華道の発祥は仏教から!室町時代から今日までの華道の歴史をひもとこう

華道というよりも、花を器に生ける生け花といった方がわかりやすいですね

ほとんど同じような使われ方ですが、華道の方が生け花よりも修養や自己鍛錬など仏教的な求道の面があります。

書道をお習字、茶道をお茶ということがあるように、華道を誰にでもわかりやすく花を生ける「生け花」として発展させてきたからかもしれません。

華道は、剣山を使って決まり事に沿って花を生けていく古風な生け花というだけではなく、いまではかなり自由な作風の流派もあります。

そんな華道の歴史をここではみていきましょう。

華道とは?

日本には、四季があって四季それぞれの草花が楽しめます。華道は、そんな草花を四季に応じて花器に挿して美しく表現して鑑賞する日本文化のひとつです。

とはいっても、花器に挿すということは草花の命を切ることです。命と向き合うという仏教的な側面も華道にはあります。

日本発祥の芸術

仏前に供える「供花」から発展したといわれる華道は、その様式美や形式美は日本独自のものです。日本人の美意識から生まれた日本発祥の芸術です。

室町時代の書院造りの床の間に飾ることで盛んになっていき、江戸時代には庶民の間でも楽しめるようになっていきます。

草花や木枝を組み合わせて花器に挿し、その美しさや四季、命の尊さを表現・鑑賞する

四季折々の草花や木枝を、どういうふうに生けたら、その草花のもつ生命の美しさを表現できるか、というのが華道の様式美や形式美につながっています。

草花の命を切るわけですから、その分、その草花の美しさを表現しなくてはいけません。生ける本人の美意識ではなく、草花の命を主体にしたものが華道ともいえます。

礼儀作法や心身の鍛錬も追求する

草花の命に向き合うということで、仏教的な礼儀作法や自己鍛錬にもつながっていきます。切られた草花の命を美しく生けるためには、生ける人の心構えから変わっていくことが大切です。

華道の「華」は法華経や華厳の滝で有名な華厳経などの「華」にも通じていて、仏教と密接に結びついています。

多くの華道家が生け花の技術を追求し、さまざまな技法・流派が生まれた

江戸時代になって庶民も華道を生け花として楽しめるようになると、さまざまな流派が生まれてきます。

自分が生け花を楽しむために花を生けて、それを人に認めてもらえれば、その技法が代々伝わっていきます。長く受け継がれていくことで、流派となって残ります。

華道の起源

四季それぞれの花や草花を楽しめる日本では、飛鳥時代からすでに花を生けて観賞することが行われていたともいわれています。

日本で最古の和歌集といわれている万葉集にも、花を詠んだ和歌がたくさん収められていることからもわかりますね。

発祥時期は明確ではない

正確な発祥時期はわかりません。万物に神が宿るという日本人の古来の信仰が、神が依るところ(よりしろ、依代)として常緑樹を信仰していたこともあったようです。

起源は仏教に由来すると考えられる

華道としての起源は、仏教伝来以降といわれています。仏教伝来は538年なので、飛鳥時代という日本の歴史の黎明期から、すでに花を生けるということがあったわけです。

仏前に備える供花の風習が華道の元となったという説も

仏教伝来以降、仏前に備える供花の風習が一般的になり、華道の起源となったと考えられています。

供花も仏教発祥のインドでは蓮の花に決まっていますが、四季がある日本では四季に応じた花が供花としてお供えされていました。

最も古い華道の家元、池坊(いけのぼう)の初代・池坊専慶は僧侶

華道として成立したのは室町時代です。

六角堂の僧侶だった池坊専慶が生けた花の美しさが京都で評判になり、仏前供花の枠を超える花として華道が成立したといわれています。

六角堂とは聖徳太子が建立したとされ、生け花発祥の地といわれるお寺です。

この六角堂のそばに聖徳太子が沐浴されたという池があり、僧侶は当時、池のそばに住んでいたということで池坊と名付けられました。

最も古い華道の家元、池坊(いけのぼう)の初代として僧侶の池坊専慶の名前が挙がります。

生花の成立は室町時代

室町時代は長いので前期と後期に分かれて、生け花が発展していきます。

前期:生花の成立

室町時代は、中国の明と貿易が盛んで唐物と呼ばれる中国の陶磁器や絵画が日本にもたらされました。

そんな唐物の器に合うように花や枝の挿し方が工夫されるにつれ、「生け花」としての様式が生まれてきます。

床の間の原型となる押板や違い棚などのある建築様式「書院造り」がはじまる

唐物に合うように、床の間の原型となる押板や違い棚などのある建築様式「書院造り」が建立され、そこに花瓶が置かれるようになりました。

壁に接している床の間に飾るため、決まった方向から見ることを前提とした生け花になります。同時に、草花にも人間と同じ命が宿るという思想と合わさって華道という日本文化が生まれました。

仏の三具足が整備され立て花がはじまった

床の間を飾る座敷飾りの方法として、仏の三具足(花瓶、香炉、燭台)が整備され、立て花(たてはな)が始まり、室町時代後期に立花(りっか)へと発展していきます。

池坊専慶の登場

室町時代前期には池坊専慶が登場します。東福寺の禅僧の日記「碧山日録」に残る記録によると、寛正3年(1462)、六角堂の僧侶・池坊専慶が武士に招かれて挿した花が京都で評判になったそうです。

後期:生け花理論の確立

東福寺の禅僧の日記「碧山日録」に残る記録

室町時代後期になると、花の技法だけではなく思想も盛り込んだ生け花理論が確立され、池坊に伝わる「花王以来の花伝書」として、立て花以外にもさまざまな花が描かれています。

これは現存する最古の花伝書で、池坊専慶以降の生け花の姿が描かれている記録になります。生け花の発展と池坊

室町時代に成立した生け花は、時代を経て時代に合わせて変化、発展して現在まで続いています。

立てる花(立花)から生ける花(生花)へ、さらに盛花へ、自由花へと変化していきます。

安土時代~江戸時代前期

豊臣秀吉による天下統一がなされた後、武家屋敷の床の間には池坊の花が飾られ池坊が盛んになっていきます。

池坊専好による池坊の地位確立

立花が大成・普及した時代で、立花師として名をはせた池坊専好により池坊の地位が確立されました。

江戸時代中期

立花が流行する中、生花がうまれる

江戸時代中期になると経済力がある町人にも立花が流行する中、生ける花として生花(しょうか)が生まれます。

生花は、最初は軽やかな「なげいれ花」とも呼ばれていましたが、18世紀の中頃、格調高い花として整えられ、生花と呼ばれるようになります。

江戸時代後期

江戸時代後期になると、池坊専定による立花の革新や生花の地位が向上して門弟が急増します。女性も入門し、国ごとに組織が整備されるぐらい発展します。

池坊専定による立花の革新

池坊専定による立花の革新とは、自然の枝振りを生かす今までの技法ではなく、幹を切り継いでいって理想的な樹形を作る「幹作り」にしたことです。

生花入門も新設されたこともあって、池坊の門弟数が数万人規模に増大します。

明治時代~昭和初期

京都から東京に遷都されることで、池坊も変化を余儀なくさせられます。

池坊専正が定めた正風体の導入

より習いやすく教えやすい花形として、池坊専正が定めた正風体を導入して生花正風体と立花正風体としました。

生花正風体は真(しん)・副(そえ)・体(たい)の3つの役割をもつ枝(役枝)を使って生けていく技法で、立花正風体は7つあるいは9つの役枝を基本に生けていくものです。

生活の洋風化に応じた投入・盛花が成立

明治時代以降の生活の洋風化に応じた投入(なげいれ)・盛花(もりばな)も成立して、女性に対する生け花教育も盛んに行われていきました。

以降

今日に至るまで生け花は海外にも広まり、外国人も習い事として習うようになってきています。池坊の技法は時代に適応して、今後も発展を続けるでしょう。

華道の発祥は仏教から!室町時代から今日までの華道の歴史をひもとこうのまとめ

日本では生け花の歴史は古く、いまだに華道として廃れずに日本文化の一翼を担っています。

池坊も分派でたくさんの流派があって、フラワーアレンジメントやプリザーブドフラワーを一緒に教えているところもあります。

これからのAIの時代で、華道はどうなっていくのでしょうか。

予測はつきませんが、花が美しく四季に応じた草花がある限り、花を生けるという人の行為は変わらないはずです。

花の命に向き合う生け花、華道を一度は体験してみることをおすすめします。