閉じる
日本生活環境支援協会 | イタリアンコーディネーター認定試験
イタリアンコーディネーター ITALIAN CORDINATOR
試験日程
次回の試験は 2020年12月20日〜25日(受験申込期間:2020年11月1日〜11月30日)

イタリアンコーディネーター資格検定ITALIAN CORDINATOR

イタリアンコーディネーターとは、イタリア料理の食材やその作り方、メニューの構成や選び方、食材との組み合わせ方、ドルチェやカフェと料理の相性などをしっかりと理解し、かつ実践的にコーディネートすることができる知識、技能を証明する資格です。アンティパスト、プリモピアット、セコンドピアット、ドルチェ、カフェの組み合わせ方やパンチェッタ、生ハム、サラミ、プポルチーニ、トマト、アーティチョークなどイタリア料理に使用する代表的な食材の使い方やそのレシピ、また、ビネガーやフレーバーオイル、ハーブやスパイス、ロングパスタ、ショートパスタなどの使い方やそのレシピなどの知識を有していることを認定します。

日本生活環境支援協会 | イタリアンコーディネーター

資格取得で目指せる職業WORKING

イタリアンコーディネーター
イタリアンコーディネーター
資格取得

イタリアンコーディネーターは、イタリア料理に精通しており、イタリア料理に使用される食材、レシピ、メニュー、食材の組み合わせ、カフェ・ワイン・ドルチェと相性の良い料理などに関する知識を有しており、料理をコーディネートすることができる技能を習得している方です。イタリアの地形は南北に長いことから、気候に地域差があり、地方によって様々な郷土料理があるのが特徴です。イタリア料理と聞くと、パスタやピザ、オリーブ油やトマトを多用した料理を思い浮かべますが、これは南イタリア地方の特徴であり、北イタリア地方ではバターやクリームを使った料理が多く、中央イタリアでは牛肉のグリル料理が多いという特徴があります。また、パスタであっても北イタリアでは卵入りの生パスタが主流で、南イタリアではトマトを使った乾燥パスタが主流と言われています。イタリアンコーディネーターは、イタリア料理の特徴を理解し、イタリア料理に良く使われる、トマト・パスタ・オリーブオイル・チーズ・パンチェッタ・生ハム・サラミ・アンチョビなどの食材を使った料理や調理方法に関する知識、実際にイタリア料理を調理することができる技能を活かして、イタリアレストランや料理教室の講師として活躍しています。

仕事内容

イタリアンコーディネーターは、イタリア料理に関する知識を活かして、イタリア料理のコーディネートをすることができる技能を習得しています。その仕事は、イタリアンレストランで提供される料理メニューやコースメニューを考えたり、また、イタリア料理によく利用される食材を使った料理レシピの作成なども行っています。イタリアンコーディネーターは、イタリアンレストランに勤めている方や、イタリア料理を提供しているレストランなどに勤めている方などが、知識の向上やスキルアップの一環として資格を取得されている場合が多く、その知識を活かして仕事に活用されています。イタリアを代表する食材である、トマト・パスタ・オリーブオイル・チーズを有効的に使用した料理の開発や、新しいメニューの開発、イタリアの郷土料理を日本人の好みにアレンジした料理、様々な種類のパスタやピザの開発なども手掛けています。イタリアは地方によって様々な郷土料理があり、パスタやピザも地方によって様々な種類があります。日本の季節に合わせたメニュー、日本人好みにアレンジした料理レシピを考え、提案することがイタリアンコーディネーターの腕の見せ所でもあると言えます。イタリアンが好きな方、イタリア料理に携わる仕事をされている方は、資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。

イタリア料理ソムリエ
イタリア料理ソムリエ
資格取得

イタリア料理ソムリエは、イタリア料理に関する様々な知識を有しており、イタリア料理に使用するオリーブやチーズ、パスタ、野菜や果物、食肉加工食品など、様々な食材に対する知識や、その食材を利用した料理やレシピの開発、イタリアの伝統的な料理方法を用いた料理などを習得しています。イタリア料理ソムリエは、これらの知識や技能を活かして、イタリアンのコースメニューを考えたり、北イタリア・中部イタリア・南イタリア各地の特色を活かした料理のメニューや、イタリア料理に使用される様々な食材の特徴を活かした新しい料理の開発をしています。また、日本人にとって身近なイタリア料理と言えば、パスタやピザが挙げられますが、その種類は多く、様々なメニューがあります。パスタやピザのおいしい食べ方、正しい食べ方、パスタやピザに合うワインや飲み物の選定、日本人の好みに合した味のアレンジや日本の食材を活かしたメニューやレシピの開発なども手掛けています。イタリア料理ソムリエは、イタリア料理のおいしい食べ方、イタリア料理の楽しみ方などを熟知している事から、イタリア料理に携わる仕事されている方のみならず、飲食業界に勤めている方からも人気の仕事です。

仕事内容

イタリア料理ソムリエは、イタリアンレストランのみならず、実は飲食業界の様々なお店で活躍している仕事でもあります。その背景には、イタリア料理が日本人にとって身近な存在となったことで、イタリアレストランだけに限らず、パスタ専門店やピザ専門店などが増え、また一般的なレストランも含め、様々な飲食店に於いてイタリア料理が振る舞われるようになりました。その為、イタリア料理ソムリエの活躍の場が増えたことが要因の一つとして考えらます。これらの店舗では、イタリア料理に使用される代表的な食材だけでなく、イタリア特有の食材を有効的に活用した料理メニューの開発やレシピの考案をはじめ、食材の保存方法や加工方法などに一役買っています。また、イタリアンレストランなどでは、お客様の味の好みに応じた料理の提案や、味付けのアレンジ、料理に合うワインやお酒の提供、イタリア料理の食べ方や楽しみ方なども提案しています。昨今、様々な店舗の形態で提供されるようになったイタリアン料理ですが、その多くは、イタリア料理の伝統を守りつつも日本人に合わせた味付けや、アレンジを行っています。今後もイタリア料理を提供される飲食店が増えることが予想される為、活躍の場は増えていくことが予想される仕事と言えます。

レストラン
レストラン
資格取得

イタリア料理を扱うレストランと言っても、イタリア料理で言うところのレストランの形態は実に様々です。本格的なイタリアンやコース料理を提供している高級店のリストランテから、気軽にイタリア料理を楽しむことができるトラットリア、イタリアンのみならず様々な料理を提供しているオステリア、パスタを専門に扱っているスパゲッテリアやピザを専門に扱っているピッチェリアなど、また日本にイタリア料理の馴染みが深くなった昨今では、特に様々な形態のレストランがあると言えます。また一口にイタリア料理といっても、地方によって大きく料理は変わり、使用する食材も違えば調理方法にも違いがあります。例えば、パスタ一つ取ってみても、北イタリアでは生パスタを使い、南イタリアでは乾燥パスタを使用します。レストランの特色や提供するメニューに応じて、イタリアンコーディネーターの仕事内容や役割も違ってきます。お客様に提供するメニューやコース料理の開発や、イタリア料理によく使用される食材を使ったメニューの開発、新しい料理の提案や新しい料理のレシピ作りが主な仕事です。

仕事内容

レストランでのイタリアンコーディネーターの仕事は多岐に渡り、イタリア料理のメニューの開発や、コース料理の選定、新しい料理のレシピの開発などに加え、実際に調理をしたり、食材の管理や保存、接客などを行います。コース料理などを提供するリストランテなどの高級店では、ウェイターとしての役割も担いながら、お客の味の好みを聞いた上で料理の提案をしたり、一緒に飲むワインや飲み物の提案、お客の好みに応じた味の調整を調理場に指示したりします。また時には、自分で料理の盛り付けを行う場合や、実際に自分で調理を行う場合もあります。また、お客様にイタリア料理の正しい食べ方や、料理の楽しみ方などのレクチャーも行っています。イタリアンコーディネーターの多くは、レストランに勤務しながら自己スキルの向上の為に資格を取得されることが多く、資格取得後は、得た知識を業務の一環に活かしています。現在、イタリアンレストランに勤務している方、イタリア料理に携わるお店に勤務されている方は、イタリア料理の奥深さや知識を習得する為に資格を取得されてみてはいかがでしょうか。

料理教室の先生
料理教室の先生
資格取得

料理教室では、イタリア料理の歴史から始まり、イタリアの地方料理の特徴、使用する食材の知識、イタリア料理のメニューや調理方法など、様々なイタリア料理に関する知識と技能を学ぶことができます。イタリア料理と聞くと、パスタやピザをイメージされる方が多くいると思いますが、実はイタリア料理には多くの郷土料理が存在しています。それは、イタリアは日本のように縦に長い地形をしていることから、北・中部・南の地方に分けられ、気温や気候に違いがあることで、採れる野菜や海産物も違えば、味の好みや食材の使用方法の違い、地方に伝わる伝統的な料理も様々です。料理教室では、パスタやピザなどの基本的な料理だけでなく、ズッキーニ、アヒージョ、リゾット、アクアパッツァ、ラザニア、オムレツ、ピラフなど、様々なイタリア料理を学ぶことができます。また、日本で食べるイタリア料理の多くは、日本人好みの味付けがされていたり、アレンジがされていますが、本場イタリア料理を学ぶことや、本場の味から自分好みへのアレンジなども学ぶことができます。数かる料理教室の中でも、日本に馴染みが深くなったイタリア料理を学びたいと思われる方は多く、イタリア料理教室への需要は年々高まっていると言えます。

仕事内容

料理教室では、イタリア料理の基本的な知識をはじめ、イタリア料理に使用する食材の種類、味付け方法、様々な料理のレシピなどを指導します。イタリア地方は、大きく北部・中部・南部の三つに分けられ、各地方の料理には特色があります。イタリア北部では、バター・クリームを多用し、パスタも生タイプを使用するのに対し、南部イタリアではトマトやオリーブオイルを多用し、パスタも乾燥タイプを使用します。また、中部イタリアでは、牛肉を使ったグリル料理が多いという特徴があります。また各地方には郷土料理が数多く存在しており、トスカーナ料理、ヴェネチア料理、ナポリ料理、シチリア料理、ローマ料理、ボローニャ料理など様々な料理があります。特にイタリアでは、トマトを使ったトマトソースがイタリア料理には欠かせない一品ですが、その使い方も各料理によって様々な使い方をします。料理教室では、これらの料理の本場イタリアの味を伝えつつ、自分の好みの味付けにアレンジしたり、日本人の舌に合うような味付け方法を指導するのがイタリアンコーディネーターの腕の見せ所です。自宅を使って料理教室を開いたり、施設の調理場を活用したカルチャースクールの一環として料理教室を開くなど、様々な形態で料理教室を開催しています。

試験概要EXAMINATION SUMMARY

資格試験内容

  • イタリア料理の食材やその作り方、メニューの構成や選び方、食材との組み合わせ方、ドルチェやカフェと料理の相性などの知識が問われます。

受験概要

受験資格 特になし
受験料 10,000円(消費税込み)
受験申請 インターネットからの申込み
受験方法 在宅受験
合格基準 70%以上の評価
試験日程 以下参照

試験日程EXAMINATION SCHEDULE

2020年2月実施試験
試験期間2020年2月20日〜25日
受験申込期間2020年1月1日〜1月31日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
答案提出期限2020年2月28日必着
合否発表日2020年3月20日
2020年4月実施試験
試験期間2020年4月20日〜25日
受験申込期間2020年3月1日〜3月30日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
答案提出期限2020年4月30日必着
合否発表日2020年5月20日
2020年6月実施試験
試験期間2020年6月20日〜25日
受験申込期間2020年5月1日〜5月30日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
答案提出期限2020年6月30日必着
合否発表日2020年7月20日
2020年8月実施試験
試験期間2020年8月20日〜25日
受験申込期間2020年7月1日〜7月31日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
答案提出期限2020年8月28日必着
合否発表日2020年9月20日
2020年10月実施試験
試験期間2020年10月20日〜25日
受験申込期間2020年9月1日〜9月30日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
答案提出期限2020年10月30日必着
合否発表日2020年11月20日
2020年12月実施試験
試験期間2020年12月20日〜25日
受験申込期間2020年11月1日〜11月30日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
答案提出期限2020年12月30日必着
合否発表日2021年1月20日
イタリアンコーディネーター認定試験の受験をご希望の方
こちらの「受験申し込み」ボタンからお申し込みください。

資格取得後の声VOICE