閉じる
ハンドメイド作家にはどうやってなる?資格は必要?仕事内容は?
手芸アドバイザー ハンドメイド作家にはどうやってなる?資格は必要?仕事内容は?

手芸は今も昔も、人気の趣味の1つです。自分で作品を作って楽しんだり、身近な人にプレゼントしたりする他、最近ではインターネットで気軽に販売できるようになり、副業としても注目されています。

自分や誰かのために作る喜び、1点ものを手にする喜び。ハンドメイド作品は、作る側も買う側も幸せにする力があります。昔と比べ既製品が安く手に入る時代ではあっても、ハンドメイド人口は減らないでしょう。

ハンドメイド作家は、趣味から始めて目指す人が多い注目の職業です。

ハンドメイド作家にはどうやってなる?資格は必要?仕事内容は?

目次
手芸アドバイザー(ハンドメイド資格)はこちら
https://www.nihonsupport.org/syugeishikaku/syugei/

ハンドメイド作家とはどういう職業?

ハンドメイド作家とはどういう職業?

ハンドメイド作家とは、オリジナルのハンドメイド作品を作り、それを販売する人です。趣味の延長の副業として行っている人もいれば、プロのハンドメイド作家として本業で活躍している人もいます。

自分のオリジナルブランドを立ち上げたりも可能で、インターネットでのショッピングが普及している現在は、世界に向けて活躍できる職業と言えるでしょう。

手芸アドバイザー(ハンドメイド資格)はこちら
https://www.nihonsupport.org/syugeishikaku/syugei/

ハンドメイド作家になるにはどうする?

ハンドメイド作家になるにはどうする?

ハンドメイドの技術や知識があれば、誰にでもハンドメイド作家として活動できます。センスやオリジナリティのある作品が作れると、注目度も高まるでしょう。

魅力的な作品を制作し、それを継続的に販売できていると、ハンドメイド作家と呼べるかもしれません。ただしそれは自称の域を出ず、職業と呼ぶには少し説得力がないでしょう。

良い作品を制作するにあたっての知識や技術は、基礎からしっかりと身につけられると、自信を持ってハンドメイド作家としての活動ができるはずです。ハンドメイドには、道具や材料の知識が欠かせません。

また手技・手法も様々なため、専門のスクールや講座などで基礎から学ぶのがおすすめです。専門学校など通学で学ぶ他、通信講座で学ぶ方法もあります。

通信講座の中でも、簡単な知識や技術を取得できるものから講師としての資格が取得できるものまで様々です。仕事にするならば、やはり資格の肩書きがあった方が有利。

自身の目的に合わせて、学習方法を選択すると良いでしょう。

手芸アドバイザー(ハンドメイド資格)はこちら
https://www.nihonsupport.org/syugeishikaku/syugei/

ハンドメイド作家の仕事内容はどんなもの?どんな活躍ができる?

ハンドメイド作家の仕事内容はどんなもの?どんな活躍ができる?

ハンドメイド作家の主な仕事は、作品の制作です。顧客の依頼を受けて制作するケースと、自分でテーマなどを考えて制作するケースとがあります。

活動方法によって制作の方向性は変わるため、どちらが得意かなどを考えて道を選択しましょう。作品の制作には、制作方法(裁縫・編み物・革細工など)や材料の選定なども必要です。

同じモチーフや同じ用途の作品であっても、制作方法によって印象や耐久性などは大きく異なります。素材1つでもまた違ったものができるため、面白い部分でもあります。

作品に合わせて最適な素材を選択し、オリジナリティのある作品を作らなければなりません。また、作品を販売するのもハンドメイド作家の仕事です。

作品を気に入ってくれて常時雑貨店などに置いてもらえるようになるとうれしいのですが、そこまでのレベルになるのはほんの一握り。基本的にはハンドメイド作家が自分で販売すると思った方が良いでしょう。

販売方法はイベントやフリマなど様々ありますが、手軽なのはインターネットです。最近ではハンドメイド作品の販売が簡単に行えるアプリもあるため、始めやすいでしょう。

インターネットで作品を販売するためには、作品の撮影や商品紹介も必要です。もし質問があれば、速やかに対応しなければなりません。作品が売れた場合には、梱包や発送の作業もあります。

思った以上に雑務が多いため、その点は覚えておいた方が良いでしょう。ハンドメイド作家は、以下の様な職場での活躍も期待されます。

3-1手芸店

手芸店には、裁縫など手芸の材料を買うお客様が訪れます。

こういった質問が日常的にあるでしょう。ハンドメイド作家は自分自身が多数の作品を制作しているため、材料選びが得意です。

また素材についての知識も豊富なため、手芸店のお客様のニーズに応えられるでしょう。また手芸店では、イベントやサービスとして手芸教室を行っているところもあります。

初心者向け~上級者向けまで様々ですが、ハンドメイド作家が講師を務めれば話題性も抜群です。手芸店で働きながら、自分の作品をお店で販売してもらえる機会もあるかもしれません。

上靴入れなど子どもが学校で使うものは、需要がある割にオリジナリティのあるものが少なく、ハンドメイド作品が喜ばれます。お客様とのやり取りの中でニーズを読み取り、それに合った作品を制作・販売できれば最高ですね。

3-2雑貨店

雑貨店でも、ハンドメイド作品を取り扱うところが多くなってきました。ハンドメイド作品はどこでも手に入るものではなく、ここでしか出会えない特別感が魅力です。雑貨店には、そのお店のこだわりの商品が置いてあります。

人気の雑貨店は、世界観やコンセプトなどがしっかりとあり、見ているだけで楽しいものです。そこに1点もののハンドメイド作品が置いてあると、それを目当てに頻繁に訪れるお客様も出てくるでしょう。

雑貨店で働きつつ、その世界観に合った作品を制作・販売していけると、お店にとってもハンドメイド作家にとってもうれしいですよね。共感できるお店に出会えるかどうかがカギと言えます。

ハンドメイド作品や好きな雑貨に囲まれて仕事ができるのは、幸せな環境と言えるでしょう。

3-3カルチャースクール

ハンドメイド作家は、カルチャースクールの講師も務められます。お家時間が見直された最近ではパッチワークや編み物などの手芸への関心が高まり、カルチャースクールも人気です。

カルチャースクールでは、材料や道具の特徴からミシンの使い方、実際の作品作りの方法やコツまで幅広く教えます。1回限りの単発の教室や、ステップアップできる内容のものまで様々。

ある程度の内容はこちらで決められる場合も多く、季節やそのときの流行を取り入れて工夫をすればさらに人気が出るでしょう。カルチャースクールによりますが、人気の講師となれば給料もUPするはずです。将来的には独立もできるかも?

副業から本業まで、多くの可能性のある仕事と言えるでしょう。ハンドメイド作家としての知識と技術で、手芸が好きな人が増えていくのはうれしいものですね。

3-4手芸教室

自宅での手芸教室も、気軽に参加できる習い事として人気です。手芸教室はカルチャースクールと比べると少人数のため、1人1人に細かな指導ができます。また自由度も高く、生徒と一緒に内容も作り上げて行けるでしょう。

生徒の希望があれば作品の販売をするのも可能です。副業として週末に教室を開くなどすれば、今の生活に+αで収入と楽しみが得られます。自分のペースで教室が開けるのが魅力ですね。

手芸アドバイザー(ハンドメイド資格)はこちら
https://www.nihonsupport.org/syugeishikaku/syugei/

こんな人がハンドメイド作家に向いている

こんな人がハンドメイド作家に向いている

もの作りが好きな人にとってハンドメイド作家の仕事は魅力的ですが、仕事にするには好きだけでは済まない部分もありますよね。誰でもハンドメイド作家にはなれるとは言え、もちろん向き不向きもあります。

ハンドメイド作家には、どのような人が向いているのでしょうか?

ハンドメイド作家は、オリジナリティのある作品を作らなければなりません。そこにはもちろん、人を惹きつけるようなものを作るセンスが必要です。『センス』とは曖昧な言葉ですよね。

美的センスだけではなく、時代の流れを読むセンス、相手の希望を読み取るセンスなど様々なセンスがあります。ハンドメイド作家には、相手に「ほしい」と思ってもらえるような作品を作る幅広いセンスが必要です。

ハンドメイド作品を制作するには、自分なりのペースがあるでしょう。時間を何日もかけてじっくりと1つのものを作る人、数時間一気に集中して作る人など様々です。

どのような作り方であっても、趣味で作っているときは問題ありませんが、作品を販売するとなると話は別です。ある程度の作品数が必要であり、それも場合によっては比較的短期間で制作する必要があります。

集中力があっても、それを維持できなければ、多くの作品は作れません。集中力を維持するのが得意な人は、もの作りを仕事にするのに向いていると言えるでしょう。また、作品を販売するとなると期限が生じます。

制作に夢中になるとつい時間を忘れてしまいがちですが、期限を守らないと信用に関わるので注意が必要です。期限に遅れがちな人は、ハンドメイド作家など作品を制作する職業には向いていません。

作品を販売するには、問い合わせに対する返信や発送作業などの雑務も、かなり多く必要です。いくら良い作品を制作しても、販売に対する対応が良くなければ、そのハンドメイド作家に対しての評価は最悪。

良い買い物をしたと思わなければ、リピートはありません。雑務が苦にならず、そこに細かな気遣いができる人は、ハンドメイド作家に向いています。

ハンドメイド作家の代表的な資格を紹介

ハンドメイド作家の代表的な資格を紹介

ハンドメイド作家には、特に資格は必要ありません。しかし作品を販売する上で、何らかの肩書きがあると関心を持ってもらえるようになります。また、資格取得にはある程度の専門知識が必要です。

その知識は作品の制作に多いに役立つため、資格を持っている方が有利と言えるでしょう。ハンドメイド作家に関連した資格は多くありますが、代表的な物を以下にご紹介します。

5-1手芸&クラフトクリエイター

『手芸&クラフトクリエイター』は、日本能力教育促進協会(JAFA)が認定する民間資格です。協会指定の認定機関が行う講座において、認定機関指定の方法で受験を申し込むと受験できます。

講座受講後に好きなタイミングで在宅受験が可能です。手芸&クラフトクリエイターの試験では、

の4分野の知識を問われます。道具・使い方・技術などの知識も必要です。

5-2手芸アドバイザー

『手芸アドバイザー』は、日本生活環境支援協会が認定する民間資格です。受験資格は特になく、隔月で行われる試験は誰でも在宅受験できます。

手芸アドバイザーの試験では、糸の種類や取り扱い方、革細工に関する知識、クラフト全般についての知識や理解が必要です。また、ハンドメイド作品の制作や販売についても、幅広い知識と技術が問われます。

5-3棒針編み資格

『棒針編み資格』は、日本手芸普及協会が認定する民間資格です。協会指定のスクールのカリキュラムを修了し、規定の課題作品を提出すると認定されます。

ヴォーグ学園の棒針編み資格は、以下の4コース。

これらのコースは、下位のコースを修了しないと受講できません。棒針編みの他に、かぎ針編みの資格もあります。

5-4ニードルフェルトデザイナー

『ニードルフェルトデザイナー』は、日本デザインプランナー協会(JDP)が認定する民間資格です。受験資格は特にないため、誰でも隔月に行われる試験を在宅で受けられます。

ニードルフェルトデザイナーの試験では、ニードルフェルトに必要な道具や方法などの基礎知識・技術が問われます。

おすすめはどの資格か

おすすめはどの資格か

手芸は、裁縫や編み物からレジンアクセサリーや革小物などかなりの種類があります。それぞれに複数の資格があるため、ハンドメイド作家の仕事に関連した資格は実に様々です。

その中でも実用性が高くおすすめの資格がこちら!

手芸アドバイザーは受験資格がなく、誰でも資格取得できます。手芸全般の基礎知識が確認できるだけではなく、資格の取得により講師としての活動も可能になるため、仕事の幅が広がるでしょう。

資格の取得は独学でも可能ですが、道具や材料の知識などは自己流の学習では偏ってしまいがち。専門のスクールや通信講座などで基礎からしっかりと学習するのが重要です。

手芸アドバイザー
https://www.nihonsupport.org/syugeishikaku/syugei/

イチオシ資格講座はココ!

イチオシ資格講座はココ!

手芸アドバイザーの資格取得には、今の生活に取り入れやすい通信講座での学習がおすすめ!中でも特に人気なのが、以下の2つの資格講座です。これらの資格講座では、手芸アドバイザー以外にももう1つ資格が同時に取得できます。

ハンドメイド作家として活動するために役立ちますよ!

7-1ハンドメイドマイスターW資格取得講座 | 諒設計アーキテクトラーニング

『ハンドメイドマイスターW資格取得講座』は、諒(りょう)設計アーキテクトラーニングの通信講座です。ハンドメイドマイスターW資格取得講座では、『ハンドメイドマイスター』『手芸アドバイザー』の2つの資格が同時に取得できます。

これらの資格は互いに関連性が高く、同時に学習すると効率良く知識が身につくためハンドメイド作家を目指す人におすすめです。何か資格を取得するとなると、かなり時間も労力もかかってしまうと思いませんか?

ハンドメイドマイスターW資格取得講座は、初心者にも分かりやすいカリキュラムが人気。1日30分の学習の積み重ねで、約半年で資格取得が可能なのです。集中的に資格の勉強をする場合は、最短で2ヶ月での取得も可能。

通信講座なら、ライフスタイルに合わせて好きな時間に取り組めて安心ですね。実はハンドメイドマイスターW資格取得講座には、試験を受けずに資格が確実に取得できるコースがあります。それが『スペシャル講座』!

基本講座は5回の添削課題がありますが、スペシャル講座ではさらに1回の卒業課題があります。この卒業課題をクリアすれば、講座修了と同時に2つの資格が手に入るのです。忙しい毎日の中で資格取得を目指す人には、最適の講座ですね!

ハンドメイドマイスターW資格取得講座で学べば、ハンドメイド作家として活動するための知識や技術が効率良く取得できるでしょう。

ハンドメイドマイスターW資格取得講座

基本講座 試験対策
添削課題5回
受講料:59,800円(税込)
スペシャル講座 資格保証付
添削課題5回+卒業課題1回
受講料:79,800円(税込)

7-2ハンドメイド手芸資格取得講座 | SARAスクールジャパン

ハンドメイド手芸資格取得講座は、SARAスクールジャパンの通信講座です。ハンドメイド手芸資格取得講座を受講すると、『ハンドメイドマイスター』と『手芸アドバイザー』の2資格が共に取得できます。

SARAスクールジャパンは女性に人気の資格講座が多数!中でもハンドメイド手芸資格取得講座は、ハンドメイドに関する幅広い知識と技術が身につくため人気です。

ハンドメイドの知識と技術が身につけられると、自分の好みに合わせた小物を作ったり子どものために何かを作ったりできて良いですよね。女性に人気が高いのもうなづけます。副業としてハンドメイド作家を目指す人も多いでしょう。

ハンドメイド手芸資格取得講座では作品を販売するときのポイントまで学べるため、すぐに役立ちますよ。学習は1日30分でもOK。約6ヶ月で資格取得が可能なため、仕事や家事などに影響せずに始められます。

最短2ヶ月での取得もでき、急いで資格がほしい場合も安心です。特に『プラチナコース』は、卒業と同時に『ハンドメイドマイスター』と『手芸アドバイザー』の2資格が試験免除で取得できます。

2つの試験を受ける手間も省けるのに、卒業課題を1回提出するだけでOKなので簡単!試験対策ができる基本コースもありますが、人気はこちらのプラチナコースです。

SARAスクールジャパンなら、受講中のサポートも万全!ハンドメイド作家への近道と言えるでしょう!

ハンドメイド手芸資格取得講座

基本コース 試験対策 添削課題5回 受講料:59,800円(税込)
プラチナコース 資格保証付
添削課題5回+卒業課題1回
受講料:79,800円(税込)