和菓子文化コーディネーター認定試験

和菓子文化コーディネーター資格検定

和菓子文化コーディネーターとは、和菓子に関する幅広い知識を身に着けているだけでなく、日本各地の郷土和菓子についての知識を有していることを証明する資格です。郷土菓子の誕生した土地の文化や背景、歴史に関する知識などが求められます。また、和菓子とお茶、京菓子と江戸菓子の違い、ぼたもちとおはぎの違い、汁粉とぜんざいの違い、桜餅と道明寺の違い、おかきとあられとせんべいの違いなど、和菓子に関する文化的な歴史と背景を明確に理解し、それぞれの季節や行事に合わせた菓子を適切に選ぶことのできる知識を有していることを証明する資格です。菓子作りが好きな方や、日本文化や行事に和菓子を楽しみたい方などに人気の資格です。

和菓子文化コーディネーター資格検定 試験概要

受験資格特になし
受験料10,000円(消費税込み)
受験申請インターネットからの申込み
受験方法在宅受験
合格基準70%以上の評価

資格試験内容

和菓子の歴史/和菓子の材料/季節の和菓子(春)/季節の和菓子(夏)/季節の和菓子(秋)/季節の和菓子(冬)/西洋の文化を取り入れた季節の和菓子/人生の節目の和菓子/和菓子分類(生菓子)/和菓子分類(半生菓子)/和菓子分類(干菓子)/和菓子の用途別分類(並生菓子、茶菓子など)/和菓子の由来 練り物/和菓子の由来 打ち物 押し物などの知識が問われます。

受験申込み

試験実施日程

2019年2月資格検定試験

受験申込期間2019年1月1日~1月31日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
資格検定試験期間2019年2月20日~25日
答案提出期限2019年2月28日必着
合否通知発送日2019年3月20日

2019年4月資格検定試験

受験申込期間2019年3月1日~3月30日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
資格検定試験期間2019年4月20日~25日
答案提出期限2019年4月30日必着
合否通知発送日2019年5月20日

2019年6月資格検定試験

受験申込期間2019年5月1日~5月30日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
資格検定試験期間2019年6月20日~25日
答案提出期限2019年6月30日必着
合否通知発送日2019年7月20日

2019年8月資格検定試験

受験申込期間2019年7月1日~7月31日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
資格検定試験期間2019年8月20日~25日
答案提出期限2019年8月28日必着
合否通知発送日2019年9月20日

2019年10月資格検定試験

受験申込期間2019年9月1日~9月30日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
資格検定試験期間2019年10月20日~25日
答案提出期限2019年10月30日必着
合否通知発送日2019年11月20日

2019年12月資格検定試験

受験申込期間2019年11月1日~1月30日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
資格検定試験期間2019年12月20日~25日
答案提出期限2019年12月30日必着
合否通知発送日2020年1月20日

受験申込み

資格取得で目指せる職業

和菓子文化コーディネーター

和菓子文化コーディネーターは、日本に古くからその製造方法が伝わり、伝統的なお菓子として親しまれている和菓子について、和菓子の種類、和菓子の作り方、季節によって食べられる和菓子、和菓子に使われる原料や材料など、和菓子に関する広い知識を有した方です。和菓子は和菓子職人の手によって作られ、伝統的な工法を使い、素材が持つ味や色素を活かしながら、様々な細工を施すことで見た目も美しく、職人ならではの技術をふんだんに使って作られています。昨今では、その見た目の美しさや、洋菓子に比べ油分が少なく、バターや生クリームを使わないヘルシーさが好まれ、外国の方からも人気が高まっています。和菓子と一口に言っても範囲は広く、餅菓子、羊羹、饅頭、最中、落雁に加え、唐菓子、南蛮菓子なども含まれ、和菓子店では様々な和菓子を買う事ができます。和菓子の特徴として、米・麦などの穀類、小豆・大豆などの豆類、くず粉などのデンプンや寒天、そして砂糖を主原料としたものが多く、特に豆を加工して作る餡が和菓子の重要な役割を担っています。和菓子文化コーディネーターでは、和菓子に関する知識を用いて、和菓子の食べ方、和菓子に合う緑茶、季節や節句に食べる和菓子、また新しい和菓子などの創作活動を行っています。

和菓子文化コーディネーターの平均年収

360万 ~ 380万円

和菓子文化コーディネーターの仕事内容

和菓子文化コーディネーターは、和菓子の種類、作り方、食べ方などに関する深い知識を有しており、その知識を活かして、和菓子作りを趣味としたり、和菓子屋などに勤めて和菓子の販売活動などを行っています。また、和菓子文化コーディネーターの中には、和菓子職人として実際に和菓子を作られている方もいます。クリスマスや誕生日にケーキを食べるように、和菓子にも節句や年間行事、慶弔事に和菓子を食べる習慣があります。そして、季節毎に採れる食材を使ったものや、使用した素材をあしらった形の和菓子を作るなど、洋菓子に似た文化も備わっていると言えます。和菓子文化コーディネーターは、購入される方の用途に応じた和菓子の提案、その時々で旬な素材を使った和菓子の提案、また、和菓子は一般に緑茶に合わせることを想定して作っている為、和菓子に合う緑茶の提案などをしながら販売ができる強みがあります。近年は、日本の伝統美の象徴とも言える和菓子の美しさや、甘すぎず素材の味を活かした製造方法などが、諸外国から評価され、世界的に人気が高まっています。和菓子に関する知識を活かすことのできる和菓子文化コーディネーターは、趣味だけに留まらず将来性のある資格と言えます。

和スイーツセレクトマイスター

和スイーツセレクトマスターは、和菓子の日本の伝統的なお菓子として、また和菓子に施される細工の美しさなどによって世界的に注目され、和菓子を和スイーツとして捉えています。和スイーツセレクトマスターは、和菓子に関する知識として、和菓子の種類、和菓子の分類、和菓子に使用される材料、和菓子の作り方などを習得している方です。日本における和菓子の歴史は古く、伝統的な菓子として親しまれており、全国各地域によって製造方法や工法に様々な発展がされてきました。その故、現在の和菓子には多くの種類があり、打ち物・押し物・流し物・饅頭・蒸し物・岡物などのように分類されていることや、使用する餡や材料の違い、作り方の違い、地域の違いなどによって名称も様々です。また、郷土菓子としても親しまれており、その地域で採れる産物を使用した和菓子などもあります。和スイーツセレクトマスターでは、和菓子に使用される小豆、上白糖、三温唐、和三盆、もち粉、道明寺粉などの材料や和菓子作りに使用される道具などに関する知識も有しており、和菓子の専門的な知識を有したスペシャリストとして活躍されています。和菓子が好きな方、和菓子の文化に興味がある方にとっては、有益な資格と言えます。

和スイーツセレクトマイスターの平均年収

360万 ~ 380万円

和スイーツセレクトマイスターの仕事内容

和スイーツセレクトマスターは、和菓子に関する広く深い知識を有しており、その知識を活かして、和菓子屋で働いたり、実際に和菓子の製造に携わっている方が多くいます。和菓子屋は大きく分けて、おはぎ・饅頭のような生菓子、甘納豆・最中のような半生菓子、かりん糖・せんべいなどの干菓子、練りきり・羊羹・こなしのような上生菓子の四つに分けることができます。それぞれに和菓子としての特徴があり、製造方法は大きく異なります。また近年では、和菓子という伝統や概念に囚われることなく様々な多様化が図られ、洋のテイストを取り入れた一つのスイーツとして発展しているという側面もあります。大福の中にイチゴを入れたイチゴ大福、饅頭の餡の代わりにクリームやチョコレートを入れた饅頭、アニメのキャラクターを模った饅頭などは、その最たるものといえます。和スイーツセレクトマスターは、和菓子の良いところや、伝統的な工法を活かしつつ、新たな創作和菓子を創作することができます。私たちの生活に溶け込んでいる和菓子、海外からの人気も高まっている和菓子は、これからも更なる発展が見込めると予想されます。和菓子をより楽しみたい方、和菓子に携わる仕事をしたい方は、和スイーツセレクトマスターを目指してみてはいかがでしょうか。

和菓子製造業

和菓子製造業では、様々な和菓子を製造しておりますが、大きく四つに分けることができる和菓子では、それぞれに工程や製造方法に大きな違いがあります。流し物・餅物・練り物・蒸し物など、生の風味を活かし、しっとりとした食感の生菓子、落雁・あめ・せんべいなど、硬く乾燥された干菓子、最中のように外側が乾いて内側がしっとした半生菓子、羊羹や練り切りのように、しっかりとした食べ応えのある食感の上生菓子があります。和菓子の特徴の一つに、季節や節句、慶弔事に応じた和菓子を頂くという風習があります。そこで、和菓子製造業では、季節毎に採れる食材を使った商品を作ったり、節句の時期に合わせた商品を作ること、そして一年を通じて定番とも言える商品を作る必要があると言えます。また、近年の和菓子には、様々なテイストが加わっている商品が増え、現代風にアレンジされたものも珍しくなく、様々な工夫により新たな商品を生み出すことができる分野と言えます。また近年は、インターネットの普及や通信販売の需要が高まり、全国から注文が来るようになりました。消費期限の長期化への工夫なども和菓子製造の課題の一つではありますが、販売網は今後も広がっていくことが予想される業種であり、将来性の高い業種でもあります。

和菓子製造業の平均年収

400万 ~ 420万円

和菓子製造業の仕事内容

和菓子製造業では、生菓子、半生菓子、干菓子、上生菓子を中心に和菓子の製造を行っています。和菓子を製造するには様々な材料を使い、代表的なものとしては、小麦粉・片栗粉・うるち米・もち米・麦・玄米・蕨・葛・大豆・砂糖などが挙げられます。また、郷土菓子として地域に親しまれていることから、その地域で採れる作物や原料を使うことも和菓子を楽しむ上では醍醐味の一つでもあります。和菓子文化コーディネーターは、和菓子に関する知識を活かして、和菓子の製造に携わっている方も多く、季節ごとに採れる作物を使った和菓子、用途に応じて頂く和菓子、節句や記念日に頂く和菓子、冠婚葬祭に適した和菓子の提案や、創作和菓子の製造に携わっています。和菓子は古くから親しまれているお菓子であり、その種類は豊富です。また近年は、海外からの人気も高まり、和菓子の伝統を守りつつも新たなテイストを加えることで、若者からも支持がされるようになってきました。和菓子文化コーディネーターとして培った知識を活かして、和菓子作りに一役買える仕事でもあります。現在、和菓子の製造に携わっている方は、和菓子文化コーディネーター資格を取得し、和菓子に新たな可能性を見出してみてはいかがでしょうか。

和菓子販売業

和菓子と一口で言っても、その種類は多く、昨今では多種多様の和菓子が作られるようになりました。それに伴い昨今では、様々な種類の和菓子を販売している昔ながらの和菓子屋に加え、せんべいを中心としたお店や、羊羹だけを販売しているお店など、特定の商品に特化したお店が増えてきています。昔ながらの和菓子屋では、和菓子職人が作った色取り取りの美しく繊細な和菓子がショーケースに並び販売されています。様々な場面で食べられる和菓子では、多くの店舗で用途に応じた商品が取り揃えてあり、例えば、自宅で自分が食べるように購入する場合、友達や家族と一緒に食べるように購入する場合、贈答品や手土産として購入する場合、法事や慶弔・冠婚葬祭用に購入する場合、節句や記念日に食べるように購入する場合などに適した商品が用意され、また用途に応じた包装紙や包み紙が用意されているのが一般的です。和菓子店などで働く場合には、お客が求める用途に応じた商品を提案したり、用途に応じた包装をするなどの気配りや目配りが求められると言えます。和菓子に関する知識を身に付けて、和菓子の販売に活かしてみてはいかがでしょうか。

和菓子販売業の平均年収

360万 ~ 380万円

和菓子販売業の仕事内容

和菓子の店舗で働く場合、主な仕事はレジや商品販売の接客、購入された商品の包装、和菓子の製造などです。和菓子はケーキなどの洋菓子と同様に、とても繊細な作りをしており、温度管理をはじめ、振動や取り扱いには注意が必要です。また、和菓子は購入される方の用途は様々で、自分で食べるのか、手土産なのか、贈答用なのか、慶弔用なのか、などの用途によって商品の選定やアドバイス、使用する包装紙などへの配慮が求められます。また、昨今はアレルギーを気にされる方や健康志向の高い方などから、使用されている材料や原料についての問い合わせも少なくありません。その為、和菓子を販売するには、和菓子に関する一定の知識や、製造過程に関する知識などを身に付ける必要があると言えます。和菓子文化コーディネーターを取得されている方の多くは、和菓子の販売に携わっている中で和菓子の知識を身に付けた方や、和菓子の販売をする上で必要な知識を身に付ける為に資格を取得されています。和菓子の販売に役立つ資格として、有益な資格と言えます。

受験申し込み

受験を希望される方は以下の申込みページからお申込み下さい。

受験申込み