収納マイスター認定試験

収納マイスターとは、「部屋が片づけられない」などの悩みを整理方法や収納方法によって解決する“収納の達人” です。基本的な収納法から依頼者の要望に合った整理・収納方法を的確に提案できる能力が問われます。資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。

受験申込み

収納資格検定試験概要

収納マイスター認定試験

受験資格
特になし
受験料
10,000円(消費税込み)
受験申請
インターネットからの申込み
受験方法
在宅受験
合格基準
70%以上の評価
資格試験内容
  • 収納マイスターとは?、収納マイスターは、こんな悩みを解決します、収納マイスターに求められるスキル、収納マイスターになるには?、収納マイスターは、こんな方におすすめ
  • 収納マイスターの基礎知識、収納マイスターの心得、必要な物だけ収納する、毎日使う物を使いやすい場所に収納する、使う場所の近くに収納する、使用頻度に合わせて収納する、余裕を持って収納する、収納の方法、隠す収納、見せる収納、収納の種類、棚収納、引出し収納、つり下げ収納、収納マイスターの必需品、メジャーの選び方、定規の選び方、測り方、クローゼットの測り方、押入れの測り方
  • 収納を始める前に~ワークフローと整理、収納マイスターのワークフロー、要る物と要らない物を分別する(整理する)、要る物と要らない物を判断する基準、分別するときのポイント、要らない物を処分する、“ 捨てる” 以外の処分方法
  • スペース別収納、押入れの収納、押入れ収納の基本ルール、押入れ収納の手順、押入れ収納のアイデア、クローゼットの収納、クローゼット収納の基本ルール、クローゼット収納のアイデア、キッチンの収納、キッチン収納の基本ルール、キッチン収納のポイント、キッチンを整理するときの手順、キッチン収納のアイデア、リビングルームの収納、リビングルーム収納の基本ルール、リビングルームの収納アイデア、玄関の収納、玄関収納の基本ルール、玄関収納のアイデア
  • 整理整頓術

    片付けが苦手な方や、どのように片付けると良いのか分からない、という悩みを持たれている方は少なくありません。特に様々な物が溢れている時代、上手く整理整頓や収納スペースを確保しないと、家の中が物で溢れてしまいがちです。きちんと整理整頓することができれば、部屋に無駄なものが無くなり、綺麗な印象を与え、また掃除もしやすいものです。整理整頓の難しいところは、すぐに仕舞う事が出来て、すぐに取り出せるようにすることです。いくら大きな収納スペースがあっても、どこになにを仕舞ったのか分からなくなってしまうようでは意味がありません。その為、昨今では、収納ケースやボックスなどは、半透明で中身が何か分かるものが人気です。また、中身を分類し、名前を書いておくことで、仕舞う時も仕舞い場所が明確となっており楽ですし、探す手間も省くことができます。良く使うものは身近な場所に収納エリアを作り、すぐに仕舞えるようにすると、仕舞うのが面倒にならず、小まめに仕舞う習慣が身に付くようになります。特にリビング、キッチン、寝室などは、一日の中でも比較的滞在時間が長いので、収納ボックスや収納棚を設置しておくと便利に使うことができます。収納や整理整頓には、様々なアイテムやアイデアがありますので、テクニックや知識を身に付けてはいかがでしょうか。

    収納のアイデア

    日本の狭い住宅スペース事情から、収納に関する様々なアイテムや便利グッズが販売されており、工夫次第でスペースの有効やオシャレな収納方法が可能となりました。その中でも、工夫次第で様々な形で有効活用できるアイテムとして人気なのが、つっぱり棒、収納ボックス・容器・ケース、壁掛けハンガーなどです。
    つっぱり棒では、今までに何も無かった空間に棒を繋げることで、棚を作ったり、物を引っ掛けることができるスペースを作ることができます。つっぱり棒の良いところは、壁に穴や傷が付かない点、簡単に取り外しができる点です。重量物は落ちる可能性がありますが、軽量物であれば棚として有効活用することが出来ます。そして収納に欠かせないのが、収納ボックス・ケース・容器です。昨今では、様々なタイプの大きさが販売されており、クローゼットの中だけでなく、引き出しの中や棚など、限られたスペースや収納する物に合った大きさの物を見つけることができます。また、中身が確認することができる半透明な物から、カラフルな色の物まで販売されており、オシャレに収納することができます。壁掛けハンガーでは、壁に取り付けることで、オシャレに服を掛けるだけなく、ウォールポケットを使用することで様々な物が収納できます。住空間を有効活用できるテクニックを身に付けて収納上手を目指してみてはいかがですか?

    試験実施日程

    試験期間中に解答し、提出期限までに返却用の封筒で解答用紙をお送りください。

    平成29年12月実施試験

    受験申込期間
    平成29年11月1日~11月30日
    受験票
    試験問題
    解答用紙発送日
    随時
    試験期間
    平成29年12月20日~25日
    答案提出期限
    平成29年12月30日必着
    合否通知発送日
    平成30年1月20日

    平成30年2月実施試験

    受験申込期間
    平成30年1月1日~1月30日
    受験票
    試験問題
    解答用紙発送日
    随時
    試験期間
    平成30年2月20日~25日
    答案提出期限
    平成30年2月28日必着
    合否通知発送日
    平成30年3月20日

    平成30年4月実施試験

    受験申込期間
    平成30年3月1日~3月30日
    受験票
    試験問題
    解答用紙発送日
    随時
    試験期間
    平成30年4月20日~25日
    答案提出期限
    平成30年4月30日必着
    合否通知発送日
    平成30年5月20日

    平成30年6月実施試験

    受験申込期間
    平成30年5月1日~5月30日
    受験票
    試験問題
    解答用紙発送日
    随時
    試験期間
    平成30年6月20日~25日
    答案提出期限
    平成30年6月30日必着
    合否通知発送日
    平成30年7月20日

    平成30年8月実施試験

    受験申込期間
    平成30年7月1日~7月30日
    受験票
    試験問題
    解答用紙発送日
    随時
    試験期間
    平成30年8月20日~25日
    答案提出期限
    平成30年8月30日必着
    合否通知発送日
    平成30年9月20日

    平成30年10月実施試験

    受験申込期間
    平成30年9月1日~9月30日
    受験票
    試験問題
    解答用紙発送日
    随時
    試験期間
    平成30年10月20日~25日
    答案提出期限
    平成30年10月30日必着
    合否通知発送日
    平成30年11月20日

    平成30年12月実施試験

    受験申込期間
    平成30年11月1日~11月30日
    受験票
    試験問題
    解答用紙発送日
    随時
    試験期間
    平成30年12月20日~25日
    答案提出期限
    平成30年12月30日必着
    合否通知発送日
    平成31年1月20日

    平成31年2月実施試験

    受験申込期間
    平成31年1月1日~1月30日
    受験票
    試験問題
    解答用紙発送日
    随時
    試験期間
    平成31年2月20日~25日
    答案提出期限
    平成31年2月28日必着
    合否通知発送日
    平成31年3月20日