく「生け花」になるのです。○活け花と書かれることもあるが、意味は同じ

花を生けるという時もあれば、花を活けるという時もあります。意味としては大きな違いはありません。

ただ、「生け花」といった方が、花の命(生命)に向き合うという意味合いが強くなるイメージなので華道に近い感じはあります。

「活け花」は、花を活かすという意味合いからフラワーアレンジメントに近い印象があります。

華道とは?

日本に仏教が伝来して以来、仏壇に花を手向ける「供花」から華道が始まり、室町時代に成立し、花伝書で理論化されました。

書道や茶道のように、花を生けることを修養や自己鍛錬の場としてとらえるのが華道です。

池坊による生け花の発展の流れを汲む生け花教育

明治時代になると、京都から東京に遷都され、大名や公家に支持されていた華道も変化を余儀なくさせられます。

明治時代は西洋文化の盛んな時代でした。今までの型通りの様式美は衰退していき、家元や門下生は他の職業に転身したり、伝統文化を守っていた金沢に移住したりしました。

中期になると伝統文化が見直され、政府は生け花を教育科目に取り入れて女子に生け花教育を受けさせるようにしました。華道教授として池坊の家元が招かれ、華道は復興します。

生け花教育のおかげで、生け花をする女性が急増していきました。

生け花の意味に加え、礼儀作法や精神修養を重んじる

武家社会では、武士のたしなみだった華道は、武士道のために礼儀作法や精神修養を重んじられました。

明治時代の女性への生け花教育としても、生け花の技法だけではなく礼儀作法にもお重きを置きました。

生け花を鑑賞する前には一礼をして正面から鑑賞し、終わったらまた一礼をするといったしきたりや礼儀作法を重んじることで女性の良妻賢母の教育の一環として、華道は位置づけられたのです。

花道と書かれることもあるが、意味は同じ

華道と花道は同じ意味ですが、華道の「華」は仏教の法華経や華厳経にも通じる字なので、使う時には花道よりも意味が深くなりがちです。

生け花と華道のイメージ的な違い

書道をお習字と言ったり、茶道をお茶と言ったりするように、華道を生け花というと、少しくだけた日常的な使い方になって誰でも気軽にとっつきやすくなります。

こんなイメージとしての違いが定着してしまって、日本文化としての華道のイメージが固まってしまうのはもったいないといえます。

生け花

生け花のイメージとしては、軽くてシンプル、誰でも気軽にできて自由に生けられるといった感じですね。

趣味的に、自由に楽しむもの

池坊でいえば、昔からの型通りの立花からシンプルで軽い生花に移ることで、より気軽に趣味的に、自由に楽しむものになります。

さらに、自由花になると前衛的な生け方も生まれてきます。

華道

生け花を「道」ととらえると華道になると、池坊では定義しています。

流派のしきたり「型」に乗っ取って生ける

江戸時代になると、武士や貴族のたしなみだった華道も経済力をつけた町人も楽しめるようになり、それにともなって池坊以外にもたくさんの流派が生まれます。それぞれの流派にはしきたりがあって、決まった型にのっとって生けるのが華道の基本です。

精神性が求められる求道的な位置づけ

書道や茶道、武道のように精神性が求められる求道的な位置づけとして華道があります。

花の命を尊び、客人をもてなし、稽古を重ねて内面を磨く

そのため、花の命を尊び、客人をもてなし、稽古を重ねて内面を磨くことが必要というイメージが華道には定着しています。

華道とフラワーアレンジメントの違い

フラワーアレンジメントは明治時代になって西洋文化が日本に入ってきてから、テーブルの上や部屋を飾るインテリアのひとつとして発展していきます。

華道は日本独自の発展を遂げ、日本人の美意識に沿った様式美や形式美を追求して生まれたものです。

それぞれ独自性をもっていますが、最近では、生け花がどんどん自由な生け方を認めるようになって前衛的な生け方もみられるようになってきました。

本来であれば華道では使わない西洋花も、花材として取り入れるようになっています。

また、華道を教える人がフラワーアレンジメントも教える場合もあって、表現が多様化していき、境目や違いがなくなりつつあります。

フラワーアレンジメント

日本では最初、フラワーアレンジメントの取り入れ方は、テーブルや部屋を飾るインテリアの一部としての取り入れ方でした。最近では芸術としての位置づけもしっかりされています。

ビジュアル面に重きを置く

生け花が正面から見えるところに重きを置くのに対して、フラワーアレンジメントは360度どこからでも綺麗に見えるようにビジュアル面に重きを置きます。

足し算の美学、花材をたくさん使用する

また、フラワーアレンジメントは空間をいかに綺麗に埋めていくかという「足し算の美学」といわれ、花材をたくさん使用することが特徴です。

そのため、3次元的(立体的)といわれています。

華道

華道は室町時代に成立し、理論としてもまとまります。

ただ、江戸時代以降、さまざまな流派や分派が生まれ、技法や成り立ちも華道としてひとくくりにできなくなっているのが現状です。

引き算の美学、空間や間も楽しむ

とはいっても、剣山を使って少ない花材で豊かな空間を作るという基本は「引き算の美学」として、また、空間や間を楽しむ空間芸術として維持されています。

華道と生け花の違いは?フラワーアレンジメントとの違いもみてみようのまとめ

室町時代に成立した華道は、時代に合わせて裾野を広げ表現の幅も広がり、流派によっては前衛的な作品もみられるようになっています。

現在は、使う花材も広がりフラワーアレンジメントとの境目すら曖昧になってきて、前衛的な作品も多くなっています。

草月流にいたっては、華道という言葉も使わず、作品を作る人は華道家ではなく「生け花作家」と呼ぶことがあります。華道という言葉自体、今後どうなっていくのかわかりません。

ただ、言葉以前に、花を生けるという行為そのものは昔からずっと変わらず続いているのは確かです。その面からみれば、日本では、ずっとこの先も形が変わっても華道が連綿と続いていくのではないでしょうか。

今後は、生け花も華道もフラワーアレンジメントも超えるスーパー「花師」が誕生するかもしれませんね。