ウォーキングアドバイザー認定試験

ウォーキングアドバイザー資格検定

ウォーキングアドバイザーは、ウォーキングの有酸素運動効果や、心身に与える影響、健康増進やダイエット、生活習慣病の予防などへの幅広い知識を確実に理解し、有しているものを認定する資格です。スポーツ・運動関連のお仕事をされている方や、健康に関する確かな知識を身に付けたい方などに人気の資格です。「健康ウォーキングアドバイザー」は、「ウォーキングアドバイザー」に名称を変更することになりました。名称変更に伴う、試験範囲や合格基準などの変更は一切ありません。

ウォーキングアドバイザー資格検定 試験概要

受験資格特になし
受験料10,000円(消費税込み)
受験申請インターネットからの申込み
受験方法在宅受験
合格基準70%以上の評価

資格試験内容

ウォーキングの有酸素運動効果や、心身に与える影響、健康増進やダイエット、 生活習慣病の予防などへの幅広い知識が問われます。

受験申込み

ウォーキングとは

歩くことによって健康を促進させ、運動不足の解消などを目指すのが、「ウォーキング」の基本です。スポーツ感覚で行う人や、ダイエットなどを目的とした人が、気軽にできる運動として採用しています。会社や学校への行き帰りだけでも可能であり、特別な準備も必要ないことから、今後も多くの人がウォーキングに挑戦することになるでしょう。歩いて景色が変わる様子を見ることで、ストレス解消などにも効果があるため、気晴らしにも応用できるのがウォーキングのポイント。幅広い世代にとって、魅力的な運動となることが予想できるでしょう。
ウォーキングはただ歩くだけでなく、集団での散歩を楽しんだり、目的達成のための手段として利用したりできます。運動効果以外にも、コミュニケーションやスキルアップも体感できることから、継続することが将来の自分を変えるきっかけになるかもしれません。さまざまな形でそのメリットを味わうことができるため、運動が苦手だと感じる人も、ウォーキングで生活を変えてみることがおすすめです。

ウォーキングについて

手軽に始められるのがウォーキングの特徴ですが、その内容は奥深く、学ぶことでさらに効果や楽しさを引き出すことができます。そのため本格的な知識と技術を持つ人は、それを活かせる職業に就くことができるでしょう。ウォーキングに興味があり、かつその知識が目的とする就職先で活かせるようなら、ウォーキングアドバイザーの資格取得が推奨されます。
怪我のしない歩き方や習慣化のコツ、その他効率良く健康に効果を与えるための方法などが、ウォーキングの特別な知識となります。そういった知識を教えたり、商品として取り扱ったりできれば、就職先でウォーキングの専門家として働くことができるでしょう。高血圧の解消、骨や筋肉の鍛錬、肥満や腰痛の防止、リラックス、肝機能への影響など、ウォーキングがもたらすメリットはさまざまです。しかしそれらのメリットを得るには確かな知識と技術が欠かせないので、ウォーキングの専門家には多くの期待と需要が見込まれます。資格の取得を通して本格的に学ぶことができれば、ウォーキングをきっかけに新しい仕事を始めることもできるでしょう。

試験実施日程

2019年2月資格検定試験

受験申込期間2019年1月1日~1月31日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
資格検定試験期間2019年2月20日~25日
答案提出期限2019年2月28日必着
合否通知発送日2019年3月20日

2019年4月資格検定試験

受験申込期間2019年3月1日~3月30日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
資格検定試験期間2019年4月20日~25日
答案提出期限2019年4月30日必着
合否通知発送日2019年5月20日

2019年6月資格検定試験

受験申込期間2019年5月1日~5月30日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
資格検定試験期間2019年6月20日~25日
答案提出期限2019年6月30日必着
合否通知発送日2019年7月20日

2019年8月資格検定試験

受験申込期間2019年7月1日~7月31日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
資格検定試験期間2019年8月20日~25日
答案提出期限2019年8月28日必着
合否通知発送日2019年9月20日

2019年10月資格検定試験

受験申込期間2019年9月1日~9月30日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
資格検定試験期間2019年10月20日~25日
答案提出期限2019年10月30日必着
合否通知発送日2019年11月20日

2019年12月資格検定試験

受験申込期間2019年11月1日~11月30日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
資格検定試験期間2019年12月20日~25日
答案提出期限2019年12月30日必着
合否通知発送日2020年1月20日

受験申込み

資格取得で目指せる職業

ウォーキングアドバイザー

ウォーキングについて学び、運動方法を教えられるほどに詳しくなったのなら、「ウォーキングアドバイザー」の仕事に就くことができます。歩き方の基本からウォーキングの魅力まで、あらゆる関連項目を解説できる人材は、それを軸とした専門の仕事を開始できるでしょう。特にウォーキングが健康に対してどれだけ有効で、どのような効果を発揮できるのかを知っていれば、その知識を利用した活動が可能です。運動や健康関連の職場でなら、ウォーキングアドバイザーとして活躍することができるでしょう。
ウォーキングアドバイザーは、基本的に専門的な知識や能力を所持することで就職しやすくなる職業です。そのため資格の取得が、スムーズな就職とその後の活動に大きな影響を及ぼすでしょう。自分自身でウォーキングの良さを体感しておくことも重要ですが、合わせて専門知識の習得にも力を入れて、ウォーキングアドバイザーとなるための準備を進めておくのがおすすめです。

ウォーキングアドバイザーの平均年収

450万 ~ 450万円

ウォーキングアドバイザーの仕事内容

ウォーキングの素晴らしさを伝え、正しいウォーキングに必要な知識やスキルを与えるのが、ウォーキングアドバイザーの仕事です。どういった準備があればウォーキングがやりやすくなるのか、どのような点に注意する必要があるのか。そういった要所を的確に押さえて、ひとつずつ解説していくのが、ウォーキングアドバイザーの役目となるでしょう。ウォーキングの際に感じる疑問や悩みに答えることも、仕事の一環として認識されます。少しでも多くの人たちがウォーキングを楽しめるように、その知識とスキルを披露していくことを目指しましょう。
ウォーキングアドバイザーは、ウォーキング関連のイベントに参加したり、商品開発に携わったりすることもあります。ウォーキングの魅力を発信することそのものが仕事になり得るので、活躍の場は広がっていくでしょう。特に専門資格を持つ場合は、その肩書が仕事の成否を分ける可能性もあるため、あらゆる職場で重宝されることが考えられます。

歩き方インストラクター

正しい歩き方やウォーキングの魅力を知り、それを誰かに伝える能力があるのなら、「歩き方インストラクター」として働いていくことができます。軽くできる運動を探している人や、より効率的なウォーキング方法を学びたい人に、歩き方インストラクターは役立つ情報を提供することができるでしょう。指導する立場が多くなるため、コミュニケーションを取るための会話力や知識の応用力がポイントとなる職業です。自分で学習したスキルをわかりやすく加工することが、仕事には必須の作業となるでしょう。
歩き方インストラクターはウォーキングに特化した存在であるため、高い専門性を求める人を相手に仕事をすることになります。そのため納得させられるような専門資格の取得が、仕事をスムーズにさせてくれるでしょう。歩き方インストラクターになるのであれば、ウォーキングアドバイザーなどの資格は、優先して取得しておくことがおすすめです。

歩き方インストラクターの平均年収

450万 ~ 450万円

歩き方インストラクターの仕事内容

歩き方インストラクターは、主にウォーキングに必要な知識や技術を教えることが仕事となります。ケガなどのリスクを軽減し、健康や美容への効果を最大限に引き出すことができる職業となるため、その点に期待した人たちを相手にレクチャーをするのが業務になるでしょう。個人の体質や運動能力に合わせて、それぞれ異なったアドバイスを行うのがポイント。無理をさせることなく、それでいてウォーキングの効果を十分に堪能できるようにサポートすることが、仕事のコツになります。
ウォーキングにはフォームやペース配分など、上手に歩くためのチェック項目がいくつかあります。それらを上手に伝えることができるかどうかで、歩き方インストラクターの手腕が試されるのです。直接歩き方を指導することもあれば、室内で授業を行う場合もあるので、どちらにも対応できるように準備をしておきましょう。

健康グッズ販売業

毎日の生活から少しずつ健康を取り戻したいと考える人たちは多く、健康グッズの需要は日に日に高まってきています。「健康グッズ販売業」はそういった時代にマッチした、魅力的な職業となるでしょう。健康促進に興味があり、関連グッズの開発や販売を楽しむことができるのなら、関連知識の獲得と就職を考えてみるのがおすすめです。
ウォーキングアドバイザーのような資格があれば、それにまつわる健康グッズの販売をサポートすることができます。具体的な例や詳しい解説をプラスすることは、商品の魅力が伝わる可能性を高めてくれるでしょう。健康グッズ販売業にとって、ウォーキング関連の資格を持つ人は、事業成績をアップさせる要因となり得ます。資格取得が叶ったのなら、その経歴を活かして職場での活躍を目指してみましょう。

健康グッズ販売業の平均年収

450万 ~ 450万円

健康グッズ販売業の仕事内容

健康グッズ販売業に就職したなら、取り扱いグッズの販売や営業業務が仕事となります。店頭やインターネットで少しでも販売数が伸びるように、魅力を売り込んでいくことが必要となるでしょう。専門知識があればより商品の魅力を伝えやすくなるので、特にウォーキングにまつわるグッズを担当させてもらうのが仕事のコツです。
ウォーキングを行っているけれど、便利なグッズやサポートアイテムの存在は知らないという人は、意外にも多くなっています。健康グッズ販売業は、そういった人たちもターゲットにして仕事をしていく必要があるでしょう。ウォーキングの資格を持つ専門家であれば、既にウォーキングを行っている人相手にも説得力のある売り込みができるので、成績をあげられる可能性は高くなります。

カルチャースクール講師

何か一部のジャンルに特化した知識は、「カルチャースクール講師」という職業で活かすことができます。ウォーキングに関する知識もまた、カルチャースクールで授業を開く際のスキルとして利用できるでしょう。専門家としてウォーキングを取り扱う気持ちがあるのなら、知識をまとめて披露できる教室を開講してみるのもおすすめです。
カルチャースクール講師になる場合、自分のスキルを一目で相手に納得させられる準備が必要となります。ウォーキングアドバイザー資格は、まさにスキルの証明にうってつけのものとなるでしょう。必要に応じて資格を提示できるように、就職前に取得のための勉強がおすすめされます。

カルチャースクール講師の平均年収

450万 ~ 450万円

カルチャースクール講師の仕事内容

カルチャースクール講師は、その分野に興味がある人たちを対象に、専門の授業を行うのが仕事となります。どういった知識が必要か考え、伝わりやすい授業ができるように工夫することが、職務の一環となっていくでしょう。ただ自分が学んだことをそのまま提供するのではなく、よりスマートで洗練されたものとするのが、カルチャースクール講師の役割です。
カルチャースクール講師としてウォーキングを教えるのであれば、文章や数値だけでなく、体を使って講義をする必要も出てきます。具体的な動きを見せられるように、自分の体にウォーキングの基本を叩き込んでおきましょう。

受験申し込み

受験を希望される方は以下の申込みページからお申込み下さい。

受験申込み