手芸アドバイザー認定試験

手芸アドバイザーとは、クラフトに関するカーピング、ギャザーなどの様々な知識、技術を理解していることを認定する資格です。クラフトは、ジャンルが広く、若者から年配の方まで、多くの人が楽しめる趣味です。初心者の方でも簡単に実用的なものをつくることができ、普段の生活に自分の作った作品を使用、飾ることで、ライフスタイルに変化を与え、生活をより密あるものへと変えます。また、自分で作ったハンドメイドを使い、買う生活から、作る生活へ変化します。空いている時間を有効に活用したい方、子供に何か作ってあげたい方、ハンドメイドの趣味をしてみたいけれどどうすればいいかわからない方にオススメです。
資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。

受験申込み

手芸資格検定試験概要

手芸アドバイザー認定試験

受験資格
特になし
受験料
10,000円(消費税込み)
受験申請
インターネットからの申込み
受験方法
在宅受験
合格基準
70%以上の評価
資格試験内容
  • 糸ラベルの見方、クラフト製作でよく使用する糸の種類、ウール糸、モヘア糸、アンゴラ糸、アルパカ糸、アクリル糸、コットン糸、装飾用糸の取扱い注意点、大切な作品をフェルト化させないポイント、天然素材と合成繊維を上手に使い分けよう
  • 革、用具、基礎知識と銀面の下処理方法、床面・コバの下処理方法、糸の通し方・長さ、菱目打ちの方法、ステッチのかけ方、革のお手入れ方法について
  • ハンドメイド作品の販売について、コースター、ランチョンマット、アクリルたわし、鍋敷き、My箸ケース、お弁当バッグ、ペットボトルケース、ワインバッグ、ミトン、エプロン(オール)、エプロン(ハーフ)
  • 手芸とは

    手芸とは、個人の趣味として、裁縫、刺繍、編み物などを駆使して創作品を作ることです。手芸は、趣味として女性に根強い人気があり、手芸店などに行くと、プロが使うような専門的な道具や豊富な材料のほか、一作品に必要な材料が全て同封されたキット商品が販売されており、一定の需要があると言えます。また、上級者になると、自分で作った作品をインターネットを通じて販売し、趣味を商売として営んでいる方もみえます。
    手芸には、洋裁・和裁・キルトなどの裁縫、クロスステッチ・カットワークなどの刺繍、棒針編み・ゆび編み・リリヤンなどの編み物、ニードルレース・ボビンレース・フィレレースなどのレース、藍染め・草木染め・友禅染めなどの染色、飾り結び・組み紐などの紐細工などに加え、彫金・ネイルアート・ビーズなどの宝飾品、球体関節人形・ぬいぐるみ・日本人形などの人形、ドライフラワー・ブリザードフラワー・ペーパークラフトなども手芸の一環とされています。それぞれにテクニックや知識、慣れが無いと、上手く作ることはできず、その為、カルチャースクールなどで手芸を学ばれる方も多くみえます。手芸を趣味として様々な作品を作りたい、趣味の手芸を活かして商品の販売をしたいと思われている方は、手芸に関する知識やテクニックを身に付けてみてはいかがでしょうか。

    手芸用品の種類

    手芸の専門店に行くと、様々な手芸に関する便利なグッズ、簡単に作品が作ることができるキット商品、豊富な種類の生地や糸、また衣類の補修用品などが販売されており、誰もが手軽に手芸を始めることができます。その為、自宅にミシンを購入される方が増え、自作の服やアクセサリー、ぬいぐるみや人形などだけでなく、カーテンや手提げ袋などを作られる方が増えてきています。また、それらをインターネットやフリーバザーなどを通じて、販売されている方も増えてきており、新たに手芸を始める方が年々増えてきています。
    手芸に使用する代表的な用品と言えば、針・糸・生地です。針と一口に言っても、長さ・太さ・糸穴の大きさなど様々あり、糸では絹・綿などの天然繊維、ポリエステルやナイロンなどの合成繊維、色・太さ・撚り方など豊富な種類があります。また生地に於いては、糸と同様に様々な種類があり、ブロード生地・シーチング生地・オックス生地・キルティング生地など豊富な上に、模様・厚み・手触りなど、何百、何千という種類が販売されています。いずれも、用途に応じて使い分ける必要があり、手芸に関する知識が無いと、最適な用品を使用することができないと言えます。今は、豊富な種類な用品が販売されていますので、手芸を楽しみながらテクニックを磨いてみてはいかがでしょうか。

    試験実施日程

    試験期間中に解答し、提出期限までに返却用の封筒で解答用紙をお送りください。

    平成29年12月実施試験

    受験申込期間
    平成29年11月1日~11月30日
    受験票
    試験問題
    解答用紙発送日
    随時
    試験期間
    平成29年12月20日~25日
    答案提出期限
    平成29年12月30日必着
    合否通知発送日
    平成30年1月20日

    平成30年2月実施試験

    受験申込期間
    平成30年1月1日~1月30日
    受験票
    試験問題
    解答用紙発送日
    随時
    試験期間
    平成30年2月20日~25日
    答案提出期限
    平成30年2月28日必着
    合否通知発送日
    平成30年3月20日

    平成30年4月実施試験

    受験申込期間
    平成30年3月1日~3月30日
    受験票
    試験問題
    解答用紙発送日
    随時
    試験期間
    平成30年4月20日~25日
    答案提出期限
    平成30年4月30日必着
    合否通知発送日
    平成30年5月20日

    平成30年6月実施試験

    受験申込期間
    平成30年5月1日~5月30日
    受験票
    試験問題
    解答用紙発送日
    随時
    試験期間
    平成30年6月20日~25日
    答案提出期限
    平成30年6月30日必着
    合否通知発送日
    平成30年7月20日

    平成30年8月実施試験

    受験申込期間
    平成30年7月1日~7月30日
    受験票
    試験問題
    解答用紙発送日
    随時
    試験期間
    平成30年8月20日~25日
    答案提出期限
    平成30年8月30日必着
    合否通知発送日
    平成30年9月20日

    平成30年10月実施試験

    受験申込期間
    平成30年9月1日~9月30日
    受験票
    試験問題
    解答用紙発送日
    随時
    試験期間
    平成30年10月20日~25日
    答案提出期限
    平成30年10月30日必着
    合否通知発送日
    平成30年11月20日

    平成30年12月実施試験

    受験申込期間
    平成30年11月1日~11月30日
    受験票
    試験問題
    解答用紙発送日
    随時
    試験期間
    平成30年12月20日~25日
    答案提出期限
    平成30年12月30日必着
    合否通知発送日
    平成31年1月20日

    平成31年2月実施試験

    受験申込期間
    平成31年1月1日~1月30日
    受験票
    試験問題
    解答用紙発送日
    随時
    試験期間
    平成31年2月20日~25日
    答案提出期限
    平成31年2月28日必着
    合否通知発送日
    平成31年3月20日