閉じる
犬猫ストレスケアアドバイザー 犬猫ストレス資格4選|ペットが快適に過ごせる工夫ができる資格を紹介

心からペットを大切に思っていても、言葉の話せない犬・猫の気持ちやストレスを飼い主の方が完全に理解するのは難しいものです。
そして、ペットのストレスを放置すると無駄吠えやトイレなどの問題行動を起こしてしまったり、体調を崩してしまったりするリスクが高まります。

犬や猫のストレスを原因とする行動や病気に悩んでいる飼い主の方は少なくありません。
こうした悩みを解決する方法のひとつが犬猫ストレス資格を通じた学習です。

この記事では、犬猫のストレスに関連する資格やその効果をご紹介しています。
元気なペットと長く一緒に暮らしたい方や、ペットのストレス専門家として仕事に活かしたい方はぜひ参考にしてください。

犬猫ストレス資格4選|ペットが快適に過ごせる工夫ができる資格を紹介

目次
犬猫ストレスケアアドバイザー認定試験はこちら
https://www.nihonsupport.org/petshikaku/petstress/

犬猫ストレス資格とは

まずは犬猫ストレス資格がどのような資格なのかを確認していきましょう。
資格の概要と難易度を解説します。

1-1資格の概要

犬猫ストレス資格は、犬や猫のストレスの原因・対処法・ストレス症状が出ている際の対応方法などが学べる資格です。
取得すれば、犬や猫が快適に過ごせる環境を作り、問題行動が起きにくい状態を維持できるようになります。

資格は公的資格と民間資格のみで、国家資格はありません。
資格の中には、ペット業界で働く方が多数取得している資格もあります。
取得の際は、目的に応じて資格を選ぶとよいでしょう。

1-2資格の難易度

犬猫ストレス資格は、大体数か月で取得できるものが多いです。
難易度はそれほど高くはないといえるでしょう。
とはいえ、まったく勉強しない状態で取得できる資格ではありません。
挑戦する際は、試験対策をしっかり行ったうえで挑みましょう。

犬猫ストレス資格の試験対策は、通信講座を使って行うものが多いです。
これは、受験資格に協会が指定する通信講座の受講が含まれていることが関係しています。
受験を検討する際は、試験だけでなく通信講座の内容も確認したうえで考えるとよいでしょう。

犬猫ストレスケアアドバイザー認定試験はこちら
https://www.nihonsupport.org/petshikaku/petstress/

おすすめ犬猫ストレス資格4選

おすすめ犬猫ストレス資格4選

次は、実際の資格を確認しましょう。
犬猫ストレス資格の中から、おすすめの資格を4つ選びました。
資格の特徴や違いも取り上げますので、資格選びの参考としてご活用ください。

2-1犬猫ストレスケアアドバイザー

資格概要
認定協会 日本生活環境支援協会(JLESA)
受験資格 特になし
受験料 1万円(税込)
受験申請 インターネットより申し込み
受験方法 在宅受験
合格基準 70%以上の評価
受験日程 毎年偶数月の20〜25日
(受験申込期間は受験月の前月)
資格試験概要 犬と猫のストレスの原因となりうる環境や状況/ストレスの解消方法/ストレスからくる行動や体調不良 など

犬や猫のストレスに関する基礎知識を有していることを証明できる資格です。
ストレスの原因を取り除き、症状を緩和できる知識が手に入ります。
取得できれば、ペットがストレスを感じにくい環境で、のびのびと過ごせるようになるでしょう。
また、ペット関係の仕事に従事している方は、ペットのストレスに関するアドバイスもできるようになります。

試験は在宅で行うため、試験を受けるための時間を確保するのが難しい方でもチャレンジしやすい資格です。
犬や猫がのびのび過ごせる環境を作りたい方、資格試験に挑戦したいけど時間がない方に、おすすめの資格といえます。

2-2ペットセラピーインストラクター

資格概要
認定協会 日本インストラクター技術協会(JIA)
受験資格 特になし
受験料 1万円(税込)
受験申請 インターネットより申し込み
受験方法 在宅受験
合格基準 70%以上の評価
受験日程 毎年偶数月の20〜25日
(受験申込期間は受験月の前月)
資格試験概要 犬猫のストレス症状と問題行動/無駄吠え・噛みつき・トイレ失敗の原因/生後間もない子犬・子猫が抱えるストレスの原因とケア法/ストレス解消に効果的な散歩中の行動と散歩ルート/散歩ができないときのストレス解消テクニック/留守番中の寂しさで起こる心理的ストレスのケアテクニック/知育玩具を使用した簡単で楽しいストレスケアの方法/ストレス性食欲不振の解決法/ストレス性下痢が慢性化したときのケアと改善策/病気やけがの療養中に起こるストレス行動とケア方法/緩和ケアや病気・体調不良によるストレスケア/感覚器の衰えによるストレスと自宅ケア/寝たきり高齢犬の体調管理とストレスケアの方法/掃除機・ドライヤー嫌いな犬猫ストレス行動と解決法/自動車・電車移動で起こるストレス性体調不良とケア法 など

「犬猫ストレスケアアドバイザー」同様、犬や猫のストレスに対応できる力を証明する資格です。
「ペットセラピーインストラクター」は、無駄吠えなどの問題行動の対処法・動物の年齢別に発生するストレスの原因・ストレス症状の緩和方法などを学べます。
両方とも犬や猫のストレス対応の力を証明するものですが、学べる内容の違いを押さえたうえで検討しましょう。

「ペットセラピーインストラクター」も、在宅で受験でき、日程を調節すれば「犬猫ストレスケアアドバイザー」と同時取得もできます。
ふたつの資格を同時に勉強すれば、より深く内容を理解できるでしょう。
余裕がある方は、「犬猫ストレスケアアドバイザー」と「ペットセラピーインストラクター」の同時受験にぜひ挑戦してください。

2-3ペットセラピスト

資格概要
認定協会 一般財団法人 日本能力開発推進協会
受験資格 協会が指定する通信講座を受講する
受験料 ・5,600円(税込)
通信講座料金
・一括払い:4万9,600円(税込)
・分割払い:2,390円×24回
※キャンペーンによる割引により変動する場合あり
受験申請 協会が指定する通信講座を受講する
受験方法 通信講座修了後、協会ホームページにて申し込み
合格基準 得点率70%以上
受験日程 通信講座のカリキュラムによる
資格試験概要 犬の歴史・特徴・性格/猫の歴史・特徴・性格/犬・猫の健康管理/応急処置/食事療法/犬・猫のしつけ/犬・猫のグルーミング/ストレスについて/犬・猫へのマッサージ

ペットの健康管理と、ストレスケアができる力を身につけていることを証明する資格です。
ペットショップやペットサロンで働く方が取得している資格でもあります。
取得すれば犬や猫のグルーミングやマッサージの知識と技術が得られます。

受験条件に通信講座の受講が含まれているため、取得を検討する際はご注意ください。
ペットのストレスケアをしてあげたい方や、ペット業界で働いている方・働きたいと考えている方におすすめの資格です。

2-4ペットアロマアドバイザー

資格概要
認定協会 NPO法人日本ペットアロマテラピー協会
受講資格 協会が指定する通信講座を受講する
受講料 アドバイザーコースから
・一括払い:8万円
・3回分納・1回目:3万円
・残り2回:2万5,000円
・6回分納・1回目:2万円
・残り5回1万2,000円
カウンセラーコースから継続
・一括払い:7万円
・3回分納・1回目:3万円
・残り2回:2万円
・6回分納・1回目:2万円
・残り5回:1万円
※税込・税抜の記載なし
受講申請 協会ホームページより申し込み
資格取得方法 添削課題を提出し、すべての課題で合格する
合格基準 合格点:70%以上
受講日程 通信講座のカリキュラムによる
通信講座概要 アロマテラピーの基礎知識/アロマテラピーの精油の化学/動物のための栄養学/犬猫の主な病気とその症状/ペットの発育心理としつけ法/アニマルマッサージ/ペットアロマ実践

犬や猫の接し方と、ペットにできるアロママッサージが学べる資格です。
取得すれば犬や猫が健康的に過ごせる環境を作るだけでなく、心身の症状にあわせたマッサージやアロマトリートメントもできるようになります。
犬や猫の体と心をほぐす力を身につけられるでしょう。

資格試験はなく、通信講座の課題をすべて修了すると取得できます。
試験に対してプレッシャーを感じる方でも、取得しやすい資格です。

犬猫ストレスケアアドバイザー認定試験はこちら
https://www.nihonsupport.org/petshikaku/petstress/

犬猫ストレス資格が役立つ場面

犬猫ストレス資格が役立つ場面

犬猫ストレス資格は、一緒に暮らすペットが快適に過ごせる環境を作る以外にも役立てられる場面があります。
ここでは、犬猫ストレス資格が役立つ主な場面を確認しましょう。

3-1一緒に暮らす犬や猫の環境を整える

犬猫ストレス資格を取得すると、ペットのストレスの原因や解消法が分かるようになります。
ストレスの原因が分かれば、ペットのそばで原因が発生しないよう対処できるようになるでしょう。

ペットがストレスなく過ごせる環境を用意できれば、病気などの予防にもつながります。
犬猫ストレス資格は、ペットのストレス緩和に役立つだけでなく、大好きな犬や猫と一緒に過ごせる時間を増やすのにも役立つ資格です。

3-2ペット関連の業務で知識や技術を活用する

ペット関連の仕事、特にペットショップ・ペットサロン・ペットホテルなど、犬や猫と過ごす時間が多い仕事では、預かっているペットの健康管理も重要な仕事です。
体はもちろん、心の健康管理も行わなくてはなりません。

ペットを預かる空間は、ストレスを感じにくい環境を維持する必要があります。
ストレスによる症状が出ているペットがいる場合は、ストレスの原因を取り除き、症状の緩和ケアも行います。

犬猫ストレス資格を取得すれば、これらの仕事を的確にこなせるようになります。
ペットの管理だけでなく、お客様からペットのストレスに関する相談にも答えられるようになるでしょう。
犬猫ストレス資格は、ペット関連の業務で働く際にも役立つ資格です。

犬猫ストレスケアアドバイザー認定試験はこちら
https://www.nihonsupport.org/petshikaku/petstress/

犬猫ストレス資格とともに取得すると便利な資格

生活だけでなく仕事にも役立つ犬猫ストレス資格ですが、複数の資格と組み合わせて活用すると、活躍の場を広げられます。
生活・仕事の双方で知識や技術を便利に活用できるでしょう。
犬猫ストレス資格とともに取得すると便利な資格をご紹介します。

4-1トリマー

トリマーは、動物の毛・皮膚・爪・耳の手入れをする仕事です。
資格を取得し、技術を身につければ、犬や猫の毛や爪を健康的に管理できるようになります。
犬猫ストレス資格とともに取得すれば、衛生管理とストレスケアを両立できるでしょう。

トリマー資格は複数あり、資格ごとに学べる内容が違います。
取得を検討する際は、資格の内容に注目しながら選びましょう。

4-2動物看護士

動物看護士は、獣医学・動物の病気・けがの管理に必要な検査などを行えるようになる資格です。
入院中のペットの管理や、治療中のペットがどういう状態なのかを飼い主に伝える力も要求されます。
取得すれば動物の看護ができるようになるため、獣医の下で働く方の多くが取得しています。

犬猫ストレス資格とともに取得すれば、普段のお世話はもちろん、病気やけがのときの対応もできるようになるでしょう。
病気やケガが原因で発生するストレス症状や、緩和ケアもできるようになります。
動物病院で働いている方や、働きたいと考えている方はもちろん、ペットの健康管理に力を入れたい方にもおすすめです。

犬猫ストレスケアアドバイザー認定試験はこちら
https://www.nihonsupport.org/petshikaku/petstress/

犬猫ストレス資格の勉強方法

最後に、犬猫ストレス資格の勉強方法をご紹介します。
試験対策を行う際の参考としてご活用ください。

5-1独学で勉強する

犬猫ストレス資格の中には、テキストを入手できれば独学で勉強できる資格があります。
独学でもしっかり勉強すれば合格も夢ではありません。

独学は自分の理解度に合わせて学習を進められるため、じっくり勉強したい方におすすめです。
しかし場合によっては、勉強に費やせる日数不足や勉強方法への疑問など、試験対策が不十分な状態で試験を迎える可能性があります。
独学で受験するなら、試験内容を網羅できるよう計画を立ててから取り組みましょう。

5-2通信講座を利用する

犬猫ストレス資格の中には、通信講座を受講しないと資格を取得できないものがあります。
このタイプの資格を取得する際は、通信講座を勉強の軸にして進めていきます。
試験の受験条件に通信講座の受講が含まれているものや、通信講座の課題提出が取得条件になっているものを受ける際は、勉強方法にご注意ください。

通信講座は試験までの流れがカリキュラムで組まれており、手順に従うだけで計画的かつ効率的に勉強できます。
また、添削問題をとおして覚え間違いなどを指摘してもらえるため、独学よりもしっかりと試験対策ができるメリットも。
通信講座にはたくさんのメリットがあります。

ちなみに、受験条件に含まれていなくても、通信講座が利用できる資格もあります。
勉強の計画を立てるのが難しい方でも、通信講座を利用すれば効率的な勉強が可能です。
資格試験に挑戦する方は、通信講座で勉強できないか調べてみることをおすすめします。

犬猫ストレスケアアドバイザー認定試験はこちら
https://www.nihonsupport.org/petshikaku/petstress/

まとめ

犬猫ストレス資格は、犬や猫のストレス原因やその緩和法を学べる資格です。
取得すれば一緒に暮らすペットに過ごしやすい環境を提供できるだけでなく、無駄吠えなどの問題行動やストレス症状に適切な対処ができるようになります。

資格には受験条件が設けられているものがあるため、取得の際はご注意ください。
取得する資格を選ぶときは、受験条件や学べる内容に注目しましょう。

犬猫ストレス資格を取得すれば、ペットと過ごせる時間を延ばすことができます。
大好きなペットがのびのびと暮らせる環境を作りたい方は、ぜひ犬猫ストレス資格に挑戦してください。