閉じる
ガーデニングアドバイザーになるために必要な資格とは?活かせる職場やおすすめの資格を紹介
ガーデニングアドバイザー ガーデニング資格のおすすめ資格|各資格のメリット・仕事内容や勉強法まで解説!

ガーデニングアドバイザーとは、家庭における園芸であるガーデニングについて詳しい知識や技術力を習得し、それを活かして趣味としてのガーデニングをより良くしていくアドバイスをしていく職業です。

1990年代から流行り始めたガーデニングは、現在では更に簡易的に出来るようになっていますが、その中でも本格的に始めたいと考える人も多く、指導ができるガーデニングアドバイザーも一定の需要があります。

そんなガーデニングアドバイザーとして活動を始めるために特別な資格は必要ありませんが、実力を証明することや信頼を得るためには資格を持っておくことが望ましいものです。

そこで、この記事ではガーデニングアドバイザーの概要や職場などを見ながら活動する際に相応しい資格について紹介していきます。

ガーデニングアドバイザーになるために必要な資格とは?活かせる職場やおすすめの資格を紹介

目次
ガーデニングアドバイザー(ガーデニング資格)はこちら
https://www.nihonsupport.org/sumaishikaku/gardening/

ガーデニングアドバイザーの基本

ガーデニングアドバイザーの基本

ガーデニングアドバイザーになるために、まずはガーデニングアドバイザーの基本的な部分と、なぜ資格の所持が望まれるかという理由について見ていきます。

1-1ガーデニングアドバイザーとは

ガーデニングアドバイザーは、ガーデニングを始めようとする人や、始めた中でわからない部分が出てきた人に対して適切なアドバイスができる人物です。

現代では自宅に庭がない物件も多くあるため、ベランダや室内といった限られたスペースでもできるガーデニングも種類として出てきており、ガーデニングアドバイザーは、これらについて総合的な知識を持っているものです。

ただ、効率的な育て方や管理法を教えるだけでなく、趣味や彩りなどのガーデニングの楽しい部分について教えていくことを大きな目的としている人が多く、ガーデニングの普及に貢献している仕事であると言えます。

1-2ガーデニングアドバイザーの資格所持が望ましい理由

ガーデニングアドバイザーを始めるにあたって必要なのはガーデニングの知識ですが、それについて特定の国家資格や国が認めた条件などは存在しないため、極端に言ってしまうと今からすぐにでも始められる仕事とも言えます。

しかし、現実的に考えると、ガーデニングアドバイザーを始める前にガーデニングの知識をしっかりと勉強して、資格を取得しておくことが望ましいと言えます。

ガーデニングは趣味の範囲で始める人が多く、近年は売り場や道具の充実から簡単かつ安く始められるようになっています。

ただ、育て方を理解していなければ、すぐに枯らしてしまったり、香りや彩りを楽しむはずのものが、かえって悪影響になったりする可能性は少なからずあります。

そうなってしまっては、結果的に始めなければ良かったと後悔することになりかねません。

そして、そんな事態を防ぐための相談先であるガーデニングアドバイザーが何の資格も持っていないと、利用者としては信頼できないことから、業務をするにも難しいものがあります。

そのため、利用者から相談して貰えるような信頼を得るために、ガーデニング関連の資格を所持しておいた方が良いと言えるでしょう。

ガーデニングアドバイザー(ガーデニング資格)はこちら
https://www.nihonsupport.org/sumaishikaku/gardening/

ガーデニングアドバイザーに活かせるガーデニングの知識を学ぶ方法とは?

ガーデニングアドバイザーに活かせるガーデニングの知識を学ぶ方法とは?

ガーデニングアドバイザーになるために、それに関連する資格取得を考える場合、資格試験を受けるまでの学習方法について決めなければいけません。

ただ、資格取得者自身の現状から学習できる場というのは限られるので、現在の生活リズムを崩さないような学習方法を選択した方が良いでしょう。

2-1専門学校・大学

ガーデニングに関わる知識を学べる場所として、まず園芸の専門学校や大学が挙げられます。

近年では進学以外にも社会人を対象として講座を開いたりするなど、仕事や家事をしている人でも学べる機会は増えてきているので、学習方法の一つにはなりえます。

しかしそれらの学校では、ガーデニング以外の園芸全般について学んでいくことになるため、必要な知識に対してそれ以外の学習に多くの時間を割かれます。

また、現実的に考えると、社会人で学校に通うことは金銭や体力面でも大きく負担がかかるもので、万人が使いやすい手段とは言えないものです。

2-2教室・スクール

趣味の分野でメジャーであるガーデニングは、カルチャーセンターや自宅で開講される教室・スクールでも講座数が多いジャンルです。

しかし、この教室・スクール講座におけるガーデニングの指導は、趣味で行う人を対象としているものがほとんで、ガーデニングアドバイザーになるための講座を見つけることは難しいと言えます。

仮に講座が見つかって自宅から通える範囲であれば、学習方法として良い場所ですが、それまでが時間がかかると勿体ないものです。

2-3通信講座

通信講座ではガーデニング関連の資格についての講座が多数存在しており、一部の講座では資格の発行元と提携してテキストを出しているところもあります。そのため、講座を絞りやすく、必要となる知識に限定して勉強を進められるものです。

また、通信講座のテキストは持ち運びないしネットを介して閲覧できるものが多く、忙しい中でも時間と場所に縛られず勉強できるところは、仕事や家事をしている人にとって大きなメリットになります。

このような使いやすさとメリットがあることから、特にこだわりがなければ通信講座を学習方法として選択することがおすすめです。

ガーデニングアドバイザー(ガーデニング資格)はこちら
https://www.nihonsupport.org/sumaishikaku/gardening/

ガーデニングアドバイザーの知識が活かせる職場や仕事内容

ガーデニングアドバイザーの知識が活かせる職場や仕事内容

ガーデニングアドバイザーとしてのスキルを得た後に働ける職場としては、候補があります。そんな資格取得後の職場の候補とその仕事内容を見ていきます。

3-1ガーデニング教室

ガーデニングアドバイザーとして働く場合は、先の項目で書いたような教室・スクールを開講して利用者を募っていくことが最も多いと考えられます。

店舗を構える場合もあれば、カルチャーセンターなどの施設を借りる場合もありますが、いずれも植物を扱えるような環境にしておく必要があるので、特に後者は許可取りなどを高所しなければいけません。

基本はこちらから募集をかけるので、初心者歓迎や一つの花をテーマにする等、ある程度対象を絞っておくと利用者も講座を選ぶ機会も増えるでしょう。

また、利用者の自宅へ出張して指導するサービスを取り入れるなど、細かな部分はアドバイザーごとに特色を出せるものです。

3-2フラワーショップ・ホームセンター

ガーデニングに関わる花や植物、道具などを売っているフラワーショップやホームセンターといった店舗でもガーデニングアドバイザーの知識は役立ちます。

お客様の目的に合わせてガーデニングの知識を交えながら花選びをしていったり、道具や肥料についての詳しい説明を求められたらそれに回答したりと、店員としてよりお客様へ親身な対応が可能となります。

また、店舗で売る花や植物の管理についても知識を活かしてお客様に良い状態で提供できるような管理も続けられます。

3-3ガーデニングアドバイザーになるための講師

現在の教室・スクールではあまり数は見られませんが、資格取得を含めてガーデニングアドバイザーを目指す人のために講師となることも候補の一つです。

自分がやってきた勉強方法や、実際にガーデニングアドバイザーとして働いた経験を話せる人物は目指す人にとって貴重であり、将来的な展望も考えながら学習を進められます。

ガーデニングアドバイザー(ガーデニング資格)はこちら
https://www.nihonsupport.org/sumaishikaku/gardening/

ガーデニングアドバイザーはどのような人に向いているか?

ガーデニングアドバイザーはどのような人に向いているか?

ガーデニングアドバイザーは自分もガーデニング好きであり、それを広めたいという気持ちがある人は向いていると言えますが、それは目指す理由として多くの人が当てはまるものです。

それ以外で、実際の仕事に向けてガーデニングアドバイザーに向いているのは、コミュニケーション能力がある人だと言えます。

花や植物に関わる仕事である一方で、アドバイザーであることは人との関わりが不可欠であり、実際に働く時は人と向き合う時間の方が多くなる可能性があります。

その中で、利用者の疑問や悩みに適切な回答をするためには、聞き取りやわかりやすい解説ができると望ましく、それらはまとめてコミュニケーション能力の部分になるのです。

好きな仕事であれば問題ないように思えるかもしれませんが、自分がわかっている知識をそのまま相手に伝えるのは難しいこともあるので、働く前に人との関わりを意識しておくことをおすすめします。

ガーデニングアドバイザー(ガーデニング資格)はこちら
https://www.nihonsupport.org/sumaishikaku/gardening/

ガーデニングアドバイザーの実力を証明できる資格一覧

ガーデニングアドバイザーの実力を証明できる資格一覧

ガーデニングアドバイザーとしての知識や実力を証明できる資格には様々な種類があり、発行する協会によって内容も少しずつ異なるものです。

そんなガーデニングアドバイザー関連の資格の中で、よく挙げられる4つの民間資格について見ていきます。

5-1ガーデニングアドバイザー資格

ガーデニングアドバイザー資格は日本生活環境支援協会(JLESA)が発行しており、基本的なガーデニングデザインの知識や技術を習得していることを証明する資格です。

資格名がガーデニングアドバイザーそのものを指すように働いていくために必要な基盤として提示できる資格になっています。

受験資格 なし
受験料 10,000円(税込)
受験申請 公式サイトから申込
受験方法 在宅受験
合格基準 70%以上の評価
試験日程 2ヶ月に1回ペースで開催(年度による)

5-2園芸インストラクター資格

園芸インストラクターは日本インストラクター技術協会(JIA)が発行しており、ガーデニングする土地や広さに合わせた製図や設計ができるような知識を証明する資格です。

園芸という資格名になっていますが、様々なガーデニングに対応できる資格として使えることから、個人や店舗で幅広く使えます。

受験資格 なし
受験料 10,000円(税込)
受験申請 公式サイトから申込
受験方法 在宅受験
合格基準 70%以上の評価
試験日程 2ヶ月に1回ペースで開催(年度による)

5-3ガーデンコーディネーター資格

ガーデンコーディネーターは日本園芸協会が発行しており、ガーデニングの基礎知識と共に、様々なコーディネートや庭の維持に関する知識があることを証明する資格です。

主目的は自分の家でやるガーデニング知識の充実ですが、本格的な知識は仕事でも活かせるものになっています。

受験資格 協会指定の講座を受講する
受験料 70,400円(税込)
受験申請 専用サイトの申込から
受験方法 なし(講座内の課題提出で証書授与)
合格基準
試験日程

5-4ガーデニングコンシェルジュ資格

ガーデンコーディネーターは一般社団法人日本能力教育促進協会(JAFA)が発行しており、正しいガーデニングの基礎知識を身に付けて、それを指導できる人材であることを証明する資格です。

資格取得に向けた講座には、ガーデンセラピーなどの様々なカテゴリーのガーデニング知識が得られるので、幅広い仕事で提示できます。

受験資格 協会指定の講座を受講する
受験料 34,100円(税込)
※講座込み
受験申請 講座受講後に随時
受験方法 在宅受験
合格基準
試験日程

ガーデニングアドバイザーになるためにおすすめの資格とは

ガーデニングアドバイザーになるためにおすすめの資格とは

先に紹介した4つの資格の中で、敢えて1つおすすめ資格を選ぶとしたら「ガーデニングアドバイザー資格」です。

ガーデニングアドバイザーとして働くための基礎知識を固められるため、どんな仕事で提示しても信頼できる資格になります。

また、ガーデニングアドバイザー資格は受験資格を特に指定していないため、自分に合った教材や講座を選んで勉強を進められるところも良い点です。

ガーデニングアドバイザー
https://www.nihonsupport.org/sumaishikaku/gardening/

ガーデニングアドバイザー資格の取得におすすめ資格講座

ガーデニングアドバイザー資格の取得におすすめ資格講座

もしもガーデニングアドバイザー資格の試験勉強の教材選びに迷っている場合は「SARAスクールジャパン」もしくは「諒設計アーキテクトラーニング」がおすすめの講座です。

その理由は二つの通信講座は、ガーデニングアドバイザー資格を発行する日本生活環境支援協会より認定校の証明を受けているからです。

二つの通信講座で用意されているカリキュラムに沿って進めていくことで、試験に対応した勉強ができるだけでなく、通常の受験よりも有利になる部分があります。

7-1ガーデニング園芸資格取得講座 | SARAスクールジャパン

SARAスクールジャパンのガーデニングアドバイザー資格に関連した勉強ができる講座としては、以下の2つのコースがあります。

SARA School JAPAN 基本コース プラチナコース
受講料 59,800円 79,800円
受講期間 6ヶ月(最短2ヶ月)
添削回数 5回 5回+卒業課題1回
資格試験 公式サイトで各自申込 免除(課題提出のみで卒業と同時にガーデニングアドバイザー資格と園芸インストラクター資格を取得)
認定試験受験費用 各資格10,000円(税込) 免除

内容としては、先に紹介した園芸インストラクター資格の試験でも使える教材とカリキュラムが含まれています(こちらの資格についても協会認定です)。

そして、プラチナコースにある特典として、卒業課題提出のみでガーデニングアドバイザー資格と園芸インストラクター資格を取得できるというものがあり、このコースでは本来の試験の受験費用をプラスするだけで、試験が免除されるというお得なものになっています。

ただし、ガーデニングアドバイザー資格のみの取得で考えると、園芸インストラクター資格分の受験費用を払う必要があるため、複数の資格は必要ない場合は基本コースでも十分なものです(その場合は講座とは別に認定試験に申し込む必要があります)。

受講期間は1日30分の勉強で6ヶ月が想定されていますが、勉強時間が確保できれば更に早い取得も可能で、公式の想定では最短2ヶ月取得も可能となっています。

7-2ガーデニングアドバイザーW資格取得講座 | 諒設計アーキテクトラーニング

ガーデニングアドバイザー資格に関連した学習について、それができる諒設計アーキテクトラーニングの講座としては、以下の2つのコースがあります。

諒設計アーキテクトラーニング 基本講座 スペシャル講座
受講料 59,800円
分割:3,300円×20回(初回4,276円)
79,800円
分割:3,800円×24回(初回3,891円)
受講期間 6ヶ月(最短2ヶ月)
添削回数 5回 5回+卒業課題1回
資格試験 公式サイトで各自申込 免除(課題提出のみで卒業と同時にガーデニングアドバイザー資格と園芸インストラクター資格を取得)
認定試験受験費用 各資格10,000円(税込) 免除

講座の概要としてはSARAスクールジャパンと同様になっていますが、使用される教材やカリキュラムは違うものになっています。

認定講座であることは双方変わりないので、公式サイトの情報や資料請求で確認して自分に合うと思う方を選ぶと良いでしょう。

ガーデニング関連の資格を取得してガーデニングアドバイザーとして活躍してみよう

ガーデニング関連の資格を取得してガーデニングアドバイザーとして活躍してみよう

ガーデニングを始める人に対して様々な指導をしていくガーデニングアドバイザーは始めるために、特別な資格等は必須ではありませんが、利用者からの信頼を得るためにもガーデニングに関わる知識を身に付けて、資格を取得することが望ましい職業になります。

それを踏まえて資格取得を目指すのであれば、忙しい中でも勉強が進められ、日本生活環境支援協会の「ガーデニングアドバイザー資格」に関し、基礎的な部分から着実に学べるため、専用の資格講座がおすすめです。

そして、そのガーデニングアドバイザー資格は「SARAスクールジャパン」か「諒設計アーキテクトラーニング」であれば、協会認定講座として学びやすいだけでなく、試験免除などの特典を受けられるものです。

ガーデニングアドバイザーとして就職に向けた履歴書に書くためや、知識がある証明をしたいと考えている人は、ぜひ上記の資格と通信講座を検討してみてください。