閉じる
ウォーキングアドバイザー 【厳選】ウォーキング資格9選!初心者におすすめの歩き方・姿勢講座

ウォーキングは、負荷が少なく習慣化しやすい優れた健康維持法として、幅広い年齢層で親しまれています。

「ウォーキング資格」ではウォーキングについての知識を深め、健康効果を高める歩き方やインストラクターとしてフォームを指導する手法が学べます。

しかし主催する団体によって複数の種類があるため、どの資格を取得すべきか迷う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで厳選した9つのウォーキング資格と、人気が高い2種類のウォーキング資格を一度に取得するおすすめの方法について詳しく解説します。

【厳選】ウォーキング資格9選!初心者におすすめの歩き方・姿勢講座

目次
ウォーキングアドバイザー認定試験はこちら
https://www.nihonsupport.org/biyoshikaku/walking/

ウォーキング資格を取得するメリット

ウォーキング資格の取得には、得られる健康効果についての深い理解と、その効果を高めるための正しいウォーキングの指導力を身につけることが必要です。

資格を取得するメリットとして、以下の2点が挙げられます。

・「歩く」専門家になれる
・自分や家族の健康維持に役立つ

ウォーキング資格の活かし方とあわせて詳しく解説します。

1-1「歩く」専門家になれる

ウォーキング資格は、ウォーキングや運動に関わるさまざまな仕事に活かせます。

・ウォーキングアドバイザー
・フィットネス施設等での指導
・介護施設での運動指導
・ウォーキングイベントの開催
・関連商品の企画・開発
・カルチャースクールでの講師活動
・健康グッズ販売

資格を取得するには、ウォーキングの健康効果や効率を上げるためのポイントなど、幅広い知識を身につける必要があります。
習得した知識は、ウォーキングを日常に取り入れたい方や体力・筋力の衰えを阻止したい方のサポート役として、上記の仕事に携わる際に役立てられるでしょう。

1-2自分や家族の健康維持に役立つ

ウォーキングは、体への負担が少なく続けやすい有酸素運動です。
歩くことによる以下のような健康効果は、厚生労働省の公式サイトでも紹介されています。

・体脂肪の減少
・血中の中性脂肪の減少
・血圧や血糖値の改善
・心肺機能の改善や骨粗鬆症の予防
・ストレスの解消 など

ウォーキング資格を取得することで、これらの効果を効率よく得るための習慣化の重要性や、正しいフォームについての知識も同時に身につけられます。
深く理解したうえで生活に取り入れれば、自身や家族の健康維持にも大いに役立ちます。

ウォーキングアドバイザー認定試験はこちら
https://www.nihonsupport.org/biyoshikaku/walking/

【厳選】おすすめのウォーキング資格9選!

【厳選】おすすめのウォーキング資格9選!

ここからは、厳選した9つのウォーキング資格をご紹介します。

健康のためのウォーキング指導ができるスキルを身につけられるものから、美しい歩き方をアドバイスする資格まで、それぞれの特徴を比較しながらご覧ください。

2-1ウォーキングアドバイザー(日本生活環境支援協会(JLESA))

「ウォーキングアドバイザー」は、ウォーキングが心身に与える影響や効果についての幅広い知識を確実に理解し、有する者に与えられる資格です。
ジムトレーナーや介護職など人々の健康維持に携わる職業の方や、ダイエットや運動不足の解消など自身の健康を守るための知識を身につけたい方から人気を得ている資格です。
資格取得者からは、「介護施設でのレクリエーションの際自信をもって教えられるようになり、仲間にも指導できるようになった」との声も聞かれます。

【ウォーキングアドバイザー認定試験の内容】
・ウォーキングが心身に与える影響
・健康増進やダイエット、生活習慣病予防への幅広い知識 など

ウォーキングアドバイザー資格検定の基本情報
受験資格 特になし
受験料 1万円(税込)
受験申請 インターネットからの申込
受験方法 在宅(設定された5日間の試験期間で解答し、返信用封筒で解答用紙を送付)
合格基準 70%以上の評価

2-2歩き方インストラクター(日本インストラクター技術協会(JIA))

「歩き方インストラクター」は、ウォーキングの効果を理解し、効果を高めるためのウォーキングフォームや個々の人に合わせたペースなどを提案できる技能を身につけたことを認定する資格です。
ウォーキングイベントを開きたい方や、ジムのインストラクターとしてお客様により良い提案をしたいと考える方が取得し、実際に仕事で成果をあげています。

【歩き方インストラクター資格検定試験の内容】
・ウォーキングとは
・ウォーキングの歴史・効果
・ウォーキングのカロリー消費
・歩行中の身体の動き
・筋肉と神経
・筋肉とエネルギー
・心臓と酸素供給
・服装と持ち物
・靴の選び方
・準備運動 など

歩き方インストラクター資格検定試験の基本情報
受験資格 特になし
受験料 1万円(税込)
受験申請 インターネットからの申込
受験方法 在宅(設定された5日間の試験期間で解答し、返信用封筒で解答用紙を送付)
合格基準 70%以上の評価

2-3一般社団法人日本ウオーキング協会(JWA)認定指導資格

一般社団法人日本ウオーキング協会(JWA)は、ウォーキングイベントの開催や指導員の育成などを幅広く行う団体です。

会員資格として、「公認ウオーキング指導員」「健康ウオーキング指導士」「歩育コーチ」の3つのウォーキング関連資格が設けられています。

公認ウオーキング指導員

「公認ウオーキング指導員」は、JWAが定める公認ウオーキング指導員育成講座を修了し、JWA並びに県協会の会員資格を有する者に与えられる資格です。
JWAや県協会が催行するイベントでの活動や、協会の認定を受けた一般のウォーキング愛好家のためのイベントを開催できます。
資格取得者には、地域に密着したウォーキングの普及活動が期待されます。

公認ウオーキング指導員養成講座の基本情報
受講資格 20歳以上の男女で、健全な生活を営むことができる人
受講料 3万7,500円(税込)(登録料5,500円・年会費1万円込)
受講申請 公式サイト内のメールフォームから申し込み
受講方法 在宅(通信講座)

公認ウオーキング指導員資格取得後スキルアップ講座を受講することで、上位資格の主任・主席ウオーキング指導員資格の取得も可能です。

健康ウオーキング指導士

「健康ウオーキング指導士」の資格は、次の2つの指導士資格両方を持つマスター資格です。

・ヘルスウオーキング指導士:健康づくりのためにウオーキングを活用する、より専門的な学習をした者に与えられる資格
・アクティブウオーキング指導士:ウオーキングをレクリエーションスポーツとして捉え、環境にもやさしいウオーキングを楽しむ人づくりのプログラムから得られる資格

人々の健康増進を支援し、ウォーキング人口の増加を目指すことが、健康ウオーキング指導士のミッションとされています。

健康ウオーキング指導士養成講座の基本情報
受講資格 健康ウオーキング指導士の研修会に参加でき、原則6ヶ月以内に履修ができる方
受講料 13万6,500円(税込)(登録料5,500円・年会費1万円込)
受講申請 公式サイト内のメールフォームから申し込み
受講方法 在宅(DVD通信講座)+座学(講義・実技)

歩育コーチ

「歩育コーチ」は、子どもの発達を支えるためのウォーキング知識を身につけ、指導できる力を認められた者に与えられる資格です。
青少年の心身の健康づくりを目的としたウォーキングの企画・運営力、コーチング能力が求められます。

歩育コーチ養成講座
受講資格 一般社団法人日本ウオーキング協会(JWA)[古川5]個人正会員であること ※年会費1万円(税込)
受講料 7万1,500円(税込)(公認ウオーキング指導員資格受験料・登録料込)
受講申請 公式サイト内のメールフォームから申し込み
受講方法 在宅(オンラインスクーリング+課題提出)

公認ウオーキング指導員・健康ウオーキング指導士資格取得済みの方は、一部の受講科目・受講料が免除になります。

2-4ウォーキングトレーナー(一般社団法人メディカル・フィットネス協会(MFA))

「ウォーキングトレーナー」は、一時的な運動としてのウォーキングを指導するのではなく、日常生活のなかでの歩行を意識させるとともに、適切な運動習慣を身につけたウォーキングを行う者を育成できる指導者に与えられる資格です。

取得後は、フィットネス施設や病院・整骨院、健康関連企業などでの業務に活かせます。

【ウォーキングトレーナー養成講習会の内容】
・講義2時間:運動の効果/歩幅と歩行速度/正しい歩き方/対象者に合った実践方法 など
・基礎実技3時間:シューズの履き方/エクササイズウォーキングの実践と指導/フォームチェックと指導方法 など
・応用実技1時間:レジスタンストレーニング

ウォーキングトレーナー養成講習会の基本情報
受講資格 特になし
受講料(税込) 非会員1万2,000円/会員9,500円(テキスト代込)
受講申請 公式ホームページまたは郵送・FAX
受講方法 会場
定員 30名

2-5ウォーキングアドバイザー(一般社団法人日本ランニング協会(JARUNA))

「ウォーキングアドバイザー」は、ウォーキングを以下の目的で行う運動として指導・アドバイスできる知識と能力を身につけた者に与えられる資格です。

・ランニングの準備段階
・ランニングの代替運動
・高齢になりランニングが負担になった方のための運動

講座では、ウォーキングの科学・効用・指導方法等をしっかり身につけ、楽しく指導できる人材育成を目的とした座学と実技が行われます。

【ウォーキングアドバイザー講座の内容】
・座学:ウォーキングアドバイザーの意義/運動学としての歩行知識/生理学としての歩行知識/ウォーキングのさまざまな効能 など
・実技:基礎歩行/歩き方指導/エネルギー効率の高い歩き など

ウォーキングアドバイザー講座の基本情報
受講料(税込) 3万8,000円
受講申請 インターネットから申し込み
受講方法 在宅(テキスト)+会場(講座・認定試験)

2-6ウエルネスウォーキングリーダー/インストラクター(日本ウエルネスウォーキング協会)

ウエルネスウォーキングとは、ノルディックウォーキングや健康ウォーキング、まち歩きなどの要素を取り入れた新しいウォーキングスタイルを指します。
「ウエルネスウォーキングリーダー/インストラクター」資格は、このノウハウを習得した指導者に与えられる資格です。
リーダーはウォーキングイベントでのコース案内、インストラクターはウエルネスウォーキングイベントの開催ができます。

リーダーカリキュラム・インストラクターカリキュラムともに、理論・実技を含む5時間の講座を受講することで資格取得が可能です。

ウエルネスウォーキングリーダー

【リーダーカリキュラムの内容】
・ヘルスツーリズムによる地方創生
・ウエルネスウォーキングの基本業務
・ウエルネスウォーキングのやり方 など

リーダーカリキュラムの基本情報
受験資格 18歳以上
受講料 5,000円(学生1,000円)
受講申請 インターネットから申し込み
受講方法 在宅(オンライン)※実習は指定場所・日時あり
定員 20名

受講後はアシスタントリーダーとなり、リーダー認定にはウエルネスウォーキングへの複数回の参加などの条件が設けられています。

ウエルネスウォーキングインストラクター

【インストラクターカリキュラムの内容】
・ウエルネスとは
・インストラクターの基本スキル
・ウエルネスウォーキングインストラクターへの道 など

インストラクターカリキュラムの基本情報
受験資格 リーダー資格保有者
受講料 8,000円(学生4,000円)
受講申請 インターネットから申し込み
受講方法 会場(理論・実技)
定員 20名

受講後、自身で開発したコースで3回企画開催をすることで、インストラクターの認定を受けられます。
さらに、上位資格として上級インストラクター資格が設けられています。

2-7ウォーキングリーダー(一般社団法人日本姿勢と歩き方協会®)

「ウォーキングリーダー」は、ウォーキングの基礎知識を学び、自身の健康管理に役立てることを目的とした資格です。
資格取得後は、地域のウォーキングリーダーとしてボランティア活動で、また美容・健康・運動等の専門職における健康指導に、習得した知識を活かせます。

講座・実技修了後に簡単な筆記試験が行われ、合格者には証書と認定カードが後日送付されます。

【ウォーキングリーダーコースの内容】
・講義:ウォーキングの目的と効用/歩くための体の仕組み/知っておきたいウォーキング知識 など
・実技:基本の姿勢/歩くための体の仕組み/ストレッチ など

ウォーキングリーダーコースの基本情報
受講料 2万2,000円(税込)(対策講座・検定料込)
受講申請 インターネットから申し込み
受講方法 会場(講義・実技)

2-8ノルディック・ウォーク公認指導員(一般社団法人全日本ノルディック・ウォーク連盟(JNWL))

ノルディック・ウォークとは、オフシーズンのスキートレーニングとして始まった、ポールを持って歩くウォーキング方法のことです。
「ノルディック・ウォーク公認指導員」資格の主催である全日本ノルディック・ウォーク連盟では、全国各地でノルディックウォークを楽しむイベントを開催しています。

公認指導員資格は、2日間の講座を受講することで取得可能です。

【ノルディック・ウォーク公認指導員養成講座の内容】
・ノルディック・ウォークの起源
・ノルディック・ウォークの効果/効能
・スポーツ・トレーニングとしてのノルディック・ウォーク など

ノルディック・ウォーク公認指導員養成講座の基本情報
受講資格 ・18歳以上で心身共に健康な方
・一度に10km以上の距離を一般的なスピードで歩行可能な方
・地域貢献及び社会貢献に積極的な考えをお持ちの方
・運動療法による健康増進やリハビリテーションに興味のある方
・環境問題、社会福祉問題等に興味のある方
受講料 4万7,600円(税込)
受講申請 FAXまたは郵送
受講方法 会場(講義・実技)

2-9ウォーキングアドバイザー/インストラクター(株式会社ICBI)

これまでの資格が健康の保持増進を主な目的としていたのに対し、「ウォーキングアドバイザー/インストラクター」は、歩く見た目の美しさに重きを置いた資格です。

ウォーキングインストラクターには、ウォーキングの基本からモデルのキャットウォーキング、美しい姿勢や美しい立ち居振る舞いを指導する能力が求められます。
資格を取得することで、ウォーキング技術だけでなく、社員研修にも対応できる立ち居振る舞いやマナーについての知識も得られます。
ウォーキングアドバイザー養成(資格取得)講座受講後、ウォーキングインストラクター養成(資格取得)認定コースの受講が可能です。

ウォーキングアドバイザー

【ウォーキングアドバイザー養成(資格取得)講座の内容】
・基本姿勢と指導法
・美しい立ち方と指導法
・座り方、しゃがみ方、立ち上がり方と指導法 など

ウォーキングアドバイザー養成(資格取得)講座の基本情報
受講資格 特になし
入会金 3万3,000円(税込)
受講料 9万9,000円(税込)/個人レッスン19万8,000円(税込)
受講申請 インターネットから申し込み
受講方法 会場(東銀座にあるICBI本校)
定員 16名程度

ウォーキングインストラクター

【ウォーキングインストラクター養成(資格取得)認定コースの内容】
・姿勢のチェックと修正法
・ボディメイキング・ウォーキング基礎フォーム
・ビデオ撮影とチェック など

ウォーキングインストラクター養成(資格取得)認定コースの基本情報
受講資格 ウォーキングアドバイザー養成講座修了生
入会金 3万3,000円(税込)
受講料 19万8,000円/個人レッスン39万6,000円
受講申請 インターネットから申し込み
受講方法 会場(東銀座にあるICBI本校)
定員 16名程度
ウォーキングアドバイザー認定試験はこちら
https://www.nihonsupport.org/biyoshikaku/walking/

取得方法別|ウォーキング資格のまとめ

「スクールに通う時間がない」「試験日程と自分の都合が合わない」と、資格取得を諦めた経験がある方も多いのではないでしょうか?

ウォーキング資格の中には、在宅で勉強から資格取得まで可能な資格が複数あります。
ご自分に合った資格選びの参考にしていただけるよう、在宅で取得できるものと講習会参加が必要なものとに分けて解説します。

3-1在宅で取得できるウォーキング資格

以下の資格は、在宅での取得が可能です。

・ウォーキングアドバイザー(日本生活環境支援協会(JLESA))
・歩き方インストラクター(日本インストラクター技術協会(JIA))
・一般社団法人日本ウオーキング協会(JWA)認定指導資格

在宅受講が可能な資格を選べば、会場に足を運ぶのが難しい方でも気軽に資格取得を目指せるでしょう。

※一般社団法人日本ウオーキング協会(JWA)の資格のうち、健康ウオーキング指導士のみ会場での受講が必要

3-2会場で講習会などに参加し取得できるウォーキング資格

会場で講習会に参加したり、実技指導を受けたりすることで取得できる資格はこちらです。

・健康ウオーキング指導士(一般社団法人日本ウオーキング協会(JWA))
・ウォーキングトレーナー(一般社団法人メディカル・フィットネス協会(MFA))
・ウォーキングアドバイザー(一般社団法人日本ランニング協会(JARUNA))
・ウエルネスウォーキングリーダー/インストラクター(日本ウエルネスウォーキング協会)
・ウォーキングリーダー(一般社団法人日本姿勢と歩き方協会?)
・ノルディック・ウォーク公認指導員(一般社団法人全日本ノルディック・ウォーク連盟(JNWL))
・ウォーキングアドバイザー/インストラクター(株式会社ICBI)

上記の資格は、開催日程に合わせて会場に出向く必要があります。
数日間のカリキュラムが組まれている資格もあるため、必ず日程を確認してから申し込みましょう。

ウォーキングアドバイザー認定試験はこちら
https://www.nihonsupport.org/biyoshikaku/walking/

ウォーキング資格をWで取得するおすすめの方法はこちら!

ご紹介した9つの中で、在宅で取得できる人気資格として特におすすめなのが、「ウォーキングアドバイザー(日本生活環境支援協会(JLESA))」と「歩き方インストラクター(日本インストラクター技術協会(JIA))」です。

上記の資格は、SARAスクールの「ウォーキング資格取得講座」または諒設計アーキテクトラーニングの「ウォーキングアドバイザーW資格取得講座」のいずれかを受講することで、2つ同時に取得できます。

SARAスクールでは基本コースとプラチナコースの2種類があります。
基本コースでは資格取得のための通信講座受講のみとなり、試験は各自での申し込みが必要です。
プラチナコースを選択すれば、講座の受講修了と課題の提出だけで、試験なしで2つの資格の取得が可能です。

諒設計アーキテクトラーニングでも同様に、通信講座のみの基本講座と、受講修了と課題提出のみでW資格取得が可能なスペシャル講座が用意されています。

両スクールの基本コース・基本講座はともに5万9,800円、プラチナコース・スペシャル講座は7万9,800円です。
在宅でウォーキング資格取得を目指したい方は、まずこちらの通信講座から始めてみてはいかがでしょうか。

ウォーキングアドバイザー認定試験はこちら
https://www.nihonsupport.org/biyoshikaku/walking/

まとめ

ウォーキングは、健康的な生活を送るために、もっとも手軽に取り入れられる運動のひとつです。
資格を取得することで、自身や家族の健康維持に役立つだけでなく、運動や健康に関わるさまざまな仕事に活かすこともできます。

ウォーキング資格の勉強・取得をとおして歩くことによる健康効果についての理解を深め、ウォーキングを習慣化して生活の質の向上を目指しましょう。