閉じる
乳酸菌ソムリエ 【厳選ヨーグルト資格】美容や健康に役立つ知識を探している方におすすめ

自宅での朝食やデザートにヨーグルトを摂取したり、飲食店で提供したりしている方は少なくありません。
しかし、ヨーグルトの魅力や栄養素を十分理解して効果的に活用している方は、それほど多くないのが現状です。
また、日本国内でヨーグルトについて学べる機会が充実していない事実も否めません。

そこでこの記事では、ヨーグルトについての知識を深められるヨーグルト資格をご紹介します。
ヨーグルトをつうじて健康・美容についての知識を深めたい方や美味しいレシピを知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

【厳選ヨーグルト資格】美容や健康に役立つ知識を探している方におすすめ

目次
乳酸菌ソムリエ認定試験はこちら
https://www.nihonsupport.org/ryourishikaku/yogurt/

ヨーグルト資格とは

ヨーグルト資格とは、いったいどんな資格なのでしょうか。
ヨーグルト資格から学べる内容と、資格の難易度をご紹介します。

1-1ヨーグルト資格の概要

ヨーグルト資格は、ヨーグルトに関する知識や技術が手に入る資格です。
ヨーグルトに含まれる栄養や乳酸菌の効果などの知識・手作りヨーグルトやヨーグルト料理のレシピを学べます。

資格は民間資格のみで、国家資格や公的資格はありません。
公的な効力は弱いですが、しっかり勉強すればヨーグルトに対する理解を深められます。
ヨーグルトについて詳しくなりたい方におすすめの資格です。

1-2ヨーグルト資格の難易度

ヨーグルト資格は受験資格がなく、大体2か月ほど勉強すれば取得できます。
テキストをよく読みこんでおけば、資格試験に挑戦したことがない方でも合格できるでしょう。

難易度はそれほど高くはありませんが、全く勉強しなくても合格できるようなものでもありません。
受験の際はしっかり試験対策しておきましょう。

乳酸菌ソムリエ認定試験はこちら
https://www.nihonsupport.org/ryourishikaku/yogurt/

ヨーグルトをより学べるヨーグルト資格2選

ヨーグルト資格はふたつあり、それぞれ学べる内容に微妙な違いがあります。
資格概要とともに、それぞれのヨーグルト資格の違いを解説します。

2-1乳酸菌ソムリエ

資格概要
認定協会 日本生活環境支援協会(JLESA)
受験資格 特になし
受験料 1万円(税込)
受験申請 インターネットより申し込み
受験方法 在宅受験
合格基準 70%以上の評価
受験日程 毎年偶数月の20〜25日
(受験申込期間は受験月の前月)
資格試験概要 ヨーグルトとは/ヨーグルトの概要/ヨーグルトの効能/ヨーグルトに含まれる栄養素/ヨーグルトのたんぱく質の特徴/乳酸菌について/ヨーグルトと菌/ビフィズス菌について/ブルガリア菌について/ヨーグルトとピロリ菌/ヨーグルトの種類と利用/花粉症とヨーグルト/ギリシャヨーグルト/カスピ海ヨーグルト/フローズンヨーグルト など

ヨーグルトや、ヨーグルトを使用した食品について知識があることを証明する資格です。
ヨーグルトと食材の組み合わせや、ヨーグルトの健康効果などを学べるほか、手作りヨーグルトやヨーグルトレシピを習得できます。
ヨーグルトをおいしく、健康的に食べるのに役立つでしょう。

資格試験は2か月に1度のペースで実施されており、スケジュール調節しやすい資格でもあります。
忙しくて資格試験に挑戦できない方でも受験しやすいため、おすすめです。

2-2ヨーグルトソムリエ

資格概要
認定協会 日本安全食料料理協会(JSFCA)
受験資格 特になし
受験料 1万円(税込)
受験申請 インターネットより申し込み
受験方法 在宅受験
合格基準 70%以上の評価
受験日程 毎年偶数月の20〜25日
(受験申込期間は受験月の前月)
資格試験概要 ヨーグルトの健康効果/ヨーグルトに含まれている栄養素/乳酸菌について/ヨーグルトの作り方/ヨーグルトを使用している食品や製品について/ヨーグルトのたんぱく質の特徴 など

「乳酸菌ソムリエ」と同じく、ヨーグルトやヨーグルトを使用した食品について学べますが、こちらは市販のヨーグルトの種類や違いなどを勉強できます。
内容が細かく違うため、取得の際はご注意ください。

「ヨーグルトソムリエ」は「乳酸菌ソムリエ」と試験スケジュールが同じなため、日程を調節すればふたつの資格を同時受験できます。
それぞれ内容が違う試験に同時に挑戦すれば、片方だけ受験したときよりもヨーグルトについての理解が深まるでしょう。
余裕がある方には、「乳酸菌ソムリエ」と「ヨーグルトソムリエ」の同時取得をおすすめします。

乳酸菌ソムリエ認定試験はこちら
https://www.nihonsupport.org/ryourishikaku/yogurt/

ヨーグルト資格を取得するとできること

ヨーグルト資格を取得するとできること

ヨーグルト資格を取得で得たヨーグルトの種類や健康効果についての知識は、実際の生活でどのように活用できるのでしょうか。
ヨーグルト資格を取得するとできることを解説します。

3-1ヨーグルトを普段の生活に活かせる

ヨーグルト資格を取得すると、手作りヨーグルトやヨーグルト料理・お菓子が作れるようになります。
普段の食生活においしくヨーグルトを取り入れられるようになるでしょう。

またヨーグルト資格では、ヨーグルトが持つ健康・美容効果を学べます。
普段の生活にヨーグルトを取り入れた健康法や美容法を活用できるようになるのも、この資格のメリットです。

3-2ヨーグルトを扱う仕事で役立つ

ヨーグルト資格取得で得た知識や技術は、ヨーグルト関連の仕事でも活用できます。
主な活用場所としては、ヨーグルトメーカーの工場やヨーグルトを販売する店が挙げられます。

例えばヨーグルトの作り方や扱い方の技術は、工場での業務に役立てられるでしょう。
ヨーグルトを販売する店なら、お客様におすすめのヨーグルトをご紹介したり、料理やお菓子作りのアドバイスをしたり、活用シーンがたくさんあります。

免許のように資格が仕事に直接影響を与えるわけではありませんが、学んだ知識や技術を活かせば、さまざまな活動ができるでしょう。
ヨーグルト資格は、普段の食生活だけでなく仕事にも役立つ資格です。

3-3ヨーグルトのおいしさや健康効果を伝える活動ができる

ヨーグルトについて詳しくなれば、おいしさや健康効果を伝える活動もできるようにもなります。
料理講師として手作りヨーグルトやヨーグルト料理を教える、ヨーグルトに詳しいグルメライターやインフルエンサーとして活躍するなど、知識を広める活動はたくさんあります。

活動が多くの人に注目されるようになれば、企業や大きな団体とのコラボレーションの可能性も。

講師やライター活動はとても大変ですが、成功すればほかではできない体験になるでしょう。

乳酸菌ソムリエ認定試験はこちら
https://www.nihonsupport.org/ryourishikaku/yogurt/

資格試験の主な対策方法

資格試験の主な対策方法

さまざまな活動に役立つヨーグルト資格ですが、取得するには試験対策が必要です。
ヨーグルト資格を取得する際の主な対策方法をご紹介します。
試験勉強の参考としてご活用ください。

4-1独学で勉強する

ヨーグルト資格には受験条件がなく、在宅で挑戦できます。
難易度もそれほど高くはないため、しっかり勉強すれば独学でも合格できるでしょう。

独学なら、試験対策にかかる費用がテキスト代程度で済みとてもリーズナブルです。
費用的にはお得に試験勉強ができる一方、勉強の計画や試験申し込みなどは自分で確実に行わなくてはなりません。
勉強不足や不備があった場合、対策が不十分な状態で試験を迎えたり、受験できなかったりなどのトラブルが発生することも。

独学で勉強する方は、勉強や手続きを計画的に行わなくてはなりません。
手続きや計画を立てるのが大変な方は、次の方法を利用しましょう。

4-2養成学校への通学・通信講座の利用

ヨーグルト資格は、通信講座を利用できます。
通信講座は学習内容や学習計画がカリキュラムに効率よく組み込まれており、それに沿って勉強すればまんべんなく試験対策ができる仕組みになっています。
通信講座のコースの中には、コース修了時に自動的に資格を取得できるなど、試験免除で資格が取得できるものも。
うまく活用すれば、試験に付随するさまざまなコストを削減できます。
受験を検討される際は、通信講座の利用もあわせてご検討ください。

また、ヨーグルト資格の取得を目指す方の中には、店や教室の開業・開校を目標にしている方もいらっしゃると思います。
開業・開校するには、ヨーグルト資格とは別に取得が必要な資格もあることに注意が必要です。

開業に必要な資格の中には、受験条件として特定の養成学校への通学が課されているものがあります。
資格試験の受験条件に通学が含まれているものは、独学では受験できません。

また通学・通信講座を受講するには学費も必要です。
費用が足りない場合、学費をためるところから始めなくてはならない点にもご注意ください。

4-3ヨーグルトの食べ比べや調理

ヨーグルト資格試験ではヨーグルトごとの違いも出題されますが、味・食感・香りはテキストに記載されている内容だけでは理解しにくいでしょう。
テキストを読んでもイメージがつかめないときは、実際にヨーグルトを調理し、食べてみましょう。

自分の舌や鼻で確かめることで、テキストを読んだだけではわかりにくいこともしっかり理解できます。
ヨーグルトごとの違いや特徴をより詳しく理解したい方は、ヨーグルトの食べ比べや調理に挑戦してみましょう。

乳酸菌ソムリエ認定試験はこちら
https://www.nihonsupport.org/ryourishikaku/yogurt/

ヨーグルト資格を仕事・開業に活かすために必要なこと

ヨーグルト資格は、ヨーグルトをより楽しめるようになる資格です。
そのままでも十分生活に活かせますが、ほかの資格と組み合わせて活用すれば、さらにいろいろなことができるようになります。
また店で働く際も、ちょっとの工夫でヨーグルト摂取の効果を高められることも。

次はヨーグルト資格を仕事に活かすのに役立つ資格やテクニックをご紹介します。

5-1飲食店開業の場合

ヨーグルト資格を取得すると、ヨーグルト料理やお菓子を作れるようになります。
ヨーグルトの性質なども理解すれば、オリジナルレシピによるメニューの提供も可能です。
資格で得た知識と技術を活かして、ヨーグルト料理やお菓子の専門店を開業するのも、よい活用方法といえます。

飲食店を開業するには、食品や調理場を衛生的に管理する資格が必要です。
具体的には、「食品衛生責任者」や「調理師免許」などがそれに該当します。
お菓子を製造・販売する店なら「製菓衛生師」を取得するとよいでしょう。
資格はそれぞれ受験条件や試験内容が違うため、取得を検討する際は事前調査を忘れないようにしてください。

5-2飲食店や食品会社でのキャリアアップの場合

現在飲食店や食品会社で働いている方の中には、キャリアアップを目的にヨーグルト資格の取得を検討される方もいらっしゃると思います。
資格を使ってキャリアアップしたいなら、ヨーグルトの専門家であることをお客様にアピールしましょう。

【ヨーグルト資格のアピール方法】
・ホームページやPOPで資格をアピールする
・名札や名刺にヨーグルト資格を記載する
・ヨーグルトの専門家であることを証明できる肩書きを名乗る

このように、店にヨーグルトの専門家がいることをアピールできれば、お客様に注目してもらえるようになります。
スムーズに商品紹介やアドバイスができるようになるでしょう。

資格を使ってキャリアアップしたい方は、お客様に積極的にアピールしてください。

5-3就職の場合

ヨーグルト資格を就職や転職に役立てたい方は、資格を履歴書に記載するだけでなく関連エピソードを用意しておきましょう。
なぜヨーグルト資格を取得しようと考えたのか、普段どのように資格を活用しているかなどを話せるようにしておくと、採用担当者へのアピールになります。

また、普段の生活でどのようにヨーグルトに興味を持ち日常に取り入れているかなども、アピールとしてよいエピソードになるでしょう。
ヨーグルト資格を就職や転職に活用する際は、資格を記載するだけでなく、実際に資格を活かしていることをアピールできるようにしておきましょう。

乳酸菌ソムリエ認定試験はこちら
https://www.nihonsupport.org/ryourishikaku/yogurt/

まとめ

ヨーグルト資格を取得すると、毎日の生活にヨーグルトをおいしく、健康的に取り入れられるようになります。
また使い方を工夫すれば、仕事や開業にも役立てられるでしょう。
国家資格や公的資格ほどの力はありませんが、工夫次第で活用できるシーンがたくさんある資格です。

ヨーグルト資格の難易度はそれほど高くはありませんが、試験対策は必要です。
複数の試験対策方法を利用できる資格でもあるため、取得を目指す際は相性のよい勉強方法で取り組むようにしましょう。