犬・猫ペットブリーダー認定試験

犬・猫ペットブリーダー資格検定

犬・猫ペットブリーダーとして、家庭の犬や猫の繁殖や改良について基礎的な知識・ブリーダーとしての業務の知識を有していることを認定されます。例えば、ブリーダー開業に必要な設計・設備、開業準備、開業費用の目安(犬や猫の仕入れなど)、ブリーダーの経費と収入、宣伝や告知方法、ブリーダー業一日の流れ、ブリーダーの種類、健康管理(お手入れ、狂犬病、混合ワクチン接種)、交配の方法(外部委託、人工授精)、交配ビジネス、オークションの仕組み、ペットショップとの取引、個人顧客との直接売買、時期による価格変動、流行犬種の繁殖、ブリーダーの生産者責任などブリーダーとしてのビジネスに関する知識を有していることが証明されます。資格取得後は、犬・猫ペットブリーダーとして活躍でき、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。

犬・猫ペットブリーダー資格検定 試験概要

受験資格特になし
受験料10,000円(消費税込み)
受験申請インターネットからの申込み
受験方法在宅受験
合格基準70%以上の評価

資格試験内容

家庭の犬や猫の繁殖や改良について基礎的な知識・ブリーダーとしての業務の知識を有していることを認定されます。例えば、ブリーダー開業に必要な設計・設備、開業準備、開業費用の目安(犬や猫の仕入れなど)、ブリーダーの経費と収入、宣伝や告知方法、ブリーダー業一日の流れ、ブリーダーの種類、健康管理(お手入れ、狂犬病、混合ワクチン接種)、交配の方法(外部委託、人工授精)、交配ビジネス、オークションの仕組み、ペットショップとの取引、個人顧客との直接売買、時期による価格変動、流行犬種の繁殖、ブリーダーの生産者責任などブリーダーとしてのビジネスに関する知識などが問われます。

受験申込み

ブリーダーになるには

ブリーダーになるには、専門的な資格が必要という訳ではなく、誰でもブリーダーとして活動することが可能です。ただし、繁殖させた動物を販売したり、依頼主から金品を受け取るなどの報酬や営利が発生する場合は、各都道府県の保健所に「動物取扱業」の届出、及び「動物取扱責任者」の資格が必要となります。
ブリーダーとして活動する為には、犬や猫に関する深い知識、繁殖や血統に関する知識や技能、躾や飼育に関する知識など、犬や猫だけでなく動物に関する幅広い知識が求められると言えます。また、実務的な面では、主に繁殖を仕事としていることから、特に、交配、妊娠、出産、子育てに関する知識や経験、スキルを身に付けておく必要があります。
また、ブリーダーとして運営していく為には、犬や猫が多頭で飼育できる環境も重要となってきます。飼育できる十分なスペース、伝染病や病気などが発症しない清潔さなどの衛生面、母親が安心して出産できる環境、動物病院やペットショップなどとの連携などを確保しておく必要があります。
ブリーダーには、動物を扱うことへの責任感、子供を繁殖させることへの倫理観、そして動物が好きという気持ちが重要になってくると言えます。毎日の動物のお世話や健康管理などをきちんとできる方がブリーダーに向いている方だと言えます。

ブリーダーとは

ブリーダーとは、血統書がついている犬や猫を飼い、繁殖によって子犬や子猫を生ませて育てたり、犬や猫の躾けや飼い方などを指導する専門的な仕事をしています。ブリーダーとして活動する為の目的は様々で、生まれた子供を販売することで利益を得る為、ショーに出場するために血統を掛け合わせて子供を育てる為、品種改良や新品種を作る為、血統の後継を残す為などがあります。また、ブリーダーとして活動する上では、血統に対する知識や理解、遺伝の仕組み、健康な子供を育てる為の飼育方法などに関する知識や技能を身に付ける必要があり、また、生体を意図的に繁殖させるという事から、計画的な繁殖や倫理的な知識や理解が求められと言えます。ブリーダーは主に個人で営んでいることが殆どですが、近年では、産業として企業が運営するケースが増えてきております。将来、ブリーダーとして活動を目的とされている方は、こういった企業に勤め、多くの品種や多頭飼育の知識や経験を積むのもよいかもしれません。
ブリーダーとしての仕事は、自分が飼っている犬や猫の繁殖だけではなく、依頼されて繁殖を行う場合や、犬や猫の躾を依頼される場合もあります。犬や猫を飼うプロとしての一面も必要と言えます。

試験実施日程

2019年2月資格検定試験

受験申込期間2019年1月1日~1月31日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
資格検定試験期間2019年2月20日~25日
答案提出期限2019年2月28日必着
合否通知発送日2019年3月20日

2019年4月資格検定試験

受験申込期間2019年3月1日~3月30日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
資格検定試験期間2019年4月20日~25日
答案提出期限2019年4月30日必着
合否通知発送日2019年5月20日

2019年6月資格検定試験

受験申込期間2019年5月1日~5月30日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
資格検定試験期間2019年6月20日~25日
答案提出期限2019年6月30日必着
合否通知発送日2019年7月20日

2019年8月資格検定試験

受験申込期間2019年7月1日~7月31日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
資格検定試験期間2019年8月20日~25日
答案提出期限2019年8月28日必着
合否通知発送日2019年9月20日

2019年10月資格検定試験

受験申込期間2019年9月1日~9月30日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
資格検定試験期間2019年10月20日~25日
答案提出期限2019年10月30日必着
合否通知発送日2019年11月20日

2019年12月資格検定試験

受験申込期間2019年11月1日~1月30日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
資格検定試験期間2019年12月20日~25日
答案提出期限2019年12月30日必着
合否通知発送日2020年1月20日

受験申込み

資格取得で目指せる職業

犬・猫ペットブリーダー

犬や猫といった愛玩動物を飼育することを仕事にするつもりがあるのなら、「犬・猫ペットブリーダー」の職業は要チェックです。ペットとなる犬・猫の飼育や繁殖方法に詳しい知識を持ち、実際に仕事のなかで活用していける人がなれる職業となります。自分でペットを飼うのではなく、ペットを飼いたい人のためにできることをしたい、ペットの魅力を伝えたいと考えられる人におすすめできる仕事です。お店に勤務するというよりも、個人で働くのがブリーダーの基本スタイルとなるので、自分ですべての仕事を担う必要があります。責任はもちろんありますが、それ以上にやりがいと楽しさが感じられる仕事になり得るため、個人で業務を成立させることに興味がある人は必見の職業です。専用の資格があればその分犬・猫ペットブリーダーとして高い評価を得られ、仕事の受注を増やすこともできます。ペットブリーダーとして活躍したいのなら、犬・猫ペットブリーダーをはじめとした資格は積極的に取得して、就職を有利に進めていきましょう。

犬・猫ペットブリーダーの平均年収

450万 ~ 450万円

犬・猫ペットブリーダーの仕事内容

犬や猫の繁殖とその後の飼育、そしてペットショップなどへ流通させるのが犬・猫ペットブリーダーの仕事内容となります。血統書付きの犬・猫を取り扱うことが多く、その種類ごとの繁殖や飼育を的確にサポートすることも業務のひとつ。遺伝による疾患を避け、元気で丈夫な子犬・子猫を届ける、そういったことを実現するには確かなスキルが求められます。資格取得を通して、ブリーダーに求められる安定したスキルを身につけるようにしましょう。ペットたちが健やかな状態で飼育されるように、ブリーダーは毎日きちんと動物たちの世話をする必要があります。それは愛情をかけるだけでなく、論理的で正しい知識の下で行われることが、重要なポイントになるのです。ペットとしてかわいがってもらえるように、知識とスキルを総動員して世話という仕事をしていきましょう。また犬・猫ペットブリーダーの仕事では、コミュニケーションも重要な要素となります。飼い主や依頼主とのコミュニケーションはもちろん、動物たちとのコミュニケーションも、大切な仕事のひとつになるのです。犬・猫ペットブリーダーとして働いていくのなら、積極的にコミュニケーションはとっていくようにしましょう。

ペット繁殖インストラクター

ペットの繁殖と飼育に興味があり、それを毎日の業務として受け入れられるのであれば、「ペット繁殖インストラクター」の仕事が魅力となります。ペットショップや飼い主の下へ届けられる犬・猫は、専門のプロブリーダーが繁殖しているのです。そこには繁殖に関する適切な知識と対応力、そして繊細な心遣いが必要となります。そういったスキルを持っていることを証明できれば、ペット繁殖インストラクターとして活躍することができるでしょう。しかしペットの繁殖に関する能力は、実際にその場で証明してみることが難しいです。そのためペット繁殖インストラクターの仕事に就くのなら、犬・猫ペットブリーダーのような専門資格の取得が望ましくなります。就職・転職を考えるのなら、早めに資格勉強をはじめておくことがおすすめです。動物の繁殖という繊細で神秘的な仕事に携わるのなら、しっかりと勉強をしておきたいですね。

ペット繁殖インストラクターの平均年収

450万 ~ 450万円

ペット繁殖インストラクターの仕事内容

ペット繁殖インストラクターは、ペットの繁殖に関わる仕事全般が仕事になり得ます。実際に自分で犬や猫の繁殖を行い、流通させるのもひとつの仕事スタイルとなるでしょう。動物の繁殖は非常に神経を使う仕事であるため、常にさまざまな事態を想定している必要があります。いつでも動物に寄り添い、繁殖のために尽力できる人が、ペット繁殖インストラクターの仕事に向いているといえるでしょう。ペット繁殖インストラクターは、身につけた知識を他の誰かに教えたり、繁殖をサポートしたりするのも仕事になります。自宅でペットのお産を考えている人や、将来同じく動物の繁殖に関わる仕事に就きたいと希望する人に対して、情報と経験を提供することができるペット繁殖インストラクターは、高い価値を持つ存在となるのです。例えば動物の専門学校やカルチャースクールなどが職場になるので、教えるという業務に興味があるのなら就職先の幅を広げてみましょう。

ペットショップ

ペットとなる動物の販売・ケアを仕事とする「ペットショップ」でも、ペットブリーダーやそれに関する資格は重要なポイントとして扱われます。実際に飼い主にペットを手渡すことになるペットショップでは、専門知識を持つ人材が重宝されるものです。まったく知識のない店員からでは、お客さんも不安になることが予想されるでしょう。そのためペットショップは、犬・猫ペットブリーダーのような資格を持ち、ペットに対して真摯に向き合ってくれる人を、従業員として迎えたいと考えることが多いです。ただ「ペットショップで働きたい」「動物が好きだ」というだけでなく、資格取得をして勉強をしたという実績を提示すれば、就職に結び付けやすいでしょう。ペットショップは多くの街で開業していて、さまざまな特徴や魅力を備えた店舗がそろっています。そのため自分の感覚に合ったお店や、得意な動物を取り扱うお店を、優先して選ぶことも容易いです。その後も長く仕事を続けたい場合は、就職先のペットショップはしっかりとリサーチしておきましょう。

ペットショップの平均年収

450万 ~ 450万円

ペットショップの仕事内容

ペットショップの仕事は、基本的に動物たちのお世話となります。食事の用意や体調管理、その他ストレスを溜めないためのさまざまなケアが、日常の業務に含まれるでしょう。犬や猫だけでなく、小動物や爬虫類など、たくさんの動物を取り扱っているお店の場合、それぞれの動物に合わせた仕事が必要となります。その動物にはどのような世話が求められ、どのような点に注意をすればいいのか。そういったことをひとつひとつ熟知して、間違いのないように世話をしていく必要があるでしょう。生き物を扱う仕事であるため、ちょっとした油断やミスが大きな問題に発展することもあります。そのためペットショップで働く際には、高い意識と同僚との連携を忘れないようにしましょう。ペットの販売業務と合わせて、ペットホテルや健康ケア、その他ペットの飼育に関する知識提供を行うのも、ペットショップの仕事です。あらゆるサービスを並行して届ける可能性もあるので、幅広い業務に対応できるよう常にステップアップを目指しましょう。

ペット用品販売店

「ペット用品販売店」も、犬・猫ペットブリーダーの資格取得をきっかけに就職を考えられる職業です。犬や猫の生態や特性に詳しく、それを商品の販売知識として活かしていける人は、ペット用品の普及に貢献していけるでしょう。ペット用品はペットたちの生活を快適にし、スムーズな日常を過ごすのに役立ちます。しかしその魅力を伝えきれないことは多く、飼い主がペット用品のメリットを知らずに飼育しているというパターンは珍しくありません。だからこそペット用品販売店の採用では、その利点をきちんと伝えられる専門家が重視されます。犬・猫ペットブリーダーの有資格者は、ペット用品販売店では、特に魅力的な人材として扱われるでしょう。ペットの飼育そのものだけでなく、その飼育をサポートすることに興味があるのなら、ペット用品販売店の仕事をチェックしてみてください。ペットショップやペットホテルに併設されることもあるため、その店舗数は全国的に多くなっています。ホームセンターやドラッグストアでもペット商品は取り扱われているので、そういったお店も含めればペット用品販売店で働くチャンスは多いでしょう。

ペット用品販売店の平均年収

450万 ~ 450万円

ペット用品販売店の仕事内容

ペット用品販売店では、ペットに関する多数のアイテムを販売するのが仕事となります。一般的な販売業と同じように、レジ業務や在庫管理、新商品のアピールなどが一日のスケジュールとなるでしょう。ペットフード、飼育用品、健康食品、運動のためのおもちゃなど、ペット用品販売店が取り扱う商品の範囲は幅広いです。色々な人が訪れる可能性があるので、そういった人たちへの商品説明や接客も仕事となるでしょう。例えば「初めてペットを飼ったけど、何を与えたらいいのかわからない」といった疑問に対して、ペット用品販売店の従業員は適切な一品をおすすめすることを求められます。その際に犬・猫ペットブリーダーの資格を取得していれば、専門知識を土台とした説得力のある解説ができるでしょう。直接動物に関わらないペット用品販売店のような仕事でも、犬・猫ペットブリーダーの資格は十分に活かされるのです。むしろ間接的に動物に関われる仕事だからこそ、口で説明できる知識の存在は重要なものとなります。ペット用品販売店の仕事をするのなら、資格勉強を通して業務中に使える知識を蓄えておくことがおすすめです。

受験申し込み

受験を希望される方は以下の申込みページからお申込み下さい。

受験申込み