閉じる
茶道アドバイザーになるためには?必要になる資格や仕事内容を紹介
茶道アドバイザー 茶道資格のおすすめ資格|各資格のメリット・仕事内容や勉強法まで解説!

茶道は、国内外から人気のある日本の伝統文化のひとつです。 おもてなしの心と美しい作法は、とても魅力があります。本格的に茶道を仕事にしたい方も多いでしょう。

しかし、茶道アドバイザーになりたいけど、どうすればなれるのか、何から始めたらいいのかわからない方は多いのではないでしょうか。

そんな方のために、茶道アドバイザーになるための勉強方法や資格取得方法のほかにも、気になる仕事内容や活躍できる分野についても紹介します。

茶道アドバイザーになるためには?必要になる資格や仕事内容を紹介

目次
茶道アドバイザー認定試験(茶道資格)はこちら
https://www.nihonsupport.org/syumishikaku/sadou/

茶道アドバイザーとは?

茶道アドバイザーとは?

茶道アドバイザーは、茶道に関する全ての知識を習得し、生徒やお客様に技術を教えていきます。さどう、ちゃどうと呼ばれ、日本の伝統的な文化です。茶道の歴史は、平安時代にまでさかのぼります。

はじまりは、中国に派遣された遣唐使によって日本に伝えられたと言われています。もともとは、身分が高い方のみが口にするような、貴重なものでした。

鎌倉時代になると、栄西が中国から持ち帰ったお茶の種を九州の土地に植え、京都の宇治の明恵上人にも分けました。このときに育てられたのが宇治茶の起源になっています。

その後、お茶の栽培が本格的に始まり、江戸時代には大名から町人まで、多くの人が親しむものになりました。それと同時に、お茶を楽しむ方をまとめるために、家元制度が確立しました。特に有名な 三つの流派は下記になります。

その他にも、500以上のの流派が存在します。これだけの流派があると、どの流派が良いのか分からなくなってしまうかもしれません。流派によって、着用する着物や道具も変わってくるため、自分の希望にあったものを選ぶと良いでしょう。

このように茶道は、基礎的な知識や技術の他にも流派についても、理解をしていかなければなりません。

茶道アドバイザー認定試験(茶道資格)はこちら
https://www.nihonsupport.org/syumishikaku/sadou/

茶道アドバイザーになるにはどうすればいい?

茶道アドバイザーになるにはどうすればいい?

趣味で茶道を楽しむ方は多いと思います。しかし、実際に人に教える立場になると茶道について、より専門的な知識と技術が求められます。茶道アドバイザーには主に下記のような知識が必要です。

茶道アドバイザーになるには、基礎知識や技術もちろんですが、流派の特徴など、より専門的な知識を身に付けておかなければなりません。では、このような専門的な知識を学ぶには、どのような勉強方法があるのでしょうか。

その勉強方法を詳しく見ていきましょう。

2-1弟子入りをする

茶道を学ぶのに一般的なのは、弟子入りをするという方法です。各流派に弟子入りをして、知識や技術を身に付けていきます。茶道の技術を磨き、昇級をしていきますが、そう簡単にはいきません。

人に教えることが可能になる師範になるには、入門から10年以上かかるとも言われています。とても年月がかかってしまうため、本当に茶道を極めたいという方にしかおすすめできません。

2-2専門学校に通う

専門学校に通うという方法があります。専門学校では、茶道の知識や技術を直接指導を受けることで、しっかりと習得出来るようになっています。

また、知識や経験が豊富な講師がいるため、分からないことがあっても、すぐに質問できるところがメリットです。授業の方法は学校によって異なるため、体験やネットで検索をして、自分に合った学校を選ぶと良いでしょう。

2-3通信講座

仕事や子育てでなかなか時間が取れないという方には、通信講座で勉強する方法がおすすめです。通信講座は、基本的に在宅で勉強を行うため、自分のペースで進められるので、無理なく続けられます。

また、プロの方が作成したカリキュラムや教材があり、質問などにも適切に答えてもらえるため、とても安心して学習が進められます。また、同時に資格を取得できるのが大きなメリットです。

2-4独学で学ぶ

茶道アドバイザーに必要な知識は、独学でも学ぶのは可能です。書店に行けば、茶道に関する何らかの書籍はあります。ネットでの検索により、茶道に関する基本的な知識も勉強ができます。

しかし、より専門的な知識や技術が求められるため、独学で身に付けた知識だけでは難しいと思います。また、茶道アドバイザーとして人に教えたい場合は、それだけの知識と技術を身に付けたことを証明する資格や許状が必要です。

本気で茶道アドバイザーになろうと思うのであれば、独学ではなく、弟子入りや専門学校、通信講座で、しっかりと学ぶことが大切です。

茶道アドバイザー認定試験(茶道資格)はこちら
https://www.nihonsupport.org/syumishikaku/sadou/

茶道アドバイザーの仕事内容と活躍分野

茶道アドバイザーの仕事内容と活躍分野

茶道アドバイザーは一体、どんな仕事をしているのか、活躍できる分野はあるのか気になっている方は多いと思います。では、茶道アドバイザーの仕事内容と活躍分野について詳しく見ていきましょう。

3-1茶道アドバイザーの仕事内容

茶道アドバイザーは、茶道の知識や技術を教えるのが仕事です。客人をもてなすたしなみや茶道の心を伝えます。茶道の仕事は下記のようなものになります。

このように、幅広い仕事内容をこなさなければなりません。また近年、外国人向けに茶道を発信する方も増えてきています。観光に来た外国人におもてなしを行うことも多いです。

3-2茶道アドバイザーが活躍できる分野

茶道アドバイザーは、茶道の知識やスキルが豊富に身に付けているため、さまざまな分野で活躍できます。

では、どんな仕事なのか詳しく見ていきましょう。

3-3カルチャースクールの講師

茶道アドバイザーの知識を取得していれば、カルチャースクールの講師として働けます。人気の高い茶道は、幅広い世代に支持される講座です。

カルチャースクールの講師になったら、多くの方に楽しんでもらえるような教室を開くことが求められます。

3-4茶道教室

茶道教室を開き、茶道の先生として働く方法があります。茶道教室を開くには、弟子入りしたり、資格の取得が重要です。入門した場合は、許状をもらわなければ人に教えることができません。

実際に教室を開くには、数年かかってしまうことがほとんどです。

3-5和菓子店

茶道と和菓子はとても深い関わりがあります。茶道で身に付けた知識があれば、和菓子とともにどんなお茶が合うかをアドバイスができます。

3-6茶道具商

茶道具商は、茶道に使う道具の販売や修理をする仕事です。茶道が初心者で、どの道具を使ったらいいのか分からない方には、身に付けた茶道の知識を活かしてアドバイスを行えます。

3-7茶舗

茶舗とは、お茶を製造して、販売する仕事です。茶道の知識を活かして、それぞれのお茶の特徴やお客様の要望に応えられるお茶を販売することが可能になります。

茶道アドバイザー認定試験(茶道資格)はこちら
https://www.nihonsupport.org/syumishikaku/sadou/

茶道アドバイザーに向いている人

茶道アドバイザーに向いている人

茶道アドバイザーとしての知識やスキルがあっても、それだけでは難しい仕事です。仕事によって求められることも違います。では、茶道アドバイザーにはどんな方が向いているのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

4-1日本の文化が好きな人

茶道は、日本の伝統文化のひとつです。日本の文化に触れてみたい、体験してみたいという気持ちは大切になります。

4-2季節を感じるのが好き人

茶道は、器の柄や一緒にいただくお菓子で季節を感じられます。茶道と同時に、四季も楽しめるのも魅力です。

4-3日本の魅力を伝えたい人

茶道は、魅力がとてもあります。外国人はおもてなしをするだけも喜んでもらえます。茶道の知識や技術をいろんな方に知ってほしいと思っている方は向いています。

4-4一つのことを極めたい人

茶道は、学んで技術を身に付けたら終わりではありません。どこまでも技術を極められます。ひとつのことを極め続けたいと思う方は向いていると言えます。

茶道アドバイザー認定試験(茶道資格)はこちら
https://www.nihonsupport.org/syumishikaku/sadou/

茶道アドバイザーの代表的な資格とは?

茶道アドバイザーの代表的な資格とは?

茶道アドバイザーとして仕事をするには、茶道に関する知識やスキルが必要です。資格を取得と下記のようなメリットがあります。

資格を取得することによって、自分自身が知識やスキルを身に付けている証明にもなります。そのため、お客様からの信頼を得られ、仕事の幅が広がります。資格を取得は、茶道アドバイザーとして働く上で、自信に繋がります。

では、華道アドバイザーの代表的な資格について紹介していきます。

5-1茶道アドバイザー

茶道アドバイザーは、日本生活環境支援協会が主催する資格です。茶道の基礎知識や茶道の心得なども習得します。

5-2お点前インストラクター

お点前インストラクターは、日本インストラクター技術協会が主催する資格です。茶道に関する幅広い知識を身に付けられます。

5-3茶道文化検定

茶道文化検定は、一般社団法人今日庵茶道資料館が主催する資格です。茶道に関する知識を体系的に学習出来るようになっています。

5-4裏千家

裏千家とは、茶道の家元のひとつになります。弟子入りををすることで、茶道について習得します。基本的には、家元に何年も通って学ばなければなりません。

レベルによって、受け取る資格が違い、スキルを身につけることでより高い資格を取得できます。

5-5武者小路千家

武者小路家とは、茶道の代表的な家元になります。まずは、教室に通う必要があります。自身のレベルに応じた資格が取得できます。

茶道アドバイザー認定試験(茶道資格)はこちら
https://www.nihonsupport.org/syumishikaku/sadou/

特にどの資格がおすすめか

特にどの資格がおすすめか

上記のように、茶道アドバイザーになるための資格の種類はたくさんあります。その中でも、茶道アドバイザーがおすすめです。茶道アドバイザーの資格では、下記のような知識を習得します。

このように、本格的に茶道アドバイザーとして仕事をする上で、必要になる知識を身に付けられます。どれも大切な知識なので、しっかりと勉強するようにしましょう。

茶道アドバイザー
https://www.nihonsupport.org/syumishikaku/sadou/

「茶道アドバイザー」の資格が取得できるおすすめ資格講座

「茶道アドバイザー」の資格が取得できるおすすめ資格講座

資格を取得するには、弟子入りをしたり、専門学校などに通わなければいけない場合が多いです。しかし、忙しくて時間がないという方は長い年月が必要な弟子入りや学校に通うのは難しいと思います。

そうなると、資格を取得するのは無理なのでは、などと諦めてしまっている方も多いのではないでしょうか。そんな方に、おすすめなのが通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニングとSARAスクールの通信講座です。

一体、何がおすすめなのか、どんな通信講座なのか、それぞれの特徴をまとめたので、見ていきましょう。

7-1茶道アドバイザーW資格取得講座 | 諒設計アーキテクトラーニング

通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニングの茶道アドバイザーW資格取得講座は茶道アドバイザーに必要な知識について学習できます。さらに通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニングは下記のような特徴があります。

このように、初めての方でも在宅で資格の取得が目指せる人気の講座です。諒設計アーキテクトラーニングでは、2つのコースから選択できます。

基本講座

基本講座は初期費用を抑えたい方におすすめです。

基本講座では、自分で試験の申し込みをして受験します。受験費用は、10,000円です。

スペシャル講座

スペシャル講座は、確実に資格を取得したい方におすすめです。

受講課題を提出するだけで、資格が取得できます。試験料金はかかりません。それぞれ内容が違うため、自分に合ったコースを選んでください。

7-3茶道資格取得講座 | SARAスクールジャパン

SARAスクールの茶道資格取得講座 では、茶道アドバイザーに関する知識を学びます。さらにSARAスクールには下記のような特徴があります。

時間がないという方でも資格の取得が目指せます。SARAスクールジャパンでは、2つのコースから選択出来るようになっています。それぞれのコースの特徴をまとめたので、見ていきましょう。

基本コース

基本コースは初期費用を抑えたい方におすすめです。

基本コースでは、自分で試験の申し込みをして受験します。受験費用は、10,000円です。

プラチナコース

プラチナコースは、確実に資格を取得したい方におすすめです。

卒業課題を提出することによって、資格が取得できます。試験料金はかかりません。それぞれ内容が違うため、自分に合ったコースを選んでください。

茶道アドバイザーは、専門的な知識やスキルが必要になるため、身に付けるのがとても難しいものと思われる方は多いと思います。実際に、茶道で一人前になるには、時間がかかってしまうものです。

本格的に茶道アドバイザーとして仕事していく際に、茶道アドバイザーの資格は、取得しておきたい資格と言えます。資格を取得しておけば、さまざまな分野での活躍も可能になります。

忙しくて、弟子入りや学校はちょっと無理だなと思う方でも、諒設計アーキテクトラーニングとSARAスクールの通信講座であれば、しっかりと取得できるカリキュラムが整っています。

基礎から学べて、確実に身に付けられるので初心者の方でも安心です。是非、茶道アドバイザーの資格取得を目指してみてください。