閉じる
華道家になるためには?必要になる資格や仕事内容を紹介
華道アドバイザー 華道家になるためには?必要になる資格や仕事内容を紹介

華道は、日本の伝統文化のひとつです。日本だけでなく、海外でも人気を集めています。

華道は、花を身近に感じることで、気分をリラックスさせてくれます。そんな魅力のある華道、その知識や技術を活かして仕事をしたいと思っている方もいると思います。

しかし、華道家になりたいけど、どうしたらなれるのかわからない方は多いのではないでしょうか。そんな方のために、華道家になるための方法や資格取得方法のほかにも、気になる仕事内容や活躍分野も紹介します。

華道家になるためには?必要になる資格や仕事内容を紹介

目次
華道アドバイザー(華道家資格)はこちら
https://www.nihonsupport.org/syumishikaku/kadou/

華道家とは?

華道家とは?

華道家とは、華道の知識や技術を人に教えたり、展覧会や空間デザインの作品を作る方のことを言います。華道は、生け花と呼ばれる日本の伝統文化のひとつです。生け花には、さまざまな魅力があります。

花の美しさに触れられ、季節によって違う花や草から四季を感じられます。また、少ない花からでも始められます。生け花といえば、たくさんの花とお金が必要と思われがちです。

しかし、日本の生け花は西洋と違い、隙間や空間も美しさと考えられています。少ない花をいかに美しく見せられるかが求められます。そんな魅力的な華道ですが、いつ誕生したのかははっきりとは分かっていません。

仏教で仏様や個人に対して花を供える風習がルーツになったのではないかと言われています。現在のような形が誕生したのは室町時代です。

華道には流派が存在し、その数は300種類以上にもなります。その中でも代表的な流派を下記に挙げていきます。

特に池坊、草月流、小原流が3大流派と呼ばれています。知識や技術が流派によって異なります。それぞれの流派の特徴をしっかりと理解しておく必要があります。

華道家になるには、華道の知識や技術はもちろん、流派についてもしっかりと身に付けておかなければなりません。

華道アドバイザー(華道家資格)はこちら
https://www.nihonsupport.org/syumishikaku/kadou/

華道家になるにはどうすればいい?

華道家になるにはどうすればいい?

華道家になるには、より専門的な知識が必要です。華道家には主に下記のような知識が必要です。

華道の基礎知識から、華道の講師や自分の作品を作るなどの活動に必要となる、専門的な知識まで身に付けなければなりません。では、このような専門的な知識を学ぶには、どのように勉強をしたら良いのでしょうか。勉強方法を詳しく見ていきましょう。

2-1弟子入りをする

各流派の家元へ弟子入りをする方法があります。華道家になるには、作法や技術を身に付けられます。弟子入りをすると、5~10年の修行が必要となります。

長いように感じるかもしれませんが、受け継がれる伝統的な華道の技術や知識を身に付けるには必要な年月だと言われています。

2-2専門学校に通う

専門学校では、より華道について専門的な知識やスキルを学んでいきます。また、知識や経験が豊富な講師がいることも心強いです。わからないところも、直接指導を受けられます。

カリキュラムや授業の方法は学校によって異なるため、自分に合った学校を選ぶと良いでしょう。

2-3通信講座

仕事や子育てでなかなか時間が取れないという方には、通信講座で勉強する方法があります。通信講座は、基本的に在宅で勉強をするため自分のペースで進められます。

プロの方が作成したカリキュラムや教材があり、質問などにも答えてもらえるため、とても安心です。また、同時に資格を取得できるのが大きなメリットです。

華道アドバイザー(華道家資格)はこちら
https://www.nihonsupport.org/syumishikaku/kadou/

華道家の仕事内容と活躍できる分野とは?

華道家の仕事内容と活躍できる分野とは?

華道家とはどんな仕事をしているのか、活躍できる分野はあるのか気になると思います。では、華道家の仕事内容と活躍分野について見ていきましょう。

3-1華道家の仕事内容

華道家の仕事は、主に下記のようなものがあります。

華道家の仕事は花を生けることですが、働き方がたくさんあり、どの仕事をするかで大きく変わってきます。華道教室の講師として働く場合は、自宅で開く、場所を借りる、カルチャースクールとさまざまな働き方があります。

また、出張講師として企業や学校に行くことも多いです。もう一つ、華道家として多いのは、空間デザインの作品を作ることです。一般的には、下記のような場所があります。

作品は、ニーズに合わせてカラーを決めたり、展示するスペースによって大きさを変える必要があります。華道家として、技術を極めたい方は展覧会へ自分の作品を出展するという働き方があります。

常に新しい作品を作ることは、自身の技術を高めるのに繋がります。依頼を受けて作品を作ることもありますが、華道家で共同展覧会を開いたり、公募の作品展に応募するなど出展の形は様々です。

展覧会などで賞を受賞するなどにより、仕事の幅が広がる可能性があります。

3-2華道家が活躍できる分野

華道家は、華道に関する知識が豊富なため、さまざまな分野で活躍できます。

では、どんな仕事なのか詳しく見ていきましょう。

3-3華道教室の師範

文化や伝統を伝えていきたい方は、華道家として華道教室の師範として活躍できます。基本は、自分が修行をしたあと学んできた流派の教室を担当します。

3-4ワークショップの講師

華道は、海外でも人気があり、外国人向けのワークショップは頻繫に開催されています。そこの講師として働くことも可能です。ワークショップで講師をする場合は、英語を勉強する必要があります。

3-5カルチャースクールの講師

非常に人気の高い華道は、とても支持される講座です。カルチャースクールの講師になったら、多くの方に楽しんでもらえるような教室を開くことが求められます。

3-6創作活動をする

華道を極めるのであれば、創作活動をして生計を立てるのもひとつです。高い技術や人気を得られなければいけないので、なかなか難しい働き方になります。

3-7会場ディスプレイ

華道は、空間演出をする仕事もあります。さまざまな施設から、作品を作って欲しいと依頼を受ける場合があります。宿泊施設や飲食店、イベント会場など提供する場所は幅広いです。

華道アドバイザー(華道家資格)はこちら
https://www.nihonsupport.org/syumishikaku/kadou/

華道家に向いている人

華道家に向いている人

華道を始める前に、どのような人に適正があるのかを知ることは有用です。それでは見ていきましょう。

4-1花が好きな人

華道家は、花を取り扱う仕事なので花が好き方は向いています。さまざまな花と触れ合うので、好きな方は楽しみながら仕事ができるでしょう。

4-2日本の文化に興味がある人

華道は、日本の伝統芸能のひとつです。日本の文化に触れてみたい、知りたいという気持ちがある方は向いていると言えます。

4-3物を作るのが好きな人

華道では、花を使って作品を作ります。何か自分の手で作品を作るのが好きな方は、華道家としても適正があると考えられます。

4-4センスがある人

華道家は、さまざまな花をバランスよく組み合わせます。そのため、色彩やバランス感覚が大切です。また、全体な美的センスがあるかも問われます。もともと素質がある方もいますが、経験を積んでセンスを磨くことも可能です。

4-5コミュニケーション能力がある人

講師として働く場合は、多くの生徒と作品を作る場合は依頼をするお客様と関わることになります。華道家は、人と会話することが多い職業です。そのため、高いコミュニケーション能力が求められます。

4-6続ける力がある人

華道家として一人前になるには、時間がかかってしまいます。師範になるまでには、何度も挫折を繰り返します。そんなとき、諦めずに努力を続けられる方は向いていると言えます。

華道アドバイザー(華道家資格)はこちら
https://www.nihonsupport.org/syumishikaku/kadou/

華道家の代表的な資格

華道家の代表的な資格

華道アドバイザーとして仕事をするには、華道に関する知識やスキルが必要です。資格を取得と下記のようなメリットがあります。

資格の取得によって、知識やスキルを身に付けている証明にもなります。お客様からの信頼を得るためにも、資格を取得は有効です。では、華道アドバイザーの代表的な資格について紹介していきます。

5-1華道アドバイザー

華道アドバイザーは、日本生活環境支援協会が主催する資格です。華道に関する知識や流派による活け方などを学びます。

5-2花の活け方インストラクター

花の活け方インストラクターは、日本インストラクター技術協会が主催する資格です。華道の知識や花の活け方などを学びます。

5-3フラワーデザイナー

フラワーデザイナーは、日本フラワーデザイン協会が主催する資格です。花を使った作品を作るときに必要な知識を身に付けられます。

5-4フラワー装飾技能士

フラワー装飾技能士

フラワー装飾技能士は、都道府県職業能力開発協会が実施する国家資格です。資格は3段階あり、1級を取得すると最も高い技術を持っていることになります。

5-5華道のお免状の種類

お免状とは、知識や技術を身に付けた証明になります。華道は、華道教室や生け花教室に入門し、それぞれの流派に属します。華道を習っていると、お免状をすすめられることもあります。

お免状を申請するには、費用がかかり金額は公開されていません。もっとも下の職位で五千円から一万円が相場と言われています。階級が上がっていくにつれて、費用も高くなるので注意が必要になります。

お免状は、流派などによって異なるので見ていきましょう。

池坊

池坊は、三大流派に数えられます。入門から始まり高等科皆伝までくると、華道についての知識や技術を身に付けたことになります。華道を教えるようになるには、正教授になってからだと言われています。

小原流

小原流も入門から始まり、准教授までくると人に教えられます。准教授を取得するまでには、七十二単位の稽古が必要です。

草月流

草月流は、普通四級から始まり、普通一級まで進んでいきます。一級を修了すると、雅号の申請が可能となります。その後、四級師範となり、人に教えられるようになります。

華道アドバイザー(華道家資格)はこちら
https://www.nihonsupport.org/syumishikaku/kadou/

特にどの資格がおすすめか

特にどの資格がおすすめか

上記のように、華道家になるための資格はたくさんあります。その中でも、華道アドバイザーがおすすめです。華道アドバイザーの資格では、下記のような知識を習得できます。

このように、本格的に華道アドバイザーとして仕事をする上で、大切な知識を身に付けられます。

華道アドバイザー
https://www.nihonsupport.org/syumishikaku/kadou/

「華道アドバイザー」の資格が取得できるおすすめ資格講座

「華道アドバイザー」の資格が取得できるおすすめ資格講座

資格を取得するには、専門学校などに通わなければいけない場合が多いです。しかし、忙しくて時間がないという方は、学校に通うのは難しいと思います。

そうなると、資格を取得するのは無理なのでは、などと諦めてしまっている方も多いのではないでしょうか。そんな方に、おすすめなのが通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニングとSARAスクールの通信講座です。

それぞれの通信講座の特徴をまとめましたので、見ていきましょう。

7-1華道アドバイザーW資格取得講座 | 諒設計アーキテクトラーニング

通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニングの華道アドバイザーW資格取得講座 は、華道に必要な知識について学習できます。さらに通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニングは下記のような特徴があります。

このように、初めての方でも在宅で資格の取得が目指せる人気の講座です。諒設計アーキテクトラーニングでは、2つのコースから選択できます。

基本講座

基本講座は初期費用を抑えたい方におすすめです。

基本講座では、自分で試験の申し込みをして受験します。受験費用は、10,000円です。

7-2スペシャル講座

スペシャル講座は、確実に資格を取得したい方におすすめです。

受講課題を提出するだけで、資格が取得できます。試験料金はかかりません。それぞれ内容が違うため、自分に合ったコースを選んでください。

7-3華道資格取得講座 | SARAスクールジャパン

SARAスクールの華道資格取得講座 では、華道に関する知識を学びます。さらにSARAスクールには下記のような特徴があります。

時間がないという方でも資格の取得が目指せます。SARAスクールジャパンでは、2つのコースから選べます。それぞれのコースの特徴をまとめたので、見ていきましょう。

基本コース

基本コースは初期費用を抑えたい方におすすめです。

基本コースでは、自分で試験の申し込みをして受験します。受験費用は、10,000円です。

7-4プラチナコース

プラチナコースは、確実に資格を取得したい方におすすめです。

卒業課題を提出することによって、資格が取得できます。試験料金はかかりません。それぞれ内容が違うため、自分に合ったコースを選んでください。

華道アドバイザーは、専門的な知識が必要になるため、身に付けるのがとても難しいものです。本格的に華道家として仕事していく際に、華道アドバイザーの資格は取得しておきたい資格になります。

忙しいという方でも、諒設計アーキテクトラーニングとSARAスクールの通信講座であれば、しっかりと取得できるカリキュラムが整っています。基礎から学べて、確実に身に付けられるので安心です。

是非、華道アドバイザーの資格取得を目指してみてください。