閉じる
着物マイスターになるためには?必要になる資格や仕事内容を紹介
着物マイスター 着物資格のおすすめ資格|各資格のメリット・仕事内容や勉強法まで解説!

着物は、日本を代表する伝統文化ひとつです。近年では、若者を中心におしゃれとして楽しむ方が増えてきています。また、華やかで品のある着物は海外からも注目を集めています。

そんな魅力のある着物ですが、知識や技術を活かして仕事をしたいと思っている方もいると思います。しかし、着物マイスターになりたいけど、どうしたらなれるのかわからない方は多いのではないでしょうか。

そんな方のために、着物マイスターになるための方法や資格取得方法のほかにも、気になる仕事内容や活躍分野も紹介します。

着物マイスターになるためには?必要になる資格や仕事内容を紹介

目次
着物マイスター認定試験(着物資格・着付け資格)はこちら
https://www.nihonsupport.org/syumishikaku/kimono/

着物マイスターとは?

着物マイスターとは?

着物マイスターは、着物の歴史やお手入れ方法など着物を扱う上で、必要な知識を習得しています。着物は、日本の伝統的な衣服です。

着物の起源は、弥生時代に庶民を中心に発展した「小袖」と呼ばれる着物だと言われています。そんな小袖が、平安時代に大きな変化を迎えます。支配階級では、下着として使用されていた小袖が表着となります。

大袖を重ねて着る十二単は、平安時代の象徴と言えます。着物という言葉が誕生したのは、その後の鎌倉時代や室町時代です。江戸時代になれば、染め、織り、刺繍などの文化が発展します。

しかし、身分によって着物の素材や色などに制限がありました。 現代では、特別な場面で着る衣服として、多くの方が着ています。着物には、たくさんの魅力があります。

着物は外見だけでなく、心の中から美しくなれます。着物と言っても種類はたくさんあります。

このように、着物には場面によって適している着物が違います。また、着物は自分一人では着付けが難しいです。そのため、着付けができる方に依頼することが多いです。そんな方のために、着付けをしてあげるのが着物マイスターです。

着物に関する知識や着付けの技術はしっかりと身に付けておかなければなりません。

着物マイスター認定試験(着物資格・着付け資格)はこちら
https://www.nihonsupport.org/syumishikaku/kimono/

着物マイスターになるにはどうしたらいい?

着物マイスターになるにはどうしたらいい?

魅力が詰まった着物ですが、着物マイスターになるにはしっかりと知識や技術が必要になります。着物マイスターには主に下記のような知識が必要です。

着物に関する基本的な知識はもちろん、着付けの技術も身に付けなければなりません。では、このような専門的な知識を学ぶには、どのように勉強をしたら良いのでしょうか。勉強方法を詳しく見ていきましょう。

2-1専門学校に通う

専門学校では、より着物について専門的な知識やスキルを学んでいきます。また、知識や経験が豊富な講師がいることも心強いです。分からないところも、直接指導を受けられます。

カリキュラムや授業の方法は学校によって異なるため、自分に合った学校を選ぶと良いでしょう。

2-2通信講座

仕事や子育てでなかなか時間が取れないという方には、通信講座で勉強する方法があります。通信講座は、基本的に在宅で勉強をするため、自分のペースで進められます。

プロの方が作成したカリキュラムや教材があり、質問などにも答えてもらえるため、とても安心です。また、同時に資格を取得できるのが大きなメリットです。

2-3独学で学ぶ

着物に必要な知識は、独学でも学ぶのは可能です。書店では、着物に関する書籍があります。またネットでの検索により、基本的な知識も勉強ができます。

しかし、本格的に着物マイスターになろうと思うのであれば、独学で得た知識では不十分です。専門学校や通信講座で、しっかりと学ぶ必要があります。

着物マイスター認定試験(着物資格・着付け資格)はこちら
https://www.nihonsupport.org/syumishikaku/kimono/

着物マイスターの仕事内容と活躍できる分野とは?

着物マイスターの仕事内容と活躍できる分野とは?

着物マイスターはどんな仕事をしているのか、活躍できる分野はあるのか、気になると思います。では、着物マイスターの仕事内容と活躍分野について見ていきましょう。

3-1着物マイスターの仕事内容

着物マイスターの仕事は、綺麗に着物を着付けたり、場面に適しているコーディネートを行います。着付けは、一人で行えないため、そういう方のために着付けます。着物に関する知識はもちろんですが、着付けられる技術が必要な仕事です。

決められた時間内に着付けることを求められるので、手際の良さも重要です。しかし、着付けやコーディネートだけでは、残念ながら食べていくのが難しいです。そのため、多くの着物マイスターも方々はヘアカットやヘアメイクも一緒にします。

また、知識が活かせる美容院や写真館、結婚式場などの正社員として働いている方も多いです。正社員としてではなく個人でする場合は、下記のようなことを自分で行わなければなりません。

着付け師として有名になると、多くの依頼も受けられるようになります。しかし、一定の報酬をもらえるまでには、相当な努力が必要になります。個人で働く上でのメリットは、自分の生活スタイルに合わせやすいところです。

出産や子育てなどので、着付けができなくても、身に付けている技術は衰えません。自分のタイミングで、仕事を再開できるのもいいところと言えます。

3-2着物マイスターの活躍分野

着物マイスターは、着物に関するの知識が豊富なため、さまざまな分野で活躍できます。

では、どんな仕事なのか詳しく見ていきましょう。

3-3着付師

依頼を受けて、手早くきれいに着物を着付けることが着付師の仕事です。さらに、着物の知識や着付けの技術を活かして下記のような分野でも活躍できます。

また、出張や自宅で着付けを行うことも可能になります。副業として働く方も多いです。

3-4和装コーディネーター

着物と言えば、冠婚葬祭のイメージがあると思います。しかし近年では、ファッションとして着物を楽しみたいという方が増えてきています。和装コーディネーターは、着物をトータルコーディネーターをし、魅力を引き出すことが仕事です。

伝統マナーのほか、カジュアルな着付けや着物に似合うヘアメイクの知識を身に付ける必要があります。知識を磨くことにより、ファッション業界やブライダル業界で活躍することも可能になります。

3-5専門学校や教室の講師

着物に関する知識を身につけられると、着付け教室や専門学校の講師として活躍できます。着付け教室では、下記のような知識が必要になります。

着付け教室は、自宅で開くことも可能です。また、日本の伝統文化の幅広い知識を身に付けておけば、講師として活躍の場を広げられます。

着物マイスター認定試験(着物資格・着付け資格)はこちら
https://www.nihonsupport.org/syumishikaku/kimono/

着物マイスターに向いている人

着物マイスターに向いている人

着物に関する知識や技術はもちろん必要ですが、それだけでは着物マイスターに向いているとは言えません。では、どのような方が向いているのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

4-1着物が好きな人

着物マイスターは、着物が好きな気持ちが大切です。着物が好きで、着物の魅力を伝えたい、着付けの技術を教えたいと思う方は向いていると言えます。

4-2コミュニケーション能力がある人

着物マイスターとして働くには、コミュニケーション能力は大切です。着付けをするときに、お客様と接する仕事になります。お客様がどんな着付けを好んでいるか要望を聞かなければなりません。

また、緊張をほぐしてあげられるようなコミュニケーションがとれる方のほうがいいでしょう。

4-3体力がある人

意外かと思うかもしれませんが、着付けをするのには体力が必要になります。帯や紐をしめるには、手だけではなく体の全体の力を使ってしめます。また、着付けをしている最中は、常に中腰の姿勢を保たなければなりません。

姿勢を維持できる筋力もあったほうが良いでしょう。

4-4細かい部分まで見れる人

着付けを美しく仕上げるには、細かいところまで目を配る必要があります。しわを伸ばしたり、襟を縫い付けたり、プロだからこそ気づくことは多いです。細かい部分にまでしっかりとこだわることで、より美しく着物をみせられます。

4-5手際がいい人

着付けは、限られた時間内で行わなければなりません。美しく、完璧な着付けを時間内で完成させられるような、手際のよさが求められます。

4-6教える能力がある人

着付けに関する技術を教えるための能力が高くなければなりません。どれだけ上手伝えられるか、指導ができるのかが大切になります。講師として働く場合は、一人一人の生徒さんに合わせて教えます。

それぞれの苦手なポイントが違うので、丁寧かつ的確に教えられる方は向いていると言えるでしょう。

着物マイスターの代表的な資格

着物マイスターの代表的な資格

資格取得はさまざまなメリットがあります。

本格的に着物マイスターとして仕事をしたいのであれば、資格は取得しておいたほうが有利です。主な着物マイスターの資格は下記になります。

それぞれを簡単に解説していきます。

5-1着物マイスター

着物マイスターは、日本生活環境支援協会が主催する資格です。着物の歴史や着物に関する知識を身に付けられます。

5-2着付け方インストラクター

着付け方インストラクターは、日本インストラクター技術協会が主催する資格です。着物に関する知識や着付け方を身に付けられます。

5-3着付け技能検定

着付け技能検定は、着物の正しい着付け方を身に付けられます。

5-4きものコンサルタント

きものコンサルタントは、公益社団法人全日本きものコンサルタント協会が主催する資格です。着物の歴史や場面に応じた着物の選び方などを学びます。

5-5着付け師

着付け師は、長沼静きもの学院が主催する資格です。短時間で美しく着付けられる技術を身に付けられます。

着物マイスター認定試験(着物資格・着付け資格)はこちら
https://www.nihonsupport.org/syumishikaku/kimono/

特にどの資格がおすすめか

特にどの資格がおすすめか

上記のように、着物の着付け方を学べる資格はたくさんあります。その中でも、おすすめの資格は着物マイスターです。着物マイスターは下記のような知識を習得します。

このように、本格的に着物マイスターとして仕事をする上で、大切な知識を身に付けられます。

着物マイスター
https://www.nihonsupport.org/syumishikaku/kimono/

「着物マイスター」の資格が取得できるおすすめ資格講座

「着物マイスター」の資格が取得できるおすすめ資格講座

資格を取得するには、専門学校などに通わなければいけない場合が多いです。しかし、忙しくて時間がないという方は学校に通うのは難しいと思います。

そうなると、資格を取得するのは無理なのでは、などと諦めてしまっている方も多いのではないでしょうか。そんな方に、おすすめなのが通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニングとSARAスクールの通信講座です。

それぞれの通信講座の特徴をまとめましたので見ていきましょう。

7-1着物マイスターW資格取得講座 | 諒設計アーキテクトラーニング

通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニングの着物マイスターW資格取得講座は着物マイスターに必要な知識について学習できます。さらに通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニングは下記のような特徴があります。

このように、初めての方でも在宅で資格の取得が目指せる人気の講座です。諒設計アーキテクトラーニングでは、2つのコースから選択できます。

基本講座

基本講座は初期費用を抑えたい方におすすめです。

基本講座では、自分で試験の申し込みをして受験します。受験費用は、10,000円です。

7-2スペシャル講座

スペシャル講座は、確実に資格を取得したい方におすすめです。

受講課題を提出するだけで、資格が取得できます。試験料金はかかりません。それぞれ内容が違うため、自分に合ったコースを選んでください。

7-3着物資格取得講座 | SARAスクールジャパン

SARAスクールの着物資格取得講座 では、着物に関する知識を学びます。さらにSARAスクールには下記のような特徴があります。

時間がないという方でも資格の取得が目指せます。SARAスクールジャパンでは、2つのコースから選択できます。それぞれのコースの特徴をまとめたので、見ていきましょう。

基本コース

基本コースは初期費用を抑えたい方におすすめです。

基本コースでは、自分で試験の申し込みをして受験します。受験費用は、10,000円です。

7-4プラチナコース

プラチナコースは、確実に資格を取得したい方におすすめです。

卒業課題を提出することによって、資格が取得できます。試験料金はかかりません。それぞれ内容が違うため、自分に合ったコースを選んでください。

着物マイスターは、専門的な知識が必要になるため、身に付けるのがとても難しいものです。本格的に着物マイスターとして仕事していく際に、取得しておきたい資格になります。

忙しいという方でも、諒設計アーキテクトラーニングとSARAスクールの通信講座であれば、しっかりと取得できるカリキュラムが整っています。基礎から学べて、確実に身に付けられるので安心です。

是非、着物マイスターの資格取得を目指してみてください。