日本生活環境支援協会

Menu

受験概要

各試験の受験概要は下記リンクよりご確認下さい。

ハウスクリーニングアドバイザー認定試験

ハウスクリーニングアドバイザーはプロの知識・視点を持ち、的確な判断やアドバイスが出来る掃除のスペシャリストです。プロとしての道具の扱い方、状態に応じた最適な掃除方法などの知識が問われます。資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。
 

ガーデニングアドバイザー認定試験

ガーデニングアドバイザーとして基本的なガーデンデザインの知識・技術・技能を有していることを認定します。ガーデニングの基礎知識、花木の種類、植栽プラン、ガーデンの設計・施工、管理の方法などについて出題されます。資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。
 

ライフ環境アドバイザー認定試験

ライフ環境アドバイザーは、高齢者や障害のある方を含めた多くの人がより快適に生活できる環境を提案するアドバイザーです。住宅の改善だけではなく、福祉用具や諸施策情報などについてのアドバイスなど多岐にわたり、幅広い知識が求められます。資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。
 

住生活材料品質鑑定士認定試験

建物、及び建築材料に関する一定以上の知識を持ち、住生活の視点から建物全体を鑑定・判断する能力を有しているかが問われます。資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。
 

収納マイスター認定試験

収納マイスターとは、「部屋が片づけられない」などの悩みを整理方法や収納方法によって解決する“収納の達人” です。基本的な収納法から依頼者の要望に合った整理・収納方法を的確に提案できる能力が問われます。資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。
 

手芸アドバイザー認定試験

手芸アドバイザーとは、クラフトに関するカーピング、ギャザーなどの様々な知識、技術を理解していることを認定する資格です。クラフトは、ジャンルが広く、若者から年配の方まで、多くの人が楽しめる趣味です。初心者の方でも簡単に実用的なものをつくることができ、普段の生活に自分の作った作品を使用、飾ることで、ライフスタイルに変化を与え、生活をより密あるものへと変えます。
 

土地建物アドバイザー認定試験

土地建物アドバイザー認定試験は、率先して土地建物について一定以上のレベルの知識を身につけ、土地,建物に関わる問題を的確にアドバイスできる事、これからの社会の姿を考えられる人材となることを目標とした検定試験です。
 

環境生活指導士認定試験

世界的に環境問題やエコロジーへの関心が高まっている中で、率先して環境について一定以上のレベルの知識を身につけ、これからの社会の姿を考えられる人材となることを目標とした検定試験です。
 
TOPへ

Copyright © Japan Living Environment Support Association All rights reserved. ※当サイトはリンクフリーです※