ドッグトレーニングアドバイザー認定試験

ドッグトレーニングアドバイザー資格検定

ドッグトレーニングアドバイザーとして、家庭の犬のしつけについて基礎的な知識・トレーニングの手順の知識を有していることを認定されます。例えば、アイコンタクト・ハンドサイン・おすわり・伏せ・待て・おいで・甘噛み・玄関のチャイムや来客への対応・室内トイレ・屋外用トイレ・散歩などのトレーニングに関するスキルを有していることが証明されます。例えば、アイコンタクトの場合、まずはオヤツでトレーニングし、次は名前を呼び、合図といったトレーニングの訓練手順を確実に身につけていることが証明されます。
資格取得後は、ドッグトレーニングアドバイザーとして活躍でき、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。

ドッグトレーニングアドバイザー資格検定 試験概要

受験資格特になし
受験料10,000円(消費税込み)
受験申請インターネットからの申込み
受験方法在宅受験
合格基準70%以上の評価

資格試験内容

家庭の犬や猫の繁殖や改良について基礎的な知識・ブリーダーとしての業務の知識を有していることを認定されます。例えば、ブリーダー開業に必要な設計・設備、開業準備、開業費用の目安(犬や猫の仕入れなど)、ブリーダーの経費と収入、宣伝や告知方法、ブリーダー業一日の流れ、ブリーダーの種類、健康管理(お手入れ、狂犬病、混合ワクチン接種)、交配の方法(外部委託、人工授精)、交配ビジネス、オークションの仕組み、ペットショップとの取引、個人顧客との直接売買、時期による価格変動、流行犬種の繁殖、ブリーダーの生産者責任などブリーダーとしてのビジネスに関する知識などが問われます。

受験申込み

ドッグトレーニングとは

近年、多くの方が犬や猫などのペットを飼うようになり、特に人気なのが、ペットの約半数を占める犬です。一口に犬と言っても、その種類は様々で、体の大きさ、性格、食事、飼育環境などに違いがあること、また、犬と人間が共同生活をする上では、犬種に応じた育て方や躾け方をする必要があると言えます。そこで、現在注目を浴びている仕事が、初めて犬を飼う方や犬の躾に悩まれている方に、犬の飼育方法や躾け方に関するアドバイスをしたり、実際に飼い主に代って犬に躾を行うドッグトレーニングです。
ドッグトレーニングとは、犬の訓練という意味になりますが、もともと犬は賢く、飼い主に忠実な性格の持ち主です。その為、正しい躾やトレーニングを犬に施すことによって、飼い主の言う事を聞くようになったり、散歩、無駄吠え、トイレ、待て、お座り、などが出来るようになります。また、ドッグトレーニングでは、犬だけでなく、飼い主に対しても指導を行います。いくらトレーニングをつんだ犬であっても、飼い主が犬に対する知識や理解がなければ、トレーニングによって得たスキルを維持することができないからです。犬が安全に健やかに生きていく為の手助けの一つがドッグトレーニングと言えます。

ドッグトレーニングの方法

ドッグトレーニングを行う目的には、仔犬の時期に基本的な躾を身に付けさせる場合と、何らかの問題行動のある犬にトレーニングを行う場合と、大きく2パターンに分けられます。犬にとって社会化期と言われる仔犬時(生後3週~12週)に行うドッグトレーニングは、犬の一生を左右する大切なトレーニングと言われており、この時期に身に付けた躾は、長期に渡り、躾が継続すると言われています。仔犬の躾としては、まずは基本的なトイレの仕方や場所、散歩の仕方、食事のルール、留守番時の待ち方、来客との接し方などを教えます。まだ人間と共同生活をしたことのない仔犬ですので、一から丁寧に指導する必要があると言えます。そして、問題行動のある犬のトレーニングでは、年齢に関係なくトレーニングを行います。無駄吠えが多い、噛み癖がある、飼い主の言葉に従わない、散歩ができない、トイレで用が足せないなど様々です。ドッグトレーニングでは、これらの問題行動に対して、なぜ出来ないのか?という考察から始め、そして、その犬に合ったトレーニングを、飼い主に代ってプロが専門的な知識を用いてトレーニングを行います。
ドッグトレーニングの本質は、単に躾をすることではなく、犬が人間社会でストレスを感じることなく生活がしていける為のトレーニングでもあります。

試験実施日程

2019年2月資格検定試験

受験申込期間2019年1月1日~1月31日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
資格検定試験期間2019年2月20日~25日
答案提出期限2019年2月28日必着
合否通知発送日2019年3月20日

2019年4月資格検定試験

受験申込期間2019年3月1日~3月30日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
資格検定試験期間2019年4月20日~25日
答案提出期限2019年4月30日必着
合否通知発送日2019年5月20日

2019年6月資格検定試験

受験申込期間2019年5月1日~5月30日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
資格検定試験期間2019年6月20日~25日
答案提出期限2019年6月30日必着
合否通知発送日2019年7月20日

2019年8月資格検定試験

受験申込期間2019年7月1日~7月31日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
資格検定試験期間2019年8月20日~25日
答案提出期限2019年8月28日必着
合否通知発送日2019年9月20日

2019年10月資格検定試験

受験申込期間2019年9月1日~9月30日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
資格検定試験期間2019年10月20日~25日
答案提出期限2019年10月30日必着
合否通知発送日2019年11月20日

2019年12月資格検定試験

受験申込期間2019年11月1日~11月30日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
資格検定試験期間2019年12月20日~25日
答案提出期限2019年12月30日必着
合否通知発送日2020年1月20日

受験申込み

資格取得で目指せる職業

ドッグトレーニングアドバイザー

犬の世話や訓練方法を学んだのなら、「ドッグトレーニングアドバイザー」の仕事に就くことがおすすめされます。仕事として問題行動を直し、日常生活に馴染ませるトレーニングを行うことで、多くの犬を幸福にすることができるでしょう。犬の飼育には躾が欠かせないという認識は多くの飼い主が持っているものですが、実際にどのような躾・トレーニングをするべきなのかわからない人も多いです。ドッグトレーニングアドバイザーはそういった飼い主たちをサポートする、専門職として活躍できるでしょう。
ペット市場は拡大傾向を続けているため、自宅でペットを飼育する人は今後も増えていくと予想されます。そのため飼育を手助けするドッグトレーニングアドバイザーのような職業も、合わせて需要が高まっていくと考えられるでしょう。動物関係の職業に興味があり、そのなかでも特に犬のトレーニングに関わりたいと思えるのなら、ドッグトレーニングアドバイザーへの就職を検討してみてください。犬のトレーニング関連の資格を取得することで、就職時に有利なアピールを行うことができます。ドッグトレーニングアドバイザーを目指すのなら、専門資格は優先して学んでいくといいでしょう。

ドッグトレーニングアドバイザーの平均年収

450万 ~ 450万円

ドッグトレーニングアドバイザーの仕事内容

ドッグトレーニングアドバイザーの仕事には、犬の躾・トレーニングに関わるあらゆる業務が含まれます。犬と触れ合う可能性がある職場でなら、ドッグトレーニングアドバイザーとして活躍することができるでしょう。飼い主との上下関係やトイレトレーニング、その他人間との生活を快適にするための躾が、ドッグトレーニングアドバイザーに求められる基本的な仕事です。依頼主となるペットの飼い主がどのような行動に困っているのか、どういった改善を望んでいるのか。ケースごとに解決策を提示していくことができれば、優秀なドッグトレーニングアドバイザーとして働いていくことができるでしょう。
純粋に犬のお世話をしたり、健康管理をサポートしたりすることも、ドッグトレーニングアドバイザーの仕事となり得ます。まずは基本的な知識を熟知して、滞りなく世話の手助けをできるように備えておくのがコツです。ドッグトレーニングアドバイザーはその場で犬の躾をするだけでなく、飼い主にトレーニングのイロハを教えるのも仕事になります。トレーニング方法を具体的にアドバイスして、犬の躾に詳しい人を育てることも可能となるでしょう。

犬のしつけインストラクター

飼育時に必要となる躾について深く学んだ人は、「犬のしつけインストラクター」として働くことができます。躾は飼い主の多くが飼育の際にぶつかる悩みであり、ときには日常の負担になることもあるのです。そのため犬のしつけインストラクターのようなドッグトレーニングの専門職は、大きなメリットを与えられる仕事になるでしょう。躾のためになる書籍や情報はたくさん閲覧できますが、そのすべてを上手に取り扱い、目の前のペットに応用するのは至難の業です。実際に犬の躾を成功させるには特殊なスキルが必要となるので、その分野に特化した犬のしつけインストラクターの需要はこれからも高くなるでしょう。
犬の飼育に悩んでいるけれど、誰に相談すればいいのかわからない。犬のしつけインストラクターは、その名称がわかりやすく職業スタイルを表しているので、そういった悩める飼い主たちにとっての魅力となるでしょう。専門資格を取得している方がその分能力の高い人材として見られるため、犬のしつけインストラクターとして本格的に働くのであれば資格勉強がおすすめです。

犬のしつけインストラクターの平均年収

450万 ~ 450万円

犬のしつけインストラクターの仕事内容

犬のしつけインストラクターは、犬に対する躾の方法や関連アイテムの知識を提供し、豊かなペットとの共生をサポートするのが仕事です。ハーネスやトレーニング器具の利用方法や、具体的な躾術の伝授が、一般的な業務となるでしょう。躾ができないままでは楽しくペットと暮らすことは難しく、ときには多くの我慢を強いられる可能性もあります。犬のしつけインストラクターはそういったペットと飼い主のトラブルを解決し、関係性を近づけるのが仕事となるでしょう。
犬の種類や性格によって、求められる躾方法は変わってきます。しかし多くの場合、飼い主がひとりでペットの性格を見抜き、それに合わせた躾を実行するのは難しいでしょう。犬のしつけインストラクターの仕事では、そういったペットごとの個性を判別して躾方法を変えるという、高度な技術も必要となります。ただマニュアルに任せるのではなく、自分の経験や感覚を信じて仕事をすることが、継続した就労のコツとなっていくでしょう。

ペットショップ

動物の飼育と販売を行う「ペットショップ」でも、ドッグトレーニングアドバイザーをはじめとした関連資格は有効に働きます。犬の躾やトレーニングを熟知しているのならば、ペットショップでも、特に犬に関わる分野でその能力を発揮することができるでしょう。販売して終わりではなく、近年はその後の飼育に関するケアもペットショップの重要な役割となっています。そのため具体的な事例や知識を用いてトレーニングのアドバイスを行える人材は、特別な従業員として扱われるでしょう。
ペットショップという職場にはさまざまな動物がいるため、ペット全般に関する広い知識が求められます。しかし同時に特定のペットに対して突出した、深い知識も必要となるのです。ドッグトレーニングアドバイザーの資格を持つのなら、突出した知識を有する人として、ペットショップに就職することができます。就職がしやすくなるだけでなく、就職した後も働きやすくなるため、興味があるのなら早めの資格取得を目指しましょう。

ペットショップの平均年収

450万 ~ 450万円

ペットショップの仕事内容

ペットショップでは、販売する犬や猫の世話を基本とし、その他さまざまな雑務が仕事になり得ます。食事の提供やブラッシング等の健康管理、そして飼育アイテムの販売を行うことが、毎日の業務となってくるでしょう。ペットショップでは通常複数の動物が飼われているため、それらの作業を並行して行う必要も出てきます。ときには優先順位を定めて、テキパキと仕事をこなしていくことが、ペットショップで働くコツとなるでしょう。ドッグトレーニングアドバイザーの資格を持って入社した場合、犬に関連する業務を期待されることが多いと思われます。期待に応えられるように、資格で学んだことに合わせて、さまざまな知識やスキルをプラスしていきましょう。
ペットの購入を考えて来店したお客様への接客や、アドバイスを行うのもペットショップ店員の仕事です。ドッグトレーニングアドバイザーのような特別な知識があるのならなおさら、ペットショップ店員として働きやすくなることでしょう。ペットを飼う際に感じられる不安を解消することができれば、お店の売上と、飼い主とペットの幸福に貢献することができます。仕事中は積極的に関連知識を用いて、ペットショップ店員としての職務を遂行していきましょう。

ペットトレーナー

「ペットトレーナー」の仕事に就く場合も、ドッグトレーニングアドバイザーの資格を取得しておくことがおすすめです。近年日々の飼育をスムーズなものとしてくれるペットトレーナーの仕事には注目が集まり、利用する飼い主が増加しはじめています。しかし仕事が多いのは基本的にペットトレーナーとして優秀な能力を持つ人であり、特別な資格を有する人ばかりです。そのためペットトレーナーとして生計を立てていくのなら、関連資格を取得して優秀なトレーナーであることを客観的にアピールできるようにしておきましょう。
ペットトレーナーの職場は専門学校やスクール、その他警察犬や盲導犬を育てる機関など、さまざまとなっています。そのため就職時は幅広い業界をチェックして、そのなかから自分にピッタリの場所を見つけるようにしましょう。犬や猫といったペットたちは、もはや私たちの生活に当たり前の存在となっています。だからこそ少しでもその関係を良好に保ち、快適に暮らしていくサポートができるペットトレーナーは、多くの職場で求められるのでしょう。

ペットトレーナーの平均年収

450万 ~ 450万円

ペットトレーナーの仕事内容

ペットトレーナーは、飼育に役立つ知識を飼い主に伝えたり、実際にペットを躾たりすることが、基本的な仕事となります。直接的にコミュニケーションを取ることが多いので、順序立てて話ができるように普段から準備をしておくのがコツです。またどのようなペットを担当することになるのかはわからないので、多くの知識を身につけて対応できる範囲を広げるように努力しましょう。
複数のペットのスペシャリストとなれれば、多くの職場でそのスキルを活かすことができます。もちろん犬だけに特化した能力もペットトレーナーには魅力的なものとなるので、就職をするのなら資格の勉強を進めていきましょう。ドッグトレーニングアドバイザーの資格があれば、犬をメインとした仕事を行える可能性は高くなります。そのため犬に関する業務に興味があるのなら、事前に専門資格を取得して仕事の方向性をある程度決めておくのがおすすめです。

受験申し込み

受験を希望される方は以下の申込みページからお申込み下さい。

受験申込み