閉じる
温泉観光アドバイザー 人気の温泉観光資格14選!特におさえておきたいおすすめ資格も解説

温泉観光資格とは、泉質や入浴法など温泉に関する知識を習得した者に与えられる資格のことです。

取得には、以下をはじめとするさまざまなメリットがあります。

・全国の温泉に詳しくなる
・効能を知り症状に合わせた温泉の選択ができる
・観光業など温泉と関わりの深い職に活かせる

資格取得を通して歴史的背景や豆知識を知ることで、今までとは違った温泉の楽しみ方が発見できるでしょう。

本記事では、14の温泉観光資格の詳細と資格を活かせる職種について解説します。

人気の温泉観光資格14選!特におさえておきたいおすすめ資格も解説

目次
温泉観光アドバイザー認定試験はこちら
https://www.nihonsupport.org/syumishikaku/onsen/

温泉観光資格について知る前に|温泉の定義をご存じですか?

「温泉と「温泉とは?」という問いに答えらえる方はそれほど多くないのではないでしょうか。

温泉の定義は、昭和23年制定の「温泉法」という法律で次のように定められています。

・地中からゆう出する温水、鉱水および水蒸気その他のガス(炭化水素を主成分とする天然ガスを除く)
・温泉源から採取されるときの温度が摂氏25度以上
・以下の表内の物質のいずれか1つ有するもの ※一部抜粋

物質名 含有量(1kg中)
溶存物質(ガス性のものを除く) 総量1,000mg以上
遊離炭酸(CO2)(遊離二酸化炭素) 250mg以上
リチウムイオン(Li+) 1mg以上
ストロンチウムイオン(Sr2+) 10mg以上
バリウムイオン(Ba2+) 5mg以上
水素イオン(H+) 1mg以上
ラドン(Rn) 20(百億分の1キュリー単位)以上
参照:環境省公式サイト

温泉についての知識を深めることで、泉質や正しい入浴法などに思いを巡らせながら、今までとは違った視点で温泉を楽しめるでしょう。

温泉観光アドバイザー認定試験はこちら
https://www.nihonsupport.org/syumishikaku/onsen/

【厳選2資格】温泉観光資格のおすすめはこちら!

【厳選2資格】温泉観光資格のおすすめはこちら!

もっともおすすめしたい温泉観光資格は、以下の2つです。

・温泉観光アドバイザー
・銭湯ソムリエ

こちらは「SARAスクール」または「諒設計アーキテクトラーニング」の通信講座を受講することで、知識の習得から資格取得までが可能です。

「SARAスクール」の「温泉プラチナコース」、「諒設計アーキテクトラーニング」の「温泉観光アドバイザーW資格取得講座 スペシャル講座」では、通信講座の受講修了と添削課題の提出のみで、同時に2つの資格を取得できます。

在宅でスキマ時間に講座の受講を進められるため、気軽に温泉観光資格を取得したい方にピッタリの学習方法といえるでしょう。

次に、各資格の内容や試験の基本情報について解説します。

2-1温泉観光アドバイザー(日本生活環境支援協会)

温泉観光アドバイザーは、全国の温泉に関する知識を有する者に与えられる資格です。
取得した方からは、「温泉だけでなくその周辺の施設などにもより詳しくなった」「得た知識をもとに温泉旅行の目的地を決めるのが楽しい」など、資格の内容を高く評価する声が聞かれます。

資格を活かして、自宅やカルチャースクールでの講師活動も可能です。

【温泉観光アドバイザー認定試験の内容】
・各温泉の所在地・泉質・泉温・効能・特徴の理解
・温泉にまつわる歴史などの観光に関する知識
・温泉ことば/温泉の泉質/温泉分析/温泉・入浴法/温泉マナー など

温泉観光アドバイザー認定試験の基本情報
受験資格 特になし
受験料 1万円(税込)
受験申請 インターネットからの申し込み
受験方法 在宅(設定された5日間の試験期間で解答し、返信用封筒で解答用紙を送付)
合格基準 70%以上の評価

試験期間は、偶数月の20日〜25日の5日間です。

2-2銭湯ソムリエ(日本インストラクター技術協会)

銭湯ソムリエは、泉質の種類や入浴方法に関する知識を有することを証明する資格です。

将来アドバイザーとしての活動を考えている方や温泉好きを証明したい方などが、実際に資格を取得されています。

【銭湯ソムリエ資格検定試験の内容】
・温泉分析表の見方
・泉質・温泉に関する言葉の意味
・温泉の基礎知識
・日本各地の温泉について など

銭湯ソムリエ資格検定試験の基本情報
受験資格 特になし
受験料 1万円(税込)
受験申請 インターネットからの申し込み
受験方法 在宅(設定された5日間の試験期間で解答し、返信用封筒で解答用紙を送付)
合格基準 70%以上の評価
温泉観光アドバイザー認定試験はこちら
https://www.nihonsupport.org/syumishikaku/onsen/

温泉観光資格は他にも!人気9資格をご紹介

先にご紹介した2つ以外に、温泉観光資格として人気の9資格をご紹介します。

それぞれ内容が異なるため、ご自分が特に学びたい内容が含まれているかに注目しながらご覧ください。

3-1温泉ソムリエ(温泉ソムリエ協会)

温泉ソムリエは、認定者2万人超の人気温泉資格です。

温泉地や都心部など全国のさまざまな場所で認定セミナー・認定ツアーが開催されているほか、在宅での認定講座受講も可能です。
温泉ソムリエ認定者は、ステップアップセミナー受講を経て「温泉ソムリエマスター」の資格も取得できます。

【温泉ソムリエ認定の内容】
・温泉の基礎知識
・温泉分析書の読み方
・入浴法の基礎知識 など

温泉ソムリエ認定の基本情報
受講料 ・温泉ソムリエ認定ツアー(1泊2日):3万5,200円(税込)※温泉地で開催される場合別途入湯税
・温泉ソムリエ認定セミナー:2万6,400円(税込)
・(在宅)温泉ソムリエ認定:2万8,600円(税込)
受講申請 インターネットからの申し込み
受講方法 会場受講/在宅受講

3-2温泉保養士(一般社団法人日本温泉保養士協会)

温泉保養士(バルネオセラピスト)は、温泉療法を活用した健康づくりを、安全かつ適切にアドバイスできる者に与えられる資格です。
温泉医学・予防医学に基づいた、温泉の持つ保健的機能を引き出す知識や技術の習得が求められます。

2日間の養成講習会で規定の講座を修了し、認定試験に合格することで取得が可能です。
さらに、温泉の多種多様な特性を活かした「温泉健康法」を習得し、健康づくり・疾病の予防・保養のために活用できる者に与えられる、温泉保養士(上級)資格も設けられています。

【温泉保養士資格取得講習会の内容】
・温泉の基礎
・温泉成分分析書の解読法
・温泉療法と入浴事故防止
・現代型湯治システム など

温泉保養士資格取得講習会の基本情報
受講資格 特になし
受講料 3万8,500円
受講申請 メール/FAX/はがき
受講方法 会場受講
試験有効期限 5年間(以降更新講習会の受講が必要)
定員 100名

3-3温泉保養プランナー(一般社団法人日本温泉保養士協会)

温泉保養プランナー資格は、温泉保養に秘められた健康要素を理解し「スパヘルスツーリズム」をプランニングできる人材の育成をねらいとした講習会に参加することで取得できます。

スパヘルスツーリズムとは、温泉保養の考え方をもとに人間本来の自然治癒力を引き出す知識を学び、実践しながら日常生活に取り入れていくことを目指す、健康発見の旅のことです。
温泉保養プランナーには、スパヘルスツーリズムの企画・アドバイスを行うスキルが求められます。

資格取得には、2日間の養成講習会への参加が必須です。

【温泉保養プランナー養成講習会の内容】
・温泉保養によるヘルスリテラシーの向上
・血管力を高める温泉活用法
・温泉入浴のリスクマネジメント
・温泉保養メンタルヘルスの最前線 など

温泉保養プランナー養成講習会の基本情報
受講資格 特になし
受講料 2万9,000円
受講申請 メール/FAX/はがき
受講方法 会場受講

3-4温泉観光士(日本温泉地域学会)

温泉観光士は、温泉学の総合的学習を踏まえて温泉の本質を理解し、観光・保養温泉地域の発展・活性化に寄与する実践力を身につけた者に与えられる資格です。

温泉観光士養成講座は単独では行われておらず、熱海養生法実行委員会企画の「温シェルジェ養成講座」と合同開催される2日間の講座を受講し、試験に合格することで認定を受けられます。

【温泉観光士養成講座&温シェルジェ養成講座の内容】
・温泉地学
・温泉化学
・温泉生物学
・温泉工学
・温泉観光学 など

温泉観光士養成講座&温シェルジェ養成講座の基本情報
受講資格 18歳以上
受講料 1万円
受講申請 メール/はがき
受講方法 会場受講

3-5温泉観光実践士(温泉観光実践士協会)

温泉観光実践士は、温泉の正しい理解の普及や温泉観光地の活性化に関する人材の育成を目的とする養成講座を受講することで取得できる資格です。

実践面を重視した講座では、温泉分析書・温泉旅館の経営・温泉地の活性化・温泉地の実情などの科目を学びます。
2日間の日程で行われる講座のほか、オンラインでの受講も可能です。

過去に全国の温泉観光実践士養成講座に参加し、温泉観光実践士に認定された方は、受講回数により温泉観光管理士、または診断士などの上級資格の認定も受けられます。

【温泉観光実践士養成講座の内容】
・温泉地の歴史
・温泉地と文学
・温泉旅館の経営
・温泉地と旅行企画 など ※開催日・開催時期により講座の内容が異なる

温泉観光実勢医師養成講座の基本情報
受講資格 特になし
受講料 1万1,000円(税込)(学生7,700円(税込))
受講申請 インターネットからの申し込み
受講方法 会場/オンライン(2022年はオンライン開催のみ)

3-6温泉入浴指導員(一般財団法人日本健康開発財団)

温泉入浴指導員は、温泉利用プログラムを安全かつ適切に指導する能力を有し、身体測定、生活指導および応急手当ができると認定された者に与えられる資格です。

2022年現在全国に26か所存在する厚生労働大臣認定「温泉利用プログラム型健康増進施設」において、温泉入浴指導員の配置が義務づけられています。
温泉を利用した健康づくりを図る施設の需要は高まっているため、温泉入浴指導員も今後ますます必要とされるでしょう。

2日間の講座を受講することで、取得が可能です。

【温泉入浴指導員講習会の内容】
・健康学
・温熱生理学
・温泉医学
・入浴プログラム指導実習
・救命講習 など

温泉入浴指導員講習会の基本情報
受講資格 健康づくりに関心のある方
受講料 3万8,500円
受講申請 Web/FAX/郵送
受講方法 会場受講

3-7温泉利用指導員(一般財団法人日本健康開発財団)

温泉利用指導員は、温泉医学・温熱生理・治療学などの基礎的な知識にもとづき、温泉利用型健康増進施設の利用者が健康増進や疾病予防のために、温泉を安全かつ適切に利用できるよう指導する力を有する者に与えられる資格です。
同時に、温泉療養を目的として同施設を利用する方に、医師の指示にもとづいた適切な援助などを行う能力も求められます。

温泉利用型健康増進施設の認定要件として、温泉利用指導員の配置が義務づけられています。

認定を受けるには、8日間の講習会の受講が必須です。

【温泉利用指導員講習会の内容】
・健康管理学概論
・保養健康学概論
・温泉医学
・温熱生理治療学
・保養・健康増進総合プログラム など

温泉利用指導員講習会の基本情報
受講資格 ・保険師または管理栄養士の資格を有する者
・4年制体育系大学および医学部保健学科卒業者など
・看護師・理学療法士・作業療法士又は臨床検査技師の資格を有する者で、4年制大学卒業者または1年以上温泉利用指導に従事した経験のある者
※一部抜粋
受講料 17万6,000円(税込)
受講申請 Web/FAX/郵送
受講方法 会場受講
定員 18名

受講資格に関しては、上記のほか6つの条件が定められています。

3-8温泉健康指導士(温泉ソムリエ協会・日本健康開発財団共催)

温泉健康指導士は、医学的根拠にもとづく「温泉・入浴による健康づくり」の魅力を伝える指導者としての知識を有する者に与えられる資格です。
講習会では、温泉・入浴の「目的に応じた楽しみ方」に関する知識を身につけられます。

過去3回単独開催はされておらず、温泉ソムリエ協会主催の「温泉ソムリエマスター」のセミナーとの合同開催となっています。

下記の講習会の内容・基本情報は単独開催時のものです。
合同セミナーとは異なる可能性があるため、詳細は直接お問い合わせください。

【温泉健康指導士講習会の内容】
・「温泉・入浴」概論
・「泉質」を極める
・「目的に応じた」入浴法
・「温泉地を楽しもう」 など

温泉指導士講習会の基本情報
受講資格 特になし
受講料 1万6,500円(税込)
受講申請 Web/FAX/郵送
受講方法 会場受講

3-9温泉マイスター(特定非営利活動法人別府温泉地球博物館)

温泉マイスターは、大分県が「温泉の魅力を世界に発信する人材を育成する」ことを目的にスタートさせた認定制度です。

温泉マイスターの認定後、温泉現場での実践活動を通じて知識の普及および指導を行う能力の向上を図った会員には、レポート提出などの条件を満たすことで「シニア・マイスター」の称号が与えられます。

会場受験の「温泉マイスター検定」と、e-ラーニングで学ぶ「e-温泉マイスター講座」のいずれかの受講で、取得が可能です。

温泉マイスター検定の基本情報
受講料 ・温泉マイスター検定:1万5,000円(会員・学生1万円)
・e-温泉マイスター講座:1万2,000円(会員・学生8,800円)
受講申請 メール/FAX
受講方法 会場受講/オンライン受講
温泉観光アドバイザー認定試験はこちら
https://www.nihonsupport.org/syumishikaku/onsen/

【その他】地域に根差した温泉観光資格3選

思い入れの強いお気に入りの温泉がある方は、特定の温泉に特化した資格を取得するのもよいでしょう。

ここでは、地域に根差した3つの温泉観光資格をご紹介します。

4-1温シェルジェ(熱海養生法実行委員会)

温シェルジェは、熱海温泉の発展とPRを目的として、専門的な知識を兼ねそなえた新しい熱海温泉郷の案内人を育成すべくNPO法人エイミックが平成17年に創設した資格です。

温シェルジェ取得のための単独講座は開催されておらず、前章でご紹介した日本温泉地域学会主催の「温泉観光士養成講座」との合同開催のみとなっています。

4-2温泉指南役(真庭・湯原町旅館協同組合)

温泉指南役は、岡山県湯河原温泉郷の湯河原町旅館協同組合主催の資格です。

温泉指南役とは、みんなで使用する温泉のよりよい使い方、入浴法を伝授する先生・指導員を意味します。
地域に特化した資格ですが、2011年には東京の入浴剤製造・販売会社「株式会社バスクリン」本社にて初の出張講座も行われています。

湯河原温泉の旅館・温泉施設で行われる「温泉指南役養成宿泊プラン」に申込み、講義を受講することで取得が可能です。
一例として、「プチホテルゆばらリゾート」の養成宿泊プランの詳細をご紹介します。

【温泉道場(養成講座)の内容】
・温泉の定義と現状
・温泉分析表の見方
・温泉の効能と禁忌症
・健康的で安全な入浴法とマナー など

温泉指南役養成宿泊プランの基本情報
受講料 ・1名:2万5,000円
・2名以上:2万円
受講申請 電話
受講方法 会場受講
定員 30名

4-3スパリエ(日本スパリエ協会)

「スパリエ」は、温泉を意味する「スパ」とワインの専門家を指す「ソムリエ」をかけ合わせた造語です。

主催の日本スパリエ協会は、温泉ファンを増やし温泉の楽しみ方を広めることや、温泉関係者自らの知識を高め資質の向上を図ることを目的に、山形県最上地方の4つの温泉地(赤倉・瀬見・草薙・肘折)が主体となり設立された団体です。
現在は、赤倉温泉と肘折温泉で運営しています。

スパリエ資格は、赤倉・肘折のいずれかの温泉地の旅館に宿泊し、以下のいずれかの条件を満たしたのち、申請書を提出することで取得できます。

①湯治で7泊以上
②宿泊(一般)で4泊以上
③3回以上宿泊(一般)
④日帰り温泉施設(肘折いでゆ館・カルデラ温泉館)で30回入浴

スパリエ取得者には、上位資格であるスパリエ・マスター(温泉の達人)養成講座の受講資格が与えられます。

温泉観光アドバイザー認定試験はこちら
https://www.nihonsupport.org/syumishikaku/onsen/

温泉観光資格を活かせる職種とは

温泉観光資格を取得することで、効能や正しい入浴法を知ったうえで、より温泉を楽しめるようになります。
また、習得した知識を以下のような職種で活かすことも可能です。

・温泉地や旅館での仕事
・旅行・観光業
・ライター
・講師活動

温泉観光資格を活かせる4つの職種について、それぞれ解説します。

5-1温泉地や旅館での仕事

温泉観光資格は、温泉施設や温泉旅館で働く方におすすめの資格です。
資格取得をとおして学んだ温泉の正しい入浴法や泉質・効能についての知識をわかりやすく伝えることができれば、お客様の満足度アップにつながるでしょう。

また温泉に関する知識を豊富に備えていることの証明となるため、温泉に関係する施設での採用において有利にはたらく可能性も考えられます。

5-2旅行・観光業

「日本での旅行先といえば温泉地!」といっても過言ではないほど、日本での温泉旅行は国内外問わず人気があります。
したがって温泉旅行資格は、旅行や観光に携わる職に就いている方にとって、取得して損はないといえるでしょう。

旅行中、ツアーガイドや添乗員の知識の豊富さに感心したことがある方も多いのではないでしょうか。
今度はご自身が習得した知識を活かし、ためになる温泉情報や楽しいエピソードを伝えられれば、所属する会社や観光客からの信頼にもつながります。

5-3ライター

「温泉」「観光」に関する情報を掲載する雑誌やWebサイトは、数えきれないほど存在します。
温泉観光資格は、それらの媒体で執筆するライターにとっても有益なものといえます。

実際に温泉地を取材して記事を執筆する際も、温泉に関する基礎知識を備えていることでユーザーが知りたい内容をより詳しく伝えられるでしょう。

5-4講師活動

温泉に関する知識を身につけ資格を取得することで、カルチャースクールでの講師活動も行えます。

温泉観光資格取得者の中には、はじめから講師としての活動を視野に入れて取得を目指された方もいます。
独立する、副業として取り組むなど、働き方の自由度が高いのも講師活動の魅力のひとつです。

温泉観光アドバイザー認定試験はこちら
https://www.nihonsupport.org/syumishikaku/onsen/

まとめ

温泉観光資格は、温泉に関する知識を深めより温泉を楽しみたい方や、温泉・観光に関連する仕事に就くことを考えている方に役立つ資格です。

家事や仕事のスキマ時間を利用して在宅で学びたい方には、「SARAスクール」または「諒設計アーキテクトラーニング」で同時取得できる「温泉観光アドバイザー」と「銭湯ソムリエ」の資格がおすすめです。

資格取得をとおして温泉に関する豊富な知識を身につけ、趣味や仕事に幅広く活かしましょう。