閉じる
ペットホテルスタッフになるために必要な資格とは?活かせる職場やおすすめの資格を紹介
ペットホテルソムリエ ペットシッター資格のおすすめ資格|各資格のメリット・仕事内容や勉強法まで解説!

ペットホテルは犬や猫を中心に一定の期間ペットを預かって世話を行う施設であり、飼い主がちょっとした買い物での外出から旅行などの遠出をする時まで、幅広く利用される場所です。

近年では施設の数も増えたことでペットを飼う人からも認知されるようになり、需要も高まっていることから、ペットホテルで働けるスタッフも求められています。

そんなペットホテルのスタッフは始めるために特別な資格は必要ありませんが、実力を証明することや信頼を得るためには資格を持っておくことが望ましいものです。

そこで、この記事ではペットホテルスタッフの概要や職場などを見ながら活動する際に相応しい資格について紹介していきます。

ペットホテルスタッフになるために必要な資格とは?活かせる職場やおすすめの資格を紹介

目次
ペットホテルソムリエ(ペットシッター資格)はこちら
https://www.nihonsupport.org/petshikaku/pethotel/

ペットホテルスタッフの基本

ペットホテルスタッフの基本

ペットホテルスタッフになるために、まずはペットホテルスタッフの基本的な部分と、なぜ資格の所持が望まれるかという理由について見ていきます。

1-1ペットホテルスタッフとは

ペットホテルスタッフは人がホテルに宿泊する時と同じように、ペットホテルに預けられたペットに対して様々なサービスを行う職業です。

預けられるペットとしては飼い主から離れていつもと違う場所で過ごすことは、少なからずストレスになることもあるので、たとえ短い時間の預かりであってもペットの様子や体調をしっかり見ておく必要があるものです。

そのため、ペットホテルは基本敵に24時間で管理する体制となっており、日勤だけでなく夜勤で働く可能性もあります。

特にお盆や年末などの長期の休みで、家を空けることが多くなる時期に利用されることが多く、その点も人のホテルとあまり変わらない忙しさです。

1-2ペットホテルスタッフの資格所持が望ましい理由

ペットホテルスタッフの募集について特別な条件が求められることはほとんどなく、個人開業する場合も建物の設置関係で必要な書類等は出てきますが、国が定めた資格がいるというものではありません。

しかし、実際にペットホテルスタッフとして働くことを考えると、協会などが発行するペットホテル関連の民間資格を所持しておくことが望ましいと言えます。

先にも書いたようにペットホテルでペットを預かることは、単にその期間の面倒を見るだけで良いというものではなく、違う環境へ来たことによる影響を考えながら世話をしなければならないものです。

そんな中でもしも体調不良が起きた時に正しい知識で対処できなければ預かったペットを危険にさらすことにもなりかねません。

このことから、ペットホテルスタッフになることについての条件がなくても、ペットホテルで働く上で必要な知識はしっかり身に付けるべきもので、その知識を証明できるような関連資格を取得しておいた方が良いでしょう。

提示できる資格があれば、利用者側にとって安心して預けられる場所になります。

ペットホテルソムリエ(ペットシッター資格)はこちら
https://www.nihonsupport.org/petshikaku/pethotel/

ペットホテルスタッフに活かせるペットホテルの知識を学ぶ方法とは?

ペットホテルスタッフに活かせるペットホテルの知識を学ぶ方法とは?

ペットホテルスタッフになるために、それに関連する資格取得を考える場合、資格試験を受けるまでの学習方法について決めなければいけません。

ただ、資格取得者自身の現状から学習できる場というのは限られるので、現在の生活リズムを崩さないような学習方法を選択した方が良いものです。

2-1専門学校

ペットホテルで働くために必要な知識は、ペットとして多い犬や猫などと触れ合うことが中心になることから、それらを学べる場所を利用することになります。その中で一番大きな施設としては、動物系やペットビジネス系の学科がある専門学校です。

近年では社会人や専業主婦・主夫でも学べるように特定の講義を解放したり、夜の時間帯に講義を始めるところも出てきているため、学生以外でも学べるチャンスはあります。

ただ、仕事や家事をしつつ改めて学校に通うことは、お金と体力の両方がかなり必要になるため、全ての人におすすめできる手段ではありません。

2-2教室・スクール

地域にあるカルチャーセンターや自覚で開講される教室・スクールは専門学校よりも通いやすいもので、料金も項目を絞る分低くなる可能性はあります。

しかし、講座のジャンルとしてペット関連はメジャーなものですが、ペットホテル関連に絞ると講座はほぼ見つからないと言って良い状態です。

2-3通信講座

通信講座でもペットを題材とした講座は豊富にあり、ペットホテル関連の資格についてもいくつか存在しています。

その講座の中には協会認定講座として資格試験に直結した教材を用意しているところもあるので、教材選びに迷うことなく学習を進められます。

また、通信講座は時間と場所を選ばずに始められるので、社会人や専業主婦・主婦も講座まで通う時間を使わずに空いた時間で勉強できるのは大きなメリットです。

上記の2つよりは講座を見つけてから勉強を始めるまでが容易であり、忙しい中でも続けられる可能性高いことから、学習方法を迷っている場合は通信講座がおすすめです。

ペットホテルソムリエ(ペットシッター資格)はこちら
https://www.nihonsupport.org/petshikaku/pethotel/

ペットホテルスタッフの知識が活かせる職場や仕事内容

ペットホテルスタッフの知識が活かせる職場や仕事内容

ペットホテルスタッフとしてのスキルを得た後に働ける職場としては候補があります。そんな資格取得後の職場の候補とその仕事内容を見ていきます。

3-1既存のペットホテルへの就職

ペットホテルスタッフとして働く選択肢としては最も多いのは既存のペットホテルへの就職です。

先にも書いたようにペットホテルは基本が24時間体制で見ていくことになり、長期休暇が繫忙期となるため、通常のサービス業で働く時と同じような忙しさがあるものです。

基本は預かったペットの食事や運動、排泄について世話をしていき、ホテルによってはトリミング等の身だしなみを整えるサービスを行うことがあります。

前者については資格取得をする過程の知識があれば問題ありませんが、後者についてはトリミングの資格が必要になるので、就職先の幅を広げるなら取得を検討しても良いものです。

3-2ペットホテルの個人開業・ペットシッター

ペットホテルスタッフとして働くもう一つの選択肢は、自分でペットホテルを開業することですが、こちらは就職と比べるとかなり難易度が高くなります。

開業にあたっての資金や場所の確保、それに伴う許可取りはもちろんのこと、ペットを預かることに適した環境作りをしなければいけません。

一例としては、犬や猫を預かる場合は吠える可能性が高いことから、周囲への影響を考えた場所や建物を用意する必要があったり、いざという時のために動物病院が傍にあった方が良いことから、施設へのアクセスを考えた位置取りが重要だったりします。

一方で、近年は自宅でペットを預かるペットシッターも数を増やしており、数を見ない代わりに自宅で開業する手段もあります。

数匹であれば吠えることによる騒音はそれほど大きくならないので、場所も縛らなくなるなど、ペットホテルよりは多少融通が利くものです。

3-3ペットサロン・ペットホテル施設

ペットホテルスタッフとして働くわけではありませんが、他のペット関連の店や施設でもペットを預かることはあるため、その際に知識や資格は役立てられます。

ペットサロンは一時期な預かりにはなりますが、サービスとして少しの時間の世話までする店舗もあるため、実質的にペットホテルと同じ役割を果たすことがあります。

ペットホテル施設はペットホテル以上に長期の預かりもしくは完全に引き受ける形になるため、ほぼ同じ状況ですが、預かる対象が老犬や老猫となるため、現在の知識に加えてその年齢のペットや健康状態の管理について勉強する必要が出てきます。

ペットホテルソムリエ(ペットシッター資格)はこちら
https://www.nihonsupport.org/petshikaku/pethotel/

ペットホテルスタッフはどのような人に向いているか?

ペットホテルスタッフはどのような人に向いているか?

ペットホテルスタッフに向いている人は、動物好きであることが前提になりますが、それと共に体力に自信がある人も当てはまるものです。

ペットホテルと銘打たれていますが、実際にしていくペットへの対応や稼働時間は他のサービス業と何ら変わりがないもので、むしろ体調の変化などを直接的には伝えにくい動物たちを見ることは、かなり神経を使うことになります。

もちろん慣れていくにつれて、好きな動物たちを見てお世話をしながら働ける場所になっていくかもしれませんが、そうなるまでの部分は大変さがある職業です。

ペットホテルソムリエ(ペットシッター資格)はこちら
https://www.nihonsupport.org/petshikaku/pethotel/

ペットホテルスタッフの実力を証明できる資格一覧

ペットホテルスタッフの実力を証明できる資格一覧

ペットホテルスタッフとしての知識や実力を証明できる資格には様々な種類があり、発行する協会によって内容も少しずつ異なるものです。そんなペットホテルスタッフ関連の資格の中で、よく挙げられる3つの民間資格について見ていきます。

5-1ペットホテルソムリエ資格

ペットホテルソムリエ資格は日本生活環境支援協会(JLESA)が発行しており、ペットホテルで行うサービスや開業・経営に関わることなどペットホテル全般に関する知識があることを証明する資格です。

ペットに対して行うところ以外の部分についても知識についても証明できるので、ペットホテルでの働き方を理解している人として見られるようになります。

受験資格 なし
受験料 10,000円(税込)
受験申請 公式サイトから申込
受験方法 在宅受験
合格基準 70%以上の評価
試験日程 2ヶ月に1回ペースで開催(年度による)

5-2ペットシッターアドバイザー資格

ペットシッターアドバイザーは日本インストラクター技術協会(JIA)が発行しており、犬・猫それぞれに対してサービスができるペットシッターとしての知識があることを証明する資格です。

名前としてはペットシッターの資格になっていますが、内容的にはペットホテルでの世話と被っている部分が多く、実力の証明に十分使えます。

受験資格 なし
受験料 10,000円(税込)
受験申請 公式サイトから申込
受験方法 在宅受験
合格基準 70%以上の評価
試験日程 2ヶ月に1回ペースで開催(年度による)

5-3愛玩動物飼養管理士資格

愛玩動物飼養管理士資格は日本愛玩動物協会が発行しており、「動物の愛護及び管理に関する法律」基づいた知識を得て、様々な分野で活動できることを証明する資格です。

一般的に、動物愛護法で知られる法律を元にしており、様々な知識の中にはペットホテルスタッフにも活かせるものがあるため、提示する資格として説得力があるものです。

受験資格 2級:満15歳以上の者(該当年度の4月1日時点)かつ指定の講座を受講した者
1級:2級の資格を有する者かつ指定の講座を受講した者
受験料 2級:8,000円(講座料金:32,000円)
1級:20,000円(講座料金:34,000円)
受験申請 協会のホームページの各申込から
受験方法 指定の都道府県開場
合格基準
試験日程 春期申込コース:11月第4日曜日
夏期申込コース:2月第4日曜日
ペットホテルソムリエ(ペットシッター資格)はこちら
https://www.nihonsupport.org/petshikaku/pethotel/

ペットホテルスタッフになるためにおすすめの資格とは

ペットホテルスタッフになるためにおすすめの資格とは

先に紹介した3つの資格の中で敢えて1つおすすめ資格を選ぶとしたら「ペットホテルソムリエ資格」です。

名前の通り、ペットホテルスタッフに直接関わる部分の知識を証明できることや、勉強の過程でペットの世話以外の業務や経営に関わる部分も学べることが、将来的に役立つものになっています。

また、ペットホテルソムリエ資格は受験資格を特に指定していないため、自分に合った教材や講座を選んで勉強を進められるところも良い点です。

ペットホテルソムリエ認定試験
https://www.nihonsupport.org/petshikaku/pethotel/

ペットホテルソムリエ資格の取得におすすめ資格講座

ペットホテルソムリエ資格の取得におすすめ資格講座

もしもペットホテルソムリエ資格の試験勉強の教材選びに迷っている場合は「SARAスクールジャパン」もしくは「諒設計アーキテクトラーニング」がおすすめの講座です。

その理由は二つの通信講座は、ペットホテルソムリエ資格を発行する日本生活環境支援協会より認定校の証明を受けているからです。

二つの通信講座で用意されているカリキュラムを進めれば試験に対応した勉強ができるだけでなく、通常の受験よりも有利になる部分があります。

7-1ペットシッター資格取得講座 | SARAスクールジャパン

SARAスクールジャパンのペットホテルソムリエ資格に関連した勉強ができる講座としては、以下の2つのコースがあります。

SARA School JAPAN 基本コース プラチナコース
受講料 59,800円 79,800円
受講期間 6ヶ月(最短2ヶ月)
添削回数 5回 5回+卒業課題1回
資格試験 公式サイトで各自申込 免除(課題提出のみで卒業と同時にペットホテルソムリエ資格とペットシッターアドバイザー資格を取得)
認定試験受験費用 各資格10,000円(税込) 免除

内容としては、先に紹介したペットシッターアドバイザー資格の試験でも使える教材とカリキュラムが含まれています(こちらの資格についても協会認定です)。

そして、プラチナコースにある特典として、卒業課題提出のみでペットホテルソムリエ資格とペットシッターアドバイザー資格を取得できるというものがあり、このコースでは本来の試験の受験費用をプラスするだけで、試験が免除されるというお得なものになっています。

ただし、ペットホテルソムリエ資格のみの取得で考えると、ペットシッターアドバイザー資格分の受験費用を払う必要があるため、複数の資格は必要ない場合は基本コースでも十分なものです(その場合は講座とは別に認定試験に申し込む必要があります)。

受講期間は1日30分の勉強で6ヶ月が想定されていますが、勉強時間が確保できれば更に早い取得も可能で、公式の想定では最短2ヶ月取得も可能となっています。

7-2ペットシッターアドバイザーW資格取得講座 | 諒設計アーキテクトラーニング

諒設計アーキテクトラーニングのペットホテルソムリエ資格に関連した勉強ができる講座としては以下の2つのコースがあります。

諒設計アーキテクトラーニング 基本講座 スペシャル講座
受講料 59,800円
分割:3,300円×20回(初回4,276円)
79,800円
分割:3,800円×24回(初回3,891円)
受講期間 6ヶ月(最短2ヶ月)
添削回数 5回 5回+卒業課題1回
資格試験 公式サイトで各自申込 免除(課題提出のみで卒業と同時にペットホテルソムリエ資格とペットシッターアドバイザー資格を取得)
認定試験受験費用 各資格10,000円(税込) 免除

講座の概要としてはSARAスクールジャパンと同様になっていますが、使用される教材やカリキュラムは違うものになっています。

認定講座であることは双方変わりないので、公式サイトの情報や資料請求で確認して自分に合うと思う方を選ぶと良いでしょう。

ペットホテル関連の資格を取得してペットホテルスタッフとして活躍してみよう

ペットホテル関連の資格を取得してペットホテルスタッフとして活躍してみよう

預けられたペットに様々なサービスをしていくペットホテルスタッフ自体は就職や開業に特別な資格は必要ありませんが、他者のペットを預かる責任があることから、ペットホテルに関わる知識を身に付けて、その証明となる資格を取得することが望ましい職業になります。

それを踏まえて資格取得を目指すのであれば、より忙しい中でも勉強が進められ、日本生活環境支援協会の「ペットホテルソムリエ資格」に関し、基礎的な部分から着実に学べるため、専用の資格講座がおすすめです。

そして、そのペットホテルソムリエ資格は「SARAスクールジャパン」か「諒設計アーキテクトラーニング」であれば、協会認定講座として学びやすいだけでなく、試験免除などの特典を受けられるものです。

ペットホテルスタッフとして就職する履歴書に書くためや知識がある証明をしたいと考えている人はぜひ上記の資格と通信講座を検討してみてください。